ピッチングでコントロールが良くなり球速が上がる超意外で簡単な方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ピッチングでコントロールが良くなり球速が上がる超意外で簡単な方法

2523798-1

今回の記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだことを人生に活かす管理人のプロ野球ブロガー阿久津です。

今回の記事でご紹介させていただくのは

「ピッチングでコントロールが良くなり球速が上がる超意外で簡単な方法」です。

ピッチャーをやっていたらわかると思うのですが、

球速とコントロールが比例して良くなるなんてこんな欲張りな方法あるわけ無い!

なんて思う方もいらっしゃるかと思います。

そんな気持ちもわかります。

自分もかつてはそういった考え方をしていました。

ですが、プロ野球のピッチャーは皆コントロールが良く球速が速いですよね。

この理屈を裏付ける要素が実は体重移動に隠されています。

できるだけシンプルにお伝えできたらと思いますので是非最後までご覧ください。

それではどーぞ!

スポンサーリンク

コントロールと球速は比例するのか?

皆さんはコントロールと球速が比例すると思う派ですか?

それとも反比例派ですか?

これには賛否両論、いろんな意見があると思います。

自分はかつては反比例派の考え方をしていました。

特に深く考えずに、検証もせずに漠然とそうおもっていました。

ですが、あるきっかけで考え方が変わりました。

コントロールと球速が比例すると確信したきっかけ

67807

それは、独立リーグ時代の話なのですが

ピッチングコーチに自分のフォームをチェックしてもらっていた時の話です。

ちょうど今回の記事の内容と良く似た、コントロールと球速が比例するかしないか?

と言う話になりました。

そのコーチいわく、

コントロールと球速が比例して良いピッチャーに共通している部分は

体重移動がうまいかどうかといっていました。

そして、

ある一定の高いレベルのピッチャーはコントロールも良いし、球も速い。

現にプロ野球に行くような選手は皆がそうであるように、

コントロールと球速は比例すると言っていました。

でも信頼していたコーチなので言っていることは間違ってはいないと思っていたのですが

自分には疑問が残りました。

あまり、なるほど!と思えませんでした。

なのでその疑問を自分で検証してみて、

コントロールと球速は比例する説は自分の中で確信に変わりました。

スポンサーリンク

体重移動がうまくなれば、コントロールもよくなるし、球速も上がる?

体重移動がうまくなるとは、どういう動作ができればうまいと言われるのか?

ただ単に軸足から踏み出す足に体重を移動させるだけでは、

体重移動がうまく行われたとは言えないと思います。

では体重移動がうまいとはどういった動作を指すのか考えてみました。

体重移動がうまいとは

  • 下半身でためた力を体重を移動させる過程でスムーズに上半身に伝えられているか

というような結論をつけました。

スムーズな体重移動をできるようにするには

974106

先ほどご紹介した

  • 下半身でためた力を体重を移動させる過程でスムーズに上半身に伝えられているか

という点ですが少しわかりにくいと思うので、

たとえ話を交えながら詳しく説明します。

まず、力が一番伝わりやすいのはどういった動作が一番伝わるか考えたときに、

「まっすぐ」が一番力が伝わると思います。

例えば、ベンチプレスやスクワットなどをするときの動線は絶対まっすぐですよね。

斜めに力を働かせたらフォームは崩れシャフトを持ち上げられません。

競走馬もコーナーより直線のほうがスピードは出ますよね。

そしてF1カーも直線が一番速いですよね。

そしてまっすぐ動いてるものってコーナーなどで曲がる際に発生する

遠心力などの影響は無いのでスムーズに動いていると思うのです。

なのでまっすぐに体重移動をすることがスムーズに体重移動ができているということになります。

力のベクトルがまっすぐであることがコントロールしやすいし力を出しやすい

力のベクトルと言う言葉を知っている方も多いかと思いますが、簡単に説明します。

まずベクトルと言うのは矢印と言う意味です。

矢印と言うのは方向だったり向きたっだりそういった意味合いを持っています。

この力のベクトルをピッチングフォームに取り入れると、

体重移動がスムーズで力の伝わったボール、速いボールを投げることができます。

では、力がまっすぐに伝わっているか確かめる方法をご紹介していきます。

力がまっすぐ目標(キャッチャー方向)に向かっているか確かめる方法

dscf8854_tp_v

力がまっすぐ伝わっているか確認する方法として簡単なものをご紹介していきたいと思います。

  • 踏み出した足がまっすぐキャッチャーの方向を向いているか

簡単な方法として一つ目にまっすぐキャッチャーの方向に足が向いているかと言うのを挙げました。

この考えの根底には踏み出した足が少しでも左を向いていたり右を向いていると

力の方向がまっすぐでは無いということになってしまいます。

投げ終わった後に、踏み出した足を見てみましょう。

もちろんしっかり腕を振って投げることが前提です。

足の位置を気にしながら投げても強いボールは行かないでしょうし

踏み出す足がピッチングのすべてでは無いので参考までに

体重移動はうまく行ったのかという確認程度にとどめましょう。

  • 体重移動するときの腰の動線が一直線かどうか

本命はこっちです。

こっちは信頼性がかなり高い確認方法だと思います。

カメラなどで自分のピッチングフォームを横から撮影しましょう。

その時にフォームが始まって足を上げ体重移動が始まるポイントと

投げ終わるまでの腰の動線に注目します。

その際に腰が落ちたり上に上がったりしている

腰の動線がぶれてしまい、まっすぐ体重移動ができていない状態になってしまいます。

横からみて真横にまっすぐと言うよりも少し斜めにまっすぐ腰が動いているか?

リリースに向けて腰の位置はだんだん低くなるんですが、

低くなって行く過程で腰が落ちていないか?浮き上がっていないか?

と言う点に注目してみてください。

チェックポイントをいくつかご紹介させていただいたのは

何事も一つの情報を鵜呑みにしてはいけないと思ったからです。

いくつかのチェックポイントを作ることでより

信頼できる情報になり自信を持ってフォームを作っていくことができます。

チェックポイントは多く持つようにしましょう。

ピッチングでコントロールが良くなり球速が上がる超意外で簡単な方法まとめ

今回は

「ピッチングでコントロールが良くなり球速が上がる超意外で簡単な方法」

と言うことでちょっとしたコツをご紹介させていただきました。

コントロールと球速が比例すると言う仮説の裏づけにはなったでしょうか?

さまざまな意見がありこの話題には、議論が尽きないところだと思いますが

自分は比例すると結論付け信じて現役時代は練習していました。

力のベクトルを意識していけばきっとコントロールはよくなるはずだし、

球速も伸びていくと思います。

何よりも

力の向きは目標に対してまっすぐが一番動作の効率が良く力が働きやすい

と言うことを踏まえてみるとよりシンプルで効率の良いフォームになっていくと思います。

こうした考えがあり、コントロールと球速が比例すると自分は思いました。

それでは、今回の記事はここまでとなります。

球速アップに関する記事をまとめています。

ピッチャーの為の球速アップまとめ、球速アップメソッド

良かったらご覧ください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする