ピッチング練習につて、コントロールを良くする為の考え方と独創的な練習方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ピッチング練習につて、コントロールを良くする為の考え方と独創的な練習方法

20170315_6_1-2

引用:https://search.yahoo.co.jp

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今日はの記事では

「ピッチング練習 コントロールを良くする為の考え方」

という内容で記事を書いていきます。

今回は試合で活躍するためには

  • どうやってコントロールを良くしていったら良いか?
  • ノーコンと馬鹿にされ悔しい思いをしている。
  • コントロールをよくするとどうなるのか?
  • コントロールをよくする意外な練習方法
  • コントロールについての盲点的な発想

について書いていきたいと思います。

それではどーぞ。

スポンサーリンク

試合で活躍する為の最低限の仕事、試合を作るとは?

試合で活躍するには自分のピッチングの能力を向上させることが絶対条件です。

ピッチングの能力とは、コントロールや球速、変化球のキレ、フィールディング、けん制など向上させるべきことはたくさんあります。

ピッチャーとして求められる最低限の条件は「試合を作る事」だと思います。

では、試合を作るとはどういった意味なのでしょうか?

メジャーリーグでは、先発ピッチャーが試合を作れるかどうか?

という指標に「クオリティースタート」と呼ばれる基準が存在します。

通称「QS」

このQSとは先発したピッチャーが6イニングを投げて自責点を3点以内に抑えたらQS1と表示されます。

このQSを多く達成しているピッチャーほど試合を作る能力に長けていると言うことになります。

このQSと言う考え方には勝ち負けが含まれていません。

例えば相手のピッチャーを自分のチームのバッターが打ち崩せなかった場合においてもQS達成として認められます。

なので、6回3失点という成績が試合を作ったと言える明確な基準となります。

そして、試合にでて十分活躍したと言うことになるでしょう。

試合で活躍する為にはまず試合に出れないと意味が無い

futta1762-1366x768

まず試合に出れないと意味が無いと思ったので試合に出れるようになるには何をすべきか?

という事をご紹介したいと思います。

まず試合に出るためには私生活でも、野球においても信頼されるピッチャーになることが条件です。

監督として、立場上常に最悪の状況を想定して采配をいなければいけないので

少なくとも監督やチームメイトの信頼を勝ち取ることが最重要です。

そして監督は、試合を計算します。

計算と言うのはどうやって試合を運ぶかと言う計算です。

実際のプレーをするのは選手ですが、ある程度監督自身の中で型にはめてから試合に臨みます。

では、監督は何を根拠に試合を計算するのか?

それは「コントロール」です。

スポンサーリンク

ピッチャーは試合を支配できる

コントロールが良いピッチャーは計算しやすい。

これは監督の目線からもそうですが、キャッチャーの目線からしても、

計算しやすいので気持ちに余裕ができます。

バッターに対してもかなり有利に立ち向かえます。

その気になれば初球から厳しいインコースに投げこみ、次のボールで

甘いど真ん中から外に逃げていくスライダーで内野ゴロで終了です。

またゆるいカーブを2球見せ、そろそろストレートがくるだろうと

ストレート1本に狙いを絞ったバッターにストレート系の変化球であるツーシームを投げ込み、

バッターはストレートだと思い込んでフルスイングしたもののいきなり内に食い込んできたら

ドン詰まりの内野ゴロで簡単にアウトにすることができますね。

こんなことができたらかなり気持ち良いですよ。

このようにコントロールさえ身につけば試合をコントロールすることもでき、

バッターにあえてヒットを打たせてもいいし、バッターの気持ちさえコントロールすることができます。

例えば、相手チームの主砲クラスのバッターにランナーを出しても良い場面ではあえて簡単な配球で勝負します。

アウトになれば儲けもんですし、ホームラン以外ならオッケーという場面。

案の定ヒットを打たれたとして、次の打席にこちら側がピンチの場面で

先ほどヒットを打ったバッターに回ってくるとします。

ヒットを打った印象を持っているので、先ほど打たれた球と

同じようなコースに来たボールには手を出してきます。

そこにフォークで落としてもいいし、カットボールで強い打球を打たせ、

ダブルプレーなんか狙っても面白いです。

そして、同じようなところに来たボールなら空振りなども狙いやすいです。

こんな配球ができるのはチームから信頼された、コントロールの良いピッチャーしかいません。

そしてこのような試合を支配する唯一無二の存在こそがそのチームの「エース」として君臨するのです。

コントロールと言うことについて考えてみる

futta1771-1366x768

まず、コントロールとはなんでしょう?

コントロールとは、操作だったり、支配、そのような意味合いがあると思います。

ピッチャーにおけるコントロールとはボールを支配する、

操作すると言った能力が優れているかどうかということです。

例えばボールを一日中、グラウンドの投手板に置いといたとします。

明日になったらボールはどうなっていると思いますか?

ボールは犬がくわえてどっかにもって行った等の外的要因が無ければ、

そのまま投手板にありますよね。

つまり、ボールには意思が無いのです。

自分の意思が、ピッチングを通して、ボールに宿りバッターに向かっていくのです。

正しいフォームで投げれば自然とコントロールはよくなります。

コントロールをよくする為の練習方法

では、正しいフォームが大事と言う事を述べさせていただいたのですが、

自分には疑問があって、正しいフォームを知ったところで

そのフォームをサクッと具現化できますか?

正しいフォームを知って、反復練習をして体と意識に半年または1年ほどの

長い時間をかけて落とし込んでやっと身に付いていくというパターンが

ほとんどだと思います。

正しいフォームで投げれば自然とコントロールはよくなります。

こんな当たり前で誰でも知っているようなどこにでも溢れていることを言いたいのではなく、

もっといい方法はたくさんあるんで一部をご紹介します。

コントロールを良くするには?

では、コントロールをよくする為の考え方をご紹介したいと思います。

お勧めの練習方法は簡単なところで言うと「ノックを受ける」です。

この考え方の根底にはこんなことがあります。

ノックを受ける際、体を動かし、それぞれの打球に対して

適切だと思う動作をして打球を取り、すばやく送球しますよね。

例えば、弱い打球だったら前にでて取るとか、

グローブをはめている逆のコースに速い打球が来たら逆シングルで取るとか、

複雑な動きを体現して初めて動作として行うことができます。

この複雑な動きと言うのは、自分の体と目をリンクさせコントロールできないと

体現することはできません。

つまり守備がうまい=自分の体をコントロールすること(ボディーコントロール)がうまいと言うことです。

ボディーコントロールがうまいと正しいフォームを知ったときに

すんなりと自分の体に落とし込みやすくなります。

例えば、内野手がたまにピッチャーをすると思いのほかコントロールがいい場合があるのはこのためだったのです。

最後に

futta1284m

今回の記事では

「ピッチング練習 コントロールを良くする為の考え方」

と言う内容でお届けいたしました。

そして、コントロールを良くして試合で活躍したい、

ノーコンと馬鹿にされて悔しい思いをしている

と言う方に向けて記事を更新しました。

正直正しいフォームと言うのはそこらへんに落ちてます。

適当な本に書いている内容でも的は外れてはいません。

ですが、そのフォームを体得するまでには時間が掛かり

シーズンが始まってしまうとなかなか微調整と言う域を超えないぐらいに

とどめておかないと感覚が狂ってしまいます。

そういった中で、

だったらフォームを作っているのは体の動作なんだから、

自分の思った通りの動作ができるように練習すれば

フォームを身に付けやすいのでは無いか?

と言うことと、守備がうまい野手が意外にもコントロールが良くて

驚いたことが今回の記事を作ったきっかけです。

精密機械といわれた桑田真澄さんも守備が超絶うまいですね。

ぜひ今後の練習にお役立てください。

それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする