球速アップの為のトレーニング方法と剛速球を投げるコツと球速を上げるために考える事 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんにちは!阿久津です。

今回の記事ではどのように球速を上げてストレートで押す投球ができるようになれるのか?

球速アップに必要なこと、トレーニングの方法、トレーニングに対しての取り組み方、意識すべきポイント

について書いていきたいと思います。

自分は元々、球速が遅かったので、ストレートで相手を抑えることができませんでした。

球速を最終的には141キロまで上げることは出来たので、球速を上げる為にいままで考えながら実践したことを記事にしたいと思います。

今回の記事では、

ストレートの球速を上げたいと思っている方や、もっと自信を持ってストレートを投げれるようになってピッチングの幅を広げたい

といった方に向けて参考になるように書いていきたいと思います!

それでは早速、記事本文を見ていきましょう!

スポンサーリンク

球速をあげる為の基本的な考え方

p1030810_tp_v

まず球速を上げる為の基本的な考え方として、フォームなどのテクニカルな部分に着目すべきなのか?それとも、筋力的な部分であるフィジカルの部分に着目すべきなのか?という疑問が出てきますね。

例えば、キレイでスムーズなフォームで投げることが出来る投手がいたとします。

体の線が細くガリガリで体が仕上がっていなければ速いストレートを投げることはなかなか難しいですよね?

また逆に、フィジカル的に完成されたゴリゴリのボディービルダーが150キロを投げれるか?

と聞かれたらフォームや、ボールに回転をかける繊細な感覚などのテクニカルの部分のスキルが無ければ速いストレートを投げることも、なかなか難しいですよね。

よって球速を上げて速いストレートを投げれるようになりたければ、

理想的なピッチングフォームの追求と、合理的なトレーニングの積み重ねとのバランスが最重要

となってきます。

また理想とするピッチングフォームは人それぞれ違います。

これは骨格や体の柔軟性などが影響を及ぼす為です。

このことから、誰でにも共通している球速アップに直結するものと言えば、トレーニングについてだと言えることができます。

なので、今回の記事ではトレーニングの観点、フィジカル的に考えたストレートの球速を上げるための考え方をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ストレートの球速を上げるための簡単な考え方

1000009_1

引用:https://search.yahoo.co.jp

まず、野球における主な動きの内容は回転運動です。

バッティングにしろピッチングにしろ、すべての動作には必ず回転の要素が含まれています。

そして、球速の速い投手と球速の遅い投手の動きを比べた際、球速の速い投手のほうが体の回転のスピードが速いです。

シンプルに考えてみてください。

体をすばやく回転させられることができれば球速は上げられると思いませんか?

そして体をすばやく動かすことができない投手は比較的、球速は遅い傾向にあると思います。

そして体を速く回転させることに付随して、速い回転に耐えうる体も作っていく必要があります。

体を速く動かす為のトレーニング方法は、いろいろあります。

手っ取り早く簡単で自分がお勧めしてるトレーニング方法は「ショートダッシュ」なんかがいいと思います。

3m、10m、20mぐらいの距離がおすすめです。

それは回数をたくさんできるからです。

いくら速い動きが出来るようになってもそれだけでは球速を上げるのは難しいです。

なので、筋肉の最大出力を高めるトレーニングも平行して行なうことが重要になってきます。

ですがこのショートダッシュは体を早く動かせるようにするにはお勧めのトレーニング方法です。

筋肉の最大出力を高める為のトレーニングも平行してやっていきましょう!

全身の筋肉を満遍なく鍛えて動作に落とし込む

スポンサーリンク

今回は記事では球速を上げるための考え方として「速い動きをできるようにする」と言うことを中心にお話させていただいています。

速く動ければ単純に体の回転が速くなり、速いストレートが投げれるようになります、と言う考え方です。

体を速く動かす為のトレーニングは他にもラダートレーニングや軽めのメディシンボールを使ったトレーニングなど色々あります。

これだけにこだわらず、全身の筋肉を鍛えることを意識してください。

そして、必ず動作に関連づけたトレーニングを行い、全身のバランスを意識していきましょう。

次ページ トレーニングメニューを選定する際の注意点
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする