球速アップの為のトレーニング方法と剛速球を投げるコツと球速を上げるために考える事 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ここまでの説明では体を早く動かすことが球速アップには大事と言うお話をさせていただきましたが、どんなトレーニングをすればいいかというのはちょっと伝わりにくいかと思います。

なので以下ではトレーニングのメニューについてお話したいと思います。

まず、ここで考えていきたいのは、どういった目的でトレーニングをするか。

スポンサーリンク

球速アップのトレーニングメニューの選び方

トレーニングは上半身と下半身のメニューで分けるのが一般的です。

ですが野球の場合、関節の動きであったり筋肉の捻転運動であったり、動作が複雑です。

ベンチプレスやスクワット、デッドリフトと言った直線型のトレーニングに加えて野球の動作をイメージしやすいトレーニングも取り入れましょう。

軽い捻転の動作が入った動く要素のあるトレーニングも取り入れていくことが鍛えた体に動作を落とし込みやしくなりパフォーマンスに強さが出てきます。

メニューは基本的に何でもいいです。変なやつじゃなければ。

ここで重要なのは、何をやるかを考える前に、まずはやること。

考えながらトレーニングをすることです。

頭でっかちになりすぎず、実際にトレーニングをすることが大事です。

なるべく全身を鍛えるようにバランスを心がけてメニューを組むようにしましょう。

球速アップの為のトレーニング方法と剛速球を投げるコツと球速を上げるために考える事まとめ

スポンサーリンク

毎日の練習でただ与えられたメニューをこなすだけではなく、なんでこのメニューなのか?

このメニューの目的は?など考えながら練習に取り組めばトレーニングの理解が深まって良いパフォーマンスをすることが出来るようになります。

今日の内容

  • 球速と体を速く動かすことについての関係性
  • 野球の動作に関連付けたトレーニングもやろう
  • トレーニングは満遍なく、直線的、動作的なメニューのバランスを考えよう
  • なんでこのメニューをするのか、目的意識をもとう

と言う内容でお届けしました。

それでは、記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらのページで球速を上げる為の考え方をご紹介しています。

良かったらご覧ください!

ピッチャーの為の球速アップまとめ、球速アップメソッド

それでは。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする