シャドーピッチングお勧め練習方法 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シャドーピッチングお勧め練習方法

293442

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

今回お届けする内容は

「シャドーピッチングお勧め練習方法」

という内容で記事を更新していきたいと思います。

この記事では、シャドーピッチングを普段の練習に取り入れているけど

効果があるのか分からずに取り組んでいる、

意識するポイントがいまいち良く分からない、

シャドーピッチングの狙いを知りたい

等のシャドーピッチングをやっていると出てくなさまざまな疑問に対して

参考になるように記事を書いていきたいと思います。

どれではどーぞ!

スポンサーリンク

シャドーピッチングをする意味や練習の狙い

シャドーピッチングと言う練習においての狙いというのは主に、

フォームの修正や矯正というものがあります。

普段のピッチングより負荷がかなり少ないので回数をたくさんこなす事ができます。

たくさん回数をこなすことができるので、

フォームを体で覚え、投げ方や直したいポイントを修正、矯正することができます。

直したい部分と言うのはそれぞれのピッチャーごとに違ってくるとは思いますが、

だいたいのピッチングのフォームにおいての問題点は

数をこなすことによって解決することができます。

プルペンでたくさん投げ込んでフォームを習得する手段もありますが、

フォームと言う部分にフォーカスを当てることは難しいのでは無いか?

と自分は思います。

どういうことかと言うと、ブルペンでのピッチングはどうしても

実戦を想定しがちですし、自分が投げたボールに意識が行ってしまいます。

もちろん野球の練習において、実戦を想定した練習と言うのは最重要です。

ですが、その実戦を意識した練習ではフォームの部分であったり

細かい感覚の部分を意識して練習すると言うのはなかなか、

やりにくい思います。

実戦を想定した練習の中で、

自分の感覚だったりフォームにフォーカスを当てると言う行為や意識は

本当に実戦を想定しているのか?と言う疑問もあります。

なので、実戦の練習も必要ですが、

そればかりにこだわらず意識的に実戦とは違う

自分の感覚やフォームを確認する作業をやっていくことも

絶対に必要になってきます。

シャドーピッチングとは、

ピッチャーとしての自分と向き合う為の練習なのです。

自分の内なる声に耳を傾けフォームの感覚を鋭く繊細にしていくのです。

1人で行う練習なのですが、

あーだこーだ色々考えながらやるには1人が良いですね。

自分の感覚は自分にしか分かりませんしねー。

シャドーピッチングで意識するポイントと取り組む前にやること

futta1284m

シャドーピッチングで意識するポイントは

フォームの修正や矯正だということを先ほど述べさせていただいたのですが、

フォームの問題点はピッチャーそれぞれあると思いますが、

まずシャドーピッチングの練習に取り組む前に、

自分のフォームの問題点を洗い出すことから始めましょう。

テーマを決めると言うことですね。

もちろん現時点で特に問題点が無いと思う場合でも、

フォームのバランスが狂っているなと思ったら取り組んでもいいと思います。

鏡などを見ながら練習するとは思いますが、

鏡だけでは見えない部分と言うのも正直あると思います。

自分の目線とは鏡に映った自分をしっかり見ているようで、

腕を振っている最中までフォームを見れるか?

といったら目線を切らしてしまうタイミングも絶対にあります。

ずっと自分のフォームを見ながらシャドーを行うのは少し難しいと思うので

横のアングルや斜めのアングルなどでフォームをカメラなどで撮影しながら行うというのも一つの手です。

シャドーピッチングで振る物のお勧めリスト

シャドーピッチングでは何か手に持って行いますが

一番ポピュラーなところで言うとタオルなんかがあると思います。

タオルも工夫次第で負荷を変えることができます。

例えばタオルを少し水に浸すといった感じです。

水に浸したら少しだけ重くなります。

では、ここではシャドーピッチングお勧めのものを紹介したいと思います。

  • バドミントンのラケット

バドミントンのラケットは、軽くて細いです。

ガットの繊維も細く細かいので

空気を切り裂くような音も聞こえやすいので

自分のフォームにおいての腕のスイングスピードが

トップスピードに乗った部分も確認しやすいですね。

このトップスピードが前にあればそれだけ前でボールをリリースできている

と言うことになってきます。

  • 細長い木の棒

これは、ホームセンター等に売ってます。

長さは、腕を振りぬいたときに

地面に棒が当たらないぐらいの長さにしましょう。

細く軽いので腕の力だけでも鋭い空気を裂くような音が聞こえますが

それでは体の力を使えていないのでいわゆる手投げになってしまいます。

しっかり体全体を使ったフォームで行いましょう。

  • テニスのラケット

テニスのラケットはバドミントンのラケットに比べると重く感じます。

重いので速く振るのでは無く、体の力の連動性を意識しないと振り切れません。

手の力で投げる癖のあるピッチャーでは振り切れないので、

体の連動性に課題があるピッチャーにはお勧めです。

最後に

974106

今回はシャドーピッチングについて記事を更新しました。

フォームができていないと、コントロールもよくならないし、速い球も投げることができません。

そして何よりフォームに問題点があると怪我のリスクも高くなります。

フォームはピッチャーにとって重要な要素がたくさんあります。

ぜひ今後の練習に活かしてもらえたら嬉しいです。

それでは今回も最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

では。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする