冬の野球の練習オーバーワークの対策と怪我した話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回の記事は、冬の野球の練習で気をつけるポイントと自分が冬トレ期間で犯してしまった失敗について書いていきます。

今年の冬も非常に寒い日が続いていますね。

冬の練習と言えば、どこのチームも厳しい、つらい、怖い、鬼の冬トレ期間になりますね。

球児の皆さんは、寒さなんか忘れて、一冬越えパワーアップした自分を想像しながら、キンキンに冷えたアクエリやプロテインをガブ飲みしていることでしょう!

ですが、この冬のトレーニング期間で故障や怪我をしてしまっては今までしてきたトレーニングの意味がなくなってしまいますね。

この寒い時期は特に、ハードなトレーニングのしすぎで故障や怪我をしてしまう選手も大勢います。

この時期に、ハードなトレーニングをいきなりしてしまうと、温まりきっていない体には相当な負荷がかかってしまいますね。

もちろん怪我や故障にも直結してしまいます。

今回の記事では冬のトレーニングの時期の過ごし方の注意点について書いていきたいとおもいます。

怪我や故障をせずに無事にパワーアップした状態で春を迎えられるようにするにはどうすればいいのか?

という点と、もし怪我をしてしまった場合の考え方と言う内容で記事を書いていきたいと思います。

それでは早速記事本文を見ていきましょう!

スポンサーリンク

冬の野球の練習でトレーニングをやりすぎて腰に抱えた爆弾が・・・

今回の記事で「みんな怪我には注意してね」みたいなことを書いているんですが、実は自分、高校一年の冬のトレーニングで腰を怪我しました。

怪我の内容は「椎間板ヘルニア」でした。

まさか自分がヘルニアになるなんておもってもみなかったです。

一冬越して2年の春で140キロを投げることを目標にしていたのでかなりショックでした。

椎間板ヘルニアは完治しないといわれていたのでこのときは正直野球人生終わったなと思いました。

でもなんとか懸命に治療を続け半年で完治しました。

このヘルニアを治した経緯は今度記事にしていきたいとおもいます。

では今回は何で椎間板ヘルニアを患ってしまったのかをお伝えしようと思います

今考えれば、自分に思い当たる節がありすぎたので、すこし思い出しながら書いていきたいと思います。

冬の野球の練習でのオーバーワークが怪我の原因?

元々はスリークウォーター気味に投げていました。

ですが腰の回転が横回転なのでサイドスローが向いているということでサイドスローに転向しました。

それに加え、球速を追い求めることに固執しすぎて無理なウエイトトレーニングをしていました。

転向したばかりでサイドスローのフォームが出来上がっていないのにバンバン遠投など強度の強いトレーニングばかりしていました。

極め付けには、ストレッチやアイシングなどは寒いことを言い訳にしてまったくしていなかったのです。

結果、怪我をするべくして怪我をしたという感じですね。

冬の野球の練習では何に気をつければ怪我を防げたのか?

pak75_tekubiwoitametakabedon20140322_tp_v

では自分はどういったことに気をつければ怪我をせずに済んだのか?

また、どうすれば最高の状態でシーズンを迎えることができたのでしょうか?

これには自分が立てたいくつかの仮説があります。ご覧ください。

スポンサーリンク

練習のしすぎ

まず第一に挙げられるのが練習のしすぎと言うことです。

そもそものことなんですが、冬は当たり前のように寒いですよね。

寒かったら、筋肉も冷えやすくなって怪我につながる可能性が大きいです。

そんな中で自分は140キロを投げるんだと息巻いて練習やトレーニングに励んでいました。

ですが、この方法に問題がありました。

当時行っていた練習内容ですが、アップなどを済ませキャッチボールを行い、その流れで遠投を行っていました。

遠投は距離を投げる遠投と低い球筋で、外野手の返球のような負荷が強めの遠投を行っていました。

その後ブルペンへ行き、投げ込みを来る日も来る日も100球は投げていました。

もうこの時点でアホですね…

その後シートノックやフリーバッティングを行い全身のウエイトトレーニングを行っていました。

基本的にノースローの日を作っておらず、チームの練習がない日も超積極的に自主練習を行っていました。

今、考えてみると典型的なオーバーワークです。

だれがなんと言いようとオーバーワークです。

ケアをしていなかった

そもそもそこまで練習をしておいてケアをしていないなんて本当に無知で無謀なことをしていたと痛感しています。

アイシングの氷嚢を作ってくれるマネージャーの存在。

ストレッチをペアでやってくれる他の部員。

週に一回は練習に来てくれるトレーナー。

ありがたいことにケアをする環境は整っていました。

そんなにも恵まれていたのに活用できなかったことを本当に後悔しています。

この時期は周りも見えていませんでした。

練習量を管理してくれる存在がいなかったし、セーブする考えが自分には無かった

自分の野球部は全体練習が終わってからは自主練習の時間になっていました。

その時間にシャドーピッチングや、ティーバッティング、個人ノックなどをしているとフラっと監督が現れ指導してくれると言った感じで行われていました。

ですがどこの監督さんも基本的には、練習を早く切り上げさせると言うことはあまりさせませんよね。

練習をおなかいっぱいやらない、練習をあえてセーブすると言いう発想が当時の自分には

ありませんでした。

これは少し甘えですが、練習をやり過ぎないという考え方のできる監督やコーチにも出会うことができなかったです。

当時高校1年生の自分はそんなに賢くないと思います。(今でもですがw)

どこの高校生もそうだと思いますが、打ち込んでいるものに対しては、まっすぐで純粋でひたむきで真摯に取り組んでいるとおもいます。

そんな自分を一歩引いて見つめることが出来る子って本当に少ないと思います。

こういった考え方を学んでこなかったと言うのもあったとおもいます。

  • 練習のしすぎ
  • ケアをしていなかった
  • 練習量を管理してくれる存在がいなかったし、セーブする考えが自分には無かった

この部分に気をつけていれば、怪我をしなかったとのではないかなとおもいます。

冬の野球の練習期間を怪我をせずに乗り切る方法

スポンサーリンク

このような大怪我を経験したからこそ、自分はストレッチやアイシングの基本的なケアやマッサージを受けることの重要性に気付けました。

さらに栄養を補給することなどの必要性を学びました。

温度の変化にも敏感になります。

朝にシャワーを浴びて体を温めてから練習に向かうようになりました。

体を冷やさないようにアンダーシャツをこまめに着替えたりネックウォーマー買ったり上着を多く着るなどの基本的な体調管理には十分気をつけるようになりました。

こうした工夫をすることによって多少オーバーワーク気味の練習でも耐えれるようになりました。

怪我に対して恐怖心を抱くようになり、徹底的にビビっていました。

なので、大げさなまでにこういった小さな工夫を重ねたのでしょう。

ケアは絶対にしよう

しかし、アイシングやストレッチばっかりずっとやっていると「あいつはサボっているのか?」となりかねません。

ですがずっとやる必要は無いですが、体を休めることも練習のうちです。

あせる必要はありません、毎日練習していたら勝手に野球はうまくなっていきます。

今日5時間も6時間もウエイトトレーニングをしたら明日160キロ投げれるようになるなんてことは絶対ないです。

無理をしないように、自分の体とよく相談して毎日少しづつやっていきましょう。

何事もこつこつやっていく事が大事です。

次ページ 冬の野球の練習期間で怪我をしないために自分と向き合う
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする