強い野球チームには良いキャッチャーが居る、配球とリードの違いぐらいわきまえとけよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

強い野球チームには良いキャッチャーが居る、配球とリードの違いぐらいわきまえとけよ!

shindo130810060827-thumb-autox1600-19448

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人、阿久津です。

今回の記事では、

「強い野球チームには良いキャッチャーが居る、配球とリードの違いぐらいわきまえとけよ!」

と言うことで、配球について熱く語っていきたいと思います。

強いチームには共通点があってそれは必ずといってもいいほど、

良いキャッチャーが居ること。

どんなに良いピッチャーや良いバッターがいても、

良いキャッチャーが居なければチームはまとまりません。

今回は、キャッチャーに必要な配球とリードの違いを知ることについてご紹介したいと思います。

それでは、どーぞ

スポンサーリンク

キャッチャーにおいて、配球とリードの違い

配球とリード、

同じような意味合いで使われていますが意味がぜんぜん違います。

配球とは、あくまで計算ありきの考えであってそもそも、

ピッチャーが投げたボールが寸分狂わずにミットにくることはあまりないです。

大体この辺には来るという確信から、次に投げるボールを選択します。

なので、配球において、

ピッチャーが要求どおりにコースにきっちり投げてくれることを過信してはいけないのです。

最悪この辺にストレートを投げておけば、大丈夫。

多少抜けても前の球でカーブで空振りを取っているし

カーブの嫌な印象を1球で切り替えることは難しいから差し込まれてアウトを取れるだろう。

といったように過信せずに保険をかけて、

最悪こうなっても大丈夫といったタネをまいておくことによって、

安心感がありますし、何よりピッチャーに必要以上に技術的な要求をしてしまい、

味方のピッチャーをメンタル的に追い込み自滅させることも少なくなってくるでしょう。

3333291

キャッチャーにとって配球とは

配球とは、先ほども伝えたとおり、

計算上のことであって、その計算は、ちょっとした要素で狂います。

例えば、9回裏1点差で勝っていて、ノーアウト、ランナー1塁の場面。

相手バッターは左の5番バッターだとしましょう。

5番に居るぐらいだから、チーム内では比較的バッティングの良い選手です。

外のツーシームやストレート系の変化球で

速い内野ゴロでダブルプレーを取ろうと計算しました。

なのでストレート系を意識させておく必要があります。

そして、バントや左バッターなので盗塁もケアしておかなければいけません。

けん制を入れ、緩い変化球から入り、バントをしてきてもフライになるように

インハイに速いストレートを見せ、

コースは甘めで高さを低くした少しスピードの落ちたツーシームは

打ち頃のストレートに見えるので必ず手を出してくるだろう。

こういった計算が配球です。

スポンサーリンク

キャッチャーにとってのリードとは?

キャッチャーにとってのリードとは、

計算外の行為に対して、ピッチャーをどれだけ引っ張れるか?です。

ちょっとした要素で計算が狂ったときにどうやって抑えることが出来るか?

これがリードです。

先ほどの、例で例えると、最初のけん制でピッチャーが暴投をして、

ノーアウト、ランナー2塁になったとしたら、ここは勝負どころになってきます。

そこで勝ちに急がず、目先の勝ちをすて、まずは負けないことを優先できるか?

といった判断が求められます。

あなたならどうしますか?

先ほどと状況が変わりました。

9回裏、1点差で勝っています。ノーアウト、ランナー2塁でバッターは左打者の5番。

2塁ランナーは4番でチーム内では足はあまり速い方ではないです。

ここでピッチャーに一言、

フォアボールでもぶつけてもいいから厳しいところ攻めよう。

などと声を掛けて、ピッチャーを出来るだけ良い方向に導くことが、リードです。

もちろん厳しいところにはなかなか手を出しません。

もし手を出してきても、ヒットにならないようなコースにはっきり構える必要があります。

とはいってもアウトは取りたいです、しかし、

次の6番バッターとの力関係を考えると歩かせてもいいでしょう。

6番バッターでダブルプレーを狙ってもいいですし。

安全に三振を狙っても良いでしょう。

2塁ランナーはあまり足も早くないので、

ヒットを打たれてもクロスプレーに持ち込みアウトに出来そうですね。

ここら辺の判断もリードをするということでは非常に重要なところですね。

HIGA62_notepen_TP_V

キャッチャーに求められるもの

キャッチャーに必要な能力は、考える力だったり洞察力とか、

少しサイコパスじみた考え方が欲しいですね。

少し皆と違った目線がチームにとって必ず役に立ちます。

キャッチングやストップやブロックは練習していればそれなりにうまくなります。

ただ、野球に対してどれだけ感性を研ぎ澄まし、判断を出来るか?

技術的な問題よりも、考える力やわずかな情報も見逃さないアンテナなど

感性のほうが重要です。

といっても技術的な練習をおろそかにしないように。

そして違う目線で物事を見れるというのは社会に出て

社会人として周りと自分を差別化し目立たせる為には必要な感性です。

良いキャッチャーは出世も早いですよ。

最後に

今回も記事をご覧いただきありがとうございました。

キャッチャーにはまったら野球にはまります。

駆け引きのスリルとか考えたことが思ったとおりに行ったときの感覚は気持ちよすぎて脳汁垂れ流す勢いです。

それでは、今回は配球とリードの違いでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする