ピッチングでコントロールが良くなり球速が上がる超意外で簡単な方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ピッチングでコントロールが良くなり球速が上がる超意外で簡単な方法

2523798-1

今回の記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだことを人生に活かす管理人のプロ野球ブロガー阿久津です。

今回の記事でご紹介させていただくのは

「ピッチングでコントロールが良くなり球速が上がる超意外で簡単な方法」です。

ピッチャーをやっていたらわかると思うのですが、

球速とコントロールが比例して良くなるなんてこんな欲張りな方法あるわけ無い!

なんて思う方もいらっしゃるかと思います。

そんな気持ちもわかります。

自分もかつてはそういった考え方をしていました。

ですが、プロ野球のピッチャーは皆コントロールが良く球速が速いですよね。

この理屈を裏付ける要素が実は体重移動に隠されています。

できるだけシンプルにお伝えできたらと思いますので是非最後までご覧ください。

それではどーぞ!

スポンサーリンク

コントロールと球速は比例するのか?

皆さんはコントロールと球速が比例すると思う派ですか?

それとも反比例派ですか?

これには賛否両論、いろんな意見があると思います。

自分はかつては反比例派の考え方をしていました。

特に深く考えずに、検証もせずに漠然とそうおもっていました。

ですが、あるきっかけで考え方が変わりました。

コントロールと球速が比例すると確信したきっかけ

67807

それは、独立リーグ時代の話なのですが

ピッチングコーチに自分のフォームをチェックしてもらっていた時の話です。

ちょうど今回の記事の内容と良く似た、コントロールと球速が比例するかしないか?

と言う話になりました。

そのコーチいわく、

コントロールと球速が比例して良いピッチャーに共通している部分は

体重移動がうまいかどうかといっていました。

そして、

ある一定の高いレベルのピッチャーはコントロールも良いし、球も速い。

現にプロ野球に行くような選手は皆がそうであるように、

コントロールと球速は比例すると言っていました。

でも信頼していたコーチなので言っていることは間違ってはいないと思っていたのですが

自分には疑問が残りました。

あまり、なるほど!と思えませんでした。

なのでその疑問を自分で検証してみて、

コントロールと球速は比例する説は自分の中で確信に変わりました。

スポンサーリンク

体重移動がうまくなれば、コントロールもよくなるし、球速も上がる?

体重移動がうまくなるとは、どういう動作ができればうまいと言われるのか?

ただ単に軸足から踏み出す足に体重を移動させるだけでは、

体重移動がうまく行われたとは言えないと思います。

では体重移動がうまいとはどういった動作を指すのか考えてみました。

体重移動がうまいとは

  • 下半身でためた力を体重を移動させる過程でスムーズに上半身に伝えられているか

というような結論をつけました。

スムーズな体重移動をできるようにするには

974106

先ほどご紹介した

  • 下半身でためた力を体重を移動させる過程でスムーズに上半身に伝えられているか

という点ですが少しわかりにくいと思うので、

たとえ話を交えながら詳しく説明します。

まず、力が一番伝わりやすいのはどういった動作が一番伝わるか考えたときに、

「まっすぐ」が一番力が伝わると思います。

例えば、ベンチプレスやスクワットなどをするときの動線は絶対まっすぐですよね。

斜めに力を働かせたらフォームは崩れシャフトを持ち上げられません。

競走馬もコーナーより直線のほうがスピードは出ますよね。

そしてF1カーも直線が一番速いですよね。

そしてまっすぐ動いてるものってコーナーなどで曲がる際に発生する

遠心力などの影響は無いのでスムーズに動いていると思うのです。

なのでまっすぐに体重移動をすることがスムーズに体重移動ができているということになります。

力のベクトルがまっすぐであることがコントロールしやすいし力を出しやすい

力のベクトルと言う言葉を知っている方も多いかと思いますが、簡単に説明します。

まずベクトルと言うのは矢印と言う意味です。

矢印と言うのは方向だったり向きたっだりそういった意味合いを持っています。

この力のベクトルをピッチングフォームに取り入れると、

体重移動がスムーズで力の伝わったボール、速いボールを投げることができます。

では、力がまっすぐに伝わっているか確かめる方法をご紹介していきます。

 次ページ 力がまっすぐ目標(キャッチャー方向)に向かっているか確かめる方法
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする