キャッチングの基本とは?コツはボールを止める感覚!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

キャッチングの基本とは?コツはボールを止める感覚!

b22ebfe7-l

引用:https://search.yahoo.co.jp/

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人のプロ野球ブロガー阿久津です。

今回も昨日に引き続き、

キャッチャーについて記事を書いていきたいと思います。

前回は、キャッチングをうまくなりたいなら、まずは構えから良くすべきという内容でしたね。

キャッチャーのすべては配球とかリードとかその前にまず構えから!

今回の記事では

「キャッチングの基本とは?コツはボールを止める感覚!」

ということで前回から1つレベルを上げた話をしていきたいと思います。

今回の主な内容は、キャッチングの基本ということについて話していきます。

それでは、どーぞ

スポンサーリンク

キャッチングをうまくする前に

前回の記事で捕手としての構えについての重要性と基本を理解できたかと思います。

次の段階として、キャッチングをうまくしていきましょう。

ゴロをさばく内野手やフライを捕る外野手、

バッターをアウトにする為にはまずボールを捕ります。

もちろん、

基本に忠実な打球処理が出来るに越したことは無いのですが、

いざ試合になればグローブのどの部分でも、

どんな体勢だろうと打球を処理しバッターをアウトに出来ればそれでいいです。

ですが、キャッチャーの場合は正しい姿勢で捕球しないと

ピッチャーが投げたボールを後逸してしまいます。

そして、ピッチャーも投げにくいし、球審もコースを判定しにくく

ストライクをとってもらいにくくなります。

逆に言えば構えや姿勢を改めることでこれだけの問題点を解決できます。

スポンサーリンク

キャッチングで大切な3つの基本要素

baseball099

基本の捕球姿勢で捕る

基本の捕球姿勢はこちらの記事をご参考にしてみてください。

キャッチャーのすべては配球とかリードとかその前にまず構えから!

この基本の姿勢から、

しっかりピッチャーの投げたボールを捕球するのですが、

ミットでボールをとりに行くのではなく、ボールの進行方向にあわせて止めておく。

これを意識してください。

そしてコースが外れた場合でもミットだけで捕球するのではなく、

ひざを左右に使い体を送り構えは崩さずに捕球しましょう。

ピッチャーが投げやすい形で捕る

ピッチャーが投げやすいキャッチャーというのは

キャッチングがうまいというのは言うまでもないのですが、

キャッチング以外にもこだわって欲しいところがあります。

それは

ボールを捕球したミットをしっかり止めることです。

捕るのではなく、止める。

この感覚を強く持って欲しいと思います。

止める為の基本は、投球に対して、ミットの捕球面を垂直に出し、

ミットの芯でボールを包み込むようなイメージです。

球審が見やすいキャッチングを心がける

ピッチャーが投げたボールに対して、垂直にミットを出して、ボールを止める。

そうすると、審判からも見やすいし、

何よりバッターもこのコースにボールが来たんだなと思ってくれます。

バッターに印象付けると、

バッターの脳裏にはそのボールのイメージが深く残ります。

これを配球に組み込むことによって抑えられる確立は上がるのですが

そのことについては違う形で記事にします。

キャッチングを良くするための上半身の使い方

上半身は力を入れすぎず、抜きすぎず、

リラックスした状態を保ちましょう。

胸を張った状態で低めのボールをキャッチングしようとすると、

両膝が邪魔になってしまい捕球時にミットが落ちてしまいます。

捕球時にミットが落ちないようにする為には、

ミットをはめた腕をひざよりも前にしておくようにします。

胸を張りすぎていると、かってに上半身に力が入ってしまい、

腕が前に出てこなくなってしまいます。

上半身はすこし猫背になるぐらいの感覚のほうが

ミットを前に出すことが出来るので低めのキャッチングが行いやすくなります。

ミットが前に出せることによって、

ミットをはめた腕の操作を行いやすくなるので

胸を張り過ぎないように意識していきましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする