ピッチャーは下半身が大事と言われる理由とトレーニング方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ピッチャーは下半身が大事と言われる理由とトレーニング方法

2523798-1

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今回の記事では、

「ピッチャーは下半身が大事と言われる理由とトレーニング方法」

と言うことで、

昔からよく言われている

ピッチャーにとって下半身が大事説

について記事を更新していきたいと思います。

特に重度の下半身信者となってくると

良いピッチャーの大殿筋を見るや、

興奮気味にやっぱ下半身だよねと、

話しかけてきたりなんかされたりと、

気持ち悪い体験もいくつか自身の経験としてありました。

と言うことで今回は、

ピッチャーは下半身の筋肉が大事説を解説したいと思います。

それではどーぞ。

スポンサーリンク

下半身の筋肉は大事だけどそれより大事なのはバランス

stretching-498256_640

それでは下半身至上主義の皆様の意見とは違った

自身の考えをご紹介したいと思います。

確かに下半身の筋肉は大事です、とても重要です。

かといって

他の筋肉はどうなのか?

と聞かれたらやっぱり良いピッチャーになる条件として

他の筋肉を鍛えることは絶対に必須です。

下半身だけではなく、上半身の筋肉も鍛える必要があります。

例えば、

肩のインナーマッスルであったり、

そのほかにも広背筋であったり体幹の筋肉であったり、

それらは上半身の筋肉ですね。

下半身だけではなく、上半身も鍛える。

ピッチャーにとって大事なのはバランスです。

トレーニングに関してもバランスが大事と言うことです。

ではピッチャーにとっての下半身の役割とは

いったいどんなものがあるのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ピッチャーにとっての下半身の役割

ピッチャーにとっての下半身と言うのは

パワーを生み出す為の重要なポイントです。

そして、

下半身の動きと言うのは腕や指先に比べて操作がしやすく、

コントロールを良くするためにも上半身のフォームを改善するよりも

下半身のフォームを改善したほうが効果が高いです。

そして一番の役割として

パワーを溜める

ことができるという事があります。

では具体的にどれだけのパワーを下半身が持っているのかと言うと、

およそ上半身の3倍のパワーを下半身は持っています。

そして下半身で蓄えたパワーを

正確に上半身を通してリリースポイントに伝えることが出来たら

理論上だれでも140キロは投げることが出来ます。

それだけ下半身をには可能性が秘められているので

これだけたくさんの下半身至上主義者が現れたのでしょう。

ピッチャーにとっての臀部の筋肉

下半身にも色々な筋肉がありますが、

中でも自分が一番大事にしている筋肉は大臀筋です。

大臀筋はピッチャーにとってフォームの安定性を上げるためには必須の筋肉です。

ピッチャーの投球モーションは

常にアンバランスな状態が続きます。

そういった中で、

狙ったところにしっかりと投げ込まなければいけないので、

バランス感覚や安定性が求められます。

そして、

臀部の筋肉は投げる際の骨盤を回転させるときにも働きます。

大臀筋が鍛えられていたら、

鋭く骨盤を回転させることが出来るようになり、

それにつられて体幹の回旋スピードも増し、

切れのある速いストレートを投げることが出来るようになります。

次ページ 意外と知られていない臀部の筋肉の可動域
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする