ストレッチの方法について練習や試合前にストレッチをする際に気をつけるポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんにちは!

阿久津です。

今日の記事はストレッチに関することをお話したいと思います。

ストレッチについてといくつか気をつけるべきポイントをご紹介していきます。

それに加え、この記事ではアップやダウンでストレッチをこなす意味と考え方なんかを紹介していきます。

体の動きがいい状態で試合や練習に臨めるようにするためには?

怪我や故障の防止をする為のストレッチのやり方は?

などなどちょっとしたストレッチのコツなんかもご紹介したいと思うのでぜひ最後までご覧ください。

今日ご紹介する考え方は野球のみならず、さまざまなスポーツに共通して関わってくることだと思います。

他のスポーツをする際にも是非取り入れてみてください。

それでは早速記事本文にいってみましょう!

スポンサーリンク

ストレッチをするときに反動をつけないは本当か?

161007-245_tp_v

ストレッチをする際は反動をつけずにゆっくり息を吐きながらやりましょうと言う言葉。

ストレッチをする際に言われた方も多いかと思います。

さらに、言われたやり方をそのままやってしまうケースも非常に多いかと思います。

ですが果たして、本当にそのやり方で合っているのでしょうか?

と、あんまり疑問を持つ方は少ないように思います。

この「ストレッチをする際は反動をつけずにゆっくり息を吐きながらやりましょう」という考え方は、半分正解で半分ハズレです。

では、何が正解で何がハズレなのかご紹介したいと思います。

ストレッチを行うタイミング

ストレッチを行うタイミングとしてはアップのメニューに組み込まれているパターンとダウンをする際に行うパターンがほとんどだと思います。

アップかダウンか、そのタイミングが重要なのです。

タイミングを間違えると怪我を防止しようと思い取り組んでいたのにも関わらず、返って思わぬ怪我や故障を招くことになってしまうこともあります。

ストレッチのメニューは皆さんが現在行っている、一般的に広まっているメニューで問題ありません。

大事なのはタイミングごとのやり方です。

ストレッチを行うタイミング ウォーミングアップ

スポンサーリンク

アップでストレッチを行う目的としては、

  • 怪我や故障の防止
  • スポーツ特有の複雑な動きに耐えれるようにする
  • スポーツ特有の複雑な動作に向けての各関節、筋肉の動作向上

ざっと以上の目的があるかと思います。

ではアップでのストレッチで気をつけるポイントをご紹介していきます。

アップでは、軽く反動をつけて行いましょう。

この軽くと言うのがポイントです。

アップで軽く反動をつけてストレッチをする考え方の根底にはこんな考え方があります。

軽く反動をつけてストレッチをするという常識の逆を行く発想

161007-193_tp_v

アップをした後には試合や練習を行ないます。

技術的な要素が多くなるタイミングに向けてアップを行ないます。

そこに向けて、「ストレッチをする際は反動をつけずにゆっくり息を吐きながらやりましょう」といった考えの元ストレッチをやってしまうと

筋肉は伸びきった状態になってしまい怪我のリスクが大きくなります。

筋肉には伸ばす、縮めるといった弾性力があります。

アップでのストレッチと言うのは、

試合や練習に向けて軽く反動をつけ、弾性力を高める必要があるのです。

「ストレッチをする際は反動をつけずにゆっくり息を吐きながらやりましょう」

という考えでストレッチを行ってしまうと、

筋肉は伸びきってしまい、伸びた状態で負荷を掛けると怪我や故障をしてしまいます。

ゴムをイメージしてください。

筋肉にはゴムに近いものがあると思うのでゴムをイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。

ゴムが伸びている状態で伸びきってている部分にはさみの刃を当てるだけで割りと簡単に切れてしまいます。

筋肉も同じで伸びきった状態で負荷がかかると怪我や故障をしてしまうリスクが高くなってしまうのです。

練習や試合では、突発的な動作が多くなってくるのでそれに向けて準備していきましょう。

試合や練習の前で行うストレッチは「ポーン、ポーン」と軽く反動をつけるようにしましょう。

筋肉の弾性が高まっているので複雑な動作を要するスポーツに対してのパフォーマンスが向上すると思います。

ストレッチを行うタイミング ダウンで気をつけるポイント

stretching-498256_640

では練習や試合が終わった後に行うダウンで意識するポイントについてご紹介していきます。

意識するポイントとしては、アップをするときとは逆に、今度は「ストレッチをする際は反動をつけずにゆっくり息を吐きながらやりましょう」と言うことを意識して行います。

ストレッチを試合や練習の後に行う目的は皆さんご存知のように疲労回復等の効果がありますね。

試合や練習が終わった後にストレッチを行う、行わないだと、翌日の筋肉の疲労度はぜんぜん違ってきます。

疲れが残った状態ではいいパフォーマンスができませんし怪我につながってしまいます。

試合や練習後に行うストレッチは気を使ってやるようにしましょう。

行うメニューは知ってる範囲でかまわないと思います。

知っているメニューの範囲で全身の筋肉を伸ばしましょう。

伸ばすときに意識するポイントですがこれこそが「ストレッチをする際は反動をつけずにゆっくり息を吐きながらやりましょう」です。

そして筋肉が伸びきるまでにかかる時間は20秒と言われています。

ストレッチの方法について練習や試合前にストレッチをする際に気をつけるポイントまとめ

今回は「練習や試合前にストレッチをする際に気をつけるポイント」

ということについてご紹介させていただきました。

練習や試合前では、軽く反動をつけ、これから行う動作に対しての準備をする。

練習や試合後では、長い時間を掛けて体を伸ばしていく。

同じストレッチですが目的が違うだけで意識するべきポイントも変わってきます。

今回の記事はここまでです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

是非今後の練習にお役立ていただけたら嬉しく思います。

それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする