球速を上げるトレーニング遠投編、球速と遠投の因果関係に迫る!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

皆さんこんにちは。

阿久津です。

今日も記事をご覧いただきありがとうございます。

今回の記事では

「球速を上げるトレーニング 遠投編 球速と遠投の因果関係に迫る!」

という内容で書いていきたいと思います。

今回の記事は、

球速を上げたいけどどうすればいいのか?

肩を強くしたいけどトレーニングだけで効果があるのか?

そんな疑問に少しでも答えられたら幸いです。

それでは記事本文を見ていきましょう!

スポンサーリンク

遠投と球速の因果関係

遠投を120m投げれるからと言って150キロのストレートを投げれるか?

と言われたら、答えはYESでありNOでもあります。

これには賛否両論あるとは思うのですが、自分が思う遠投は投球においての最大出力を高める為の練習だと思っています。

あくまで「最大出力」を高めると言う点だけにウエイトを占めた練習だと思っています。

必ずしもそれだけで球速が上がるとは言い切れないのです。

遠投に加えて、普段のピッチングフォーム投げてパワーを効率よくリリースポイントに伝えると言うことも意識して行きましょう。

でなければ強肩でも150キロのストレートを投げることは難しいと思います。

スポンサーリンク

色々な遠投

遠投によって肩を強くしたい、球速を上げたいならいろんな遠投を行なっていく必要がありますね。

遠投にも様々なパターンがあるので詳しくみていきましょう。

遠くに投げる遠投

遠くに投げようとすると、自然にボールの軌道は山なりの軌道を描いていくと思います。

山なりの軌道を描くような遠投についてですが、「遠投何m」といった表現をしている場合は山なりの軌道を描いた遠投をしています。

この遠投は正直、やらないほうがいいです。

と言うか絶対やってはいけない間違った練習です。

なぜやってはいけないかと言うと、

山なりの軌道を描いた遠投を斜め上方へ向かって投げると、肘の位置が必ず下がってしまうからです。

山なりの軌道を描いたボールが投球され飛んでいったと時のフォームを思い返してみてください。

ボールの軌道から自分が投げたフォームを逆算すると、必ず肘の位置が下がっています。

山なりのボールで遠投をするということは、肘を下げた状態でボールを投げるための練習をしている。

と言うことなので怪我や故障の原因になりかねません。

さらに、外野からホームにダイレクトで送球ができたとしても、山なりの軌道を描いたボールではランナーをアウトにすることはできません。

そういう意味でも山なりの軌道を描いた遠投をするというのは、パフォーマンスにプラスの影響はほとんどないと言うことができるのです。

低い球筋の遠投

スポンサーリンク

外野手のようにチャージ(助走しながら補球し少しでもホームに近づく)した状態から

低い球筋で投げる遠投は効果のある遠投だと思います。

助走した状態からステップして投げるとフォロースルーを自然に大きくすることができますし。

体重をボールに伝える感覚を養うのに最適です。

そして助走がついている分、前に行く力が働いているので自然に体重を踏み出す足に乗せることが出来ます。

この遠投では、必ず、低い軌道を描いた球筋を意識していきましょう。

低く、強く投げるにはリリースポイントを前のほうに持っていかなければ低く強く投げることはできません。

なので自然とバッター寄りでボールをリリースすることが出来きるようになります。

バッターに速さを感じさせるストレートが投げられるようになってくるのです。

低い球筋の遠投その2(実際のピッチングフォームで行う)

低い球筋で投げることの有効性に関しては先ほど述べたようにリリースポイントを前にするといったことなどがありました。

ですが、実際にマウンドで投げる場合を想定してより低く投げることを意識していかなければいけません。

と言うのもマウンドには傾斜があります。

この傾斜の角度は球場によってさまざまですが、

マウンドには傾斜があるということを踏まえて、より低く強く投げると言うことを意識してみてください。

球速を上げるトレーニング 遠投編 球速と遠投の因果関係に迫る!まとめ

futta1284m

だいたいのピッチャーが遠投を軽くしてからブルペンに入ると思います。

遠投をしてからブルペンで投げた一番最初のストレートって軽く投げてもかなり走っている感覚になりませんか?

遠投は、バッターで言うマスコットバットを振ってから打席に入るような感覚と似ています。

バッターは重たいバットで練習をして、試合になったら軽いバットに変えて打席に臨みますよね。

遠投についてはそんなイメージです。

最大出力を出す。という意識でやっていきましょう。

今回は「遠投」について書いていきました。

ですが、遠投だけにこだわらずにしっかり他のトレーニングも平行して行っていくようにしましょう。

そして最後に、遠投は自分のマックスのパワーを知らないうちに使っていて体感よりはるかに肩肘には負荷が大きいです。

くれぐれも遠投の投げすぎには注意してください。

今回は以上になります。

今日も記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらのページで球速アップに関する記事をまとめています。

ピッチャーの為の球速アップまとめ、球速アップメソッド

良かったらご覧ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする