野球でピッチングが上達する、シャドーピッチングのやり方と練習方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

野球でピッチングが上達する、シャドーピッチングのやり方と練習方法

dscf8854_tp_v

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今回の記事は

「野球でピッチングが上達する、シャドーピッチングのやり方と練習方法」

ということで意外と軽視されがちなシャドーピッチングについて語っていきたいと思います。

前回、シャドーピッチングについての記事を更新しましたが、

もっとシャドーピッチングについて聞いてみたいという意見をいただいたので

今回はより深く語っていきます。

前回の記事はこちらです。

シャドーピッチングお勧め練習方法 

スポンサーリンク

シャドーピッチングとは?

シャドーピッチングとは、

ピッチング練習の一つですね。

ボールを持たずに行う練習で、

ボールの代わりにタオルなどを持って行う練習だということは

あなたもご存知だと思います。

実際にボールを持って投げないので、ブルペンで行うピッチング練習より、

負荷がかからないので、数をたくさんこなすことが出来ます。

そして実際にブルペンでのピッチング練習に比べると、

フォームの修正やフォームの確認がしやすいということを前回の記事でお話させていただきましたね。

futta1284m

シャドーピッチングのやり方

やり方は簡単ですね。

タオルを持って鏡など自分の姿が見えるものに向かってピッチングをするだけです。

バッターでいう素振りと比喩されるぐらい簡単で手軽な練習です。

ですが、

簡単だからこそ、しっかり大事に1回1回の動作をこなしていく必要があります。

そして簡単だからこそ、工夫のしがいもあり、

工夫を重ねることによって、よりクリエイティブで他には無い

あなただけのオリジナルな練習メニューを作り上げることが出来ます。

シャドーピッチングの目的や狙い

狙いはフォームの修正や矯正と理想的なフォームを無意識レベルで出来るようにすることですね。

ですが、理想のフォームは1人1人違います。

そして、フォームの修正や矯正ポイントも1人1人違います。

シャドーピッチングを行うにしても、ウィークポイントが分からなければ練習の意味がないです。

どんな練習を行うにしても言える事ですが、

目的意識をしっかり持って取り組まないと練習の効果がないということです。

HIGA62_notepen_TP_V

シャドーピッチングでフォームのチェックポイントを作ろう

シャドーピッチングは鏡に向って黙々とタオルを振っていれば良いわけではないです。

しっかり目的意識を持って取り組まないと効果が出ない練習です。

ピッチングフォームを無意識レベルで体に落とし込むには、

潜在意識に語りかける必要があります。

顕在意識下では体を動かし実際に練習をし、

潜在意識下でピッチングフォームをイメージすると、

フォームの修正が早くなりどんどん理想的なフォームに近づいていくという方法です。

潜在意識と顕在意識についてはこちらの記事をご覧ください。

ピッチングフォームを作る際の心構えとは?潜在意識と顕在意識で野球がうまくなる!

ピッチングフォームのチェックポイントは1人1人違います。

なので個人個人のピッチングフォームの弱点をあらかじめ洗い出しておく必要があります。

自分のフォームのチェックポイント

自分はいくつかのチェックポイントを持っていました。

シャドーピッチングをしているときにあまりごちゃごちゃ考えないよう

にできるだけシンプルなチェックポイントを準備しましょう。

自分の場合のチェックポイント

自分の場合は、いくつかポイントをなるべくシンプルにしたものを準備していました。

  • 突っ込まない
  • 開かない
  • 肩を背中に入れすぎない
  • 体の動線をまっすぐ

とこんな感じで簡単なものを作って取り組んでいました。

自分は、サイドだったのでよく手が背中側に入っていました。

定期的にチェックポイントと自分のフォームを照らし合わせてい行きましょう。

baseball127

シャドーピッチングのコツ、ゆっくりやる

では、フォームの修正点、矯正ポイントが見つかったら、実際にシャドーピッチングをやります。

ですが、ここで一つ注意点があってがあります。

最初はゆっくりやりましょう。

最初から、腕をぶんぶん振ってたら怪我の元というのもありますが、

ゆっくりすることで自分のフォームがどうやって動いているのか確認しながら行えます。

ゆっくり行うことで自分のチェックポイントを意識しながらシャドーピッチングが出来ます。

ゆっくり行い、あ!違う!と思った時に、修正する感じです。

そして、だんだん早くシャドーピッチングを行い最後には、

普段ピッチング練習で行っているような感覚で行いましょう。

ですがゆっくりシャドーピッチングって結構疲れますし、難しいんですよね。

野球でピッチングが上達する、シャドーピッチングのやり方と練習方法まとめ

シャドーピッチングは簡単で、手軽に行える練習です。

簡単だからこそ工夫が必要です。

例えば傾斜で行うとか、

ブルペンでスパイクを履いて行うとか、

逆の傾斜で行うとか、

トレーニングの要素を取り入れるなど様々な工夫が出来ます。

そしてシャドーピッチングはシンプルです。

だからといって、軽視せず、大事に行いましょう。

自分は野球がうまい人をたくさん見てきました。

野球がうまい人こそ簡単なことや当たり前のことを徹底してやっていますし、

なにより当たり前にことを大事にします。

朝起きて、おはようや、挨拶など当たり前のことを大事に出来るような人になりましょう。

こちらの記事で球速アップに関する記事をまとめています。

ピッチャーの為の球速アップまとめ、球速アップメソッド

良かったらご覧ください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする