ピッチャーの為のキレのあるボールを投げる簡単で効果的な練習方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ピッチャーの為のキレのあるボールを投げる簡単で効果的な練習方法

large01

引用:https://search.yahoo.co.jp/

どうも、こんにちは。

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今回は、ブルペンでのピッチング練習についてお話させていただこうかなと思います。

今回ご紹介させていただく練習方法は

非常に簡単なのですぐにでも取り入れることができる練習方法になっています。

なので、あなたも是非、

普段のピッチング練習で取り入れてみてください。

この練習方法を取り入れるとコーナーにバシバシと

自分のベストのボールを投げ込むことが出来るので是非最後までご覧ください。

それでは、どーぞ。

スポンサーリンク

簡単で効果のあるピッチング練習方法

ピッチング練習自体は普段通り行います。

このピッチング練習方法というのは、

コーナーに投げることによって生まれる感覚のズレを解消する為の練習方法です。

感覚がズレていると、なかなか、

思い通りに良いボールを投げることが出来ません。

ピッチングでの感覚のズレを解消する方法

まず、普段のピッチング練習において、

だいたいのピッチャーがブルペンに入ったら、

立ち投げを行ってから、

キャッチャーを座らせて、ピッチングをするかと思います。

ですが、いきなり座らせるのではなく

段々と低く構えてもらいましょう。

ピッチングにおいて、大事なことは力を伝える感覚です。

この感覚がずれてしまうと、

なかなか良いボールを投げることは出来ません。

なので、

立ち投げ、中腰、座らせる、というようにだんだんと低くしていきます。

立ち投げからの座らせる

立ち投げを行い、座らせると、

意識していなくても、立ち投げの感覚が残っています。

その感覚で座らせると、低めを狙っているにも関わらず、

ボールが高く浮いてしまいます。

そして無意味に考え込んでしまい、しまいには、

必要のないフォーム修正をしてしまったりと効率の悪い練習になってしまいます。

立ち投げから中腰をはさみ座ってもらうことによって、

この感覚のズレを最小限に抑えることが出来ます。

ピッチング練習でコースを狙うときの感覚のズレ

この考え方をコースに投げるときに応用するとどうなるか。

あなたが右ピッチャーの場合を想定してお話しますね。

もしあなたが左ピッチャーだったらその逆をイメージしてください。

立ち投げを行い、キャッチャーを座らせます。

初球、あなたなら何をどこに投げますか?

練習中の変化球ですか?

ストレートを右バッターのアウトコースですか?

ど真ん中のストレートですか?

残念ながらどれも不正解です。

ブルペンでピッチング練習をする際の初球

初球は右バッターのインハイのまっすぐで決まりです。

これが鉄板です。

左ピッチャーなら左のインハイ。

絶対これです。

理由はこうです。

初球にインハイを投げる理由

インコースにボールを投げる場合、

ボールを持っている時間はアウトコースに比べると短いです。

そして高めも、低めに比べるとボールを持っている時間が短いです。

それらを踏まえると、コースの中で

一番ボールを持っている時間が短いのはインコースの高めです。

球持ちが悪いから、うまく力が伝わらず抜けてしまったボールというのは、

インコース側に抜けていくのです。

まずインコースで指先にボールがかかる感覚を追い求めます。

そして、

真ん中、

アウトコースと順に投げます。

そうすると、自然にだんだんと指にボールがかかるようになり、

しっかり指先にかかった回転のきいたボールを投げることができるようになります。

この順番が逆だったら

もし、アウトコースからピッチング練習をするとどうなるか。

アウトコースからインコースへ投げると基本、抜けやすいです。

これは、指先にボールがかかっている時間が関係しています。

ですがインコースからアウトコースだと抜けずに指先にしっかりかかってくれます。

普段のピッチング練習を見つめなおす

あなたは、普段のピッチング練習をする際、

キャッチボールをし、軽い遠投を行い、ブルペンに入っているかと思います。

その後立ち投げを行い、キャッチャーを座らせてピッチング練習を行う。

これがだいたいのピッチャーが行っている

スタンダードなブルペンでピッチング練習をする際の流れだと思います。

感覚のズレに気付いていますか?

ピッチング練習を行う前に立ち投げを何球か行っていると思うのですが、

キャッチャーを座らせた初球の感覚ってどうですか?

たち投げをしたときより、

良いボールが行っている感覚ありますか?

立ち投げの感覚と少しズレていませんか?

この感覚でピッチング練習を行うと、

感覚がズレたまま練習を行っていることになるので、

練習の効果が最大限活かせずに練習を行ってしまうことになります。

リリースポイントのズレは微々たるもの

リリースポイントが1mmズレるとホームベースに到達するまでに約30cmズレます。

小さく思えるかもしれませんが、逆球になってしまうレベルです。

それくらいピッチングは繊細です。

そして、今回お話させていただいたボールが指先にかかる時間というのも、

0.01秒レベルの話です。

その短い時間で力が伝わっているか伝わっていないかで、

ボールの勢いやキレは変わります。

指先にかかる感覚を大事に出来るピッチャーはボールのスピードは遅くとも

ストレートで抑えられるピッチャーに必ずなって行きます。

体の中でボールに直接力を加えているのは指先です。

加速していく腕の振りの中で、指先に力を加えようとしても

脳が力を加えるように命令する伝達の時間とリリースするタイミングは絶対に合いません。

リリースした直後に力を入れてしまう状態になってしまうので

意識的に力を入れて力まないようにしましょう。

筋反射によって力は勝手に入って行くものなので

力まずにリラックスしてバッターに投げ込んでいきましょう!

こちらの記事で球速アップに関する記事をまとめています。

ピッチャーの為の球速アップまとめ、球速アップメソッド

良かったらご覧ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする