ネットで野球を学ぶことの是非、1人の指導者に学ぶ時代は終わりを迎えるかもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ネットで野球を学ぶことの是非、1人の指導者に学ぶ時代は終わりを迎えるかもしれない

ball-1842290_640

どーも、こんばんは。

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人のプロ野球ブロガー阿久津です。

今回はネット社会における野球の学び方について書いていきたいと思います。

インターネットと野球、

一見なんの関わりもないように見えるものですが、

ネット社会の影響は実はすでに野球界に多大な影響を及ぼしています。

野球にとってのネットとはどういう存在なのか、

語っていきたいと思います。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

世はまさに大ネット時代

90年代にインターネットが普及し始め、

早四半世紀を経過しようとしています。

そんな現在はネット社会と呼ぶにふさわしく、

もはやインターネットと現在の我々の生活には欠かせない存在になりました。

インターネットが普及し、

掲示板やまとめサイト、

検索エンジンから

様々な情報を欲しいときに得ることが出来るようになり、

また、SNS等のソーシャルメディアによって出合ったことのない人と友達になれたり、

疎遠だった人とつながれたり人と人をつなぐ

コミュニケーションツールとしての役割を担ったりもしています。

そして昨今では、スマホの台頭によって、

よりネットを身近に感じながら生活をしていますし、

ネットの恩恵を受けながら日々生活を送っています。

知りたいことはググれば出てきますし、

勉強のことも、

読書感想文の例文も、

会社で問題を起こしたときの、始末書の例文もw

極め付けには遅刻の言い訳もw

大体のことは検索エンジンに聞いてみたら、何でも答えは書いてあります。

brain-2062057_640

野球とネット

検索エンジンには結構野球のネタもインデックス(検索エンジンに載ること)されていて、

野球で何か悩んだときとかに検索をしてみると、

意外にもなかなか良い情報があったりします。

例えば、球速を上げたいとか、練習方法についてだったり。

でも良く考えれば、検索エンジンにインデックスされている情報って、

いろんな人の膨大な情報が、自分達、ユーザーのニーズに合わせて表示してくれますからね。

膨大な情報をどうやって処理、選定するという話は置いといて、

情報の多さだったら、どんな名監督でも、かなわないと割と本気で思います。
architecture-1851149_640

人工知能の発達と野球

人工知能のロボットが、プロ棋士に勝ったり負けたりとしていますね。

現在の技術では、人工知能に過去の名監督の考えを

フィードバック出来る技術はもうすでに出来ています。

例えば、往年の名監督、

広岡達朗さんや仰木彬さんの采配のクセやパターンを

人工知能にインプットさえすれば再現が出来る。

こんな世の中です。

ちなみに検索エンジンも、グーグルの人工知能です。

ヤフーもグーグルに買収されていますね。

スポンサーリンク

そうなってくると指導者の立場が危ない

ネットがスポーツにも普及したことで、

今後は指導者の立場がなくなってくる可能性が出てきました。

では指導者がどのようにしていけば、時代に淘汰されずに生き残っていけるか?

答えは自分自身の経験に基づいたオリジナリティーを出していくこと。

あなたの経験はオンリーワンのもので世界に一つしかないあなただけの物

知識が被ることもない、

多少似たところがあるかも知れないけど、

あなた自身の経験や体験はあなたの主観でしか見えません。

それは完全オリジナルで、希少価値の高いあなただけの情報です。

今後生き残る指導者は自身をレベルアップさせることはもちろんのこと、

希少価値の高い情報を知っていて、

選手や親御さん、

学校の経営陣、

または会社からの需要がある指導者が生き残っていくでしょう。

選手や親御さんの需要を満たせるような指導者になっていく必要があるということですね。

baseball-1929542_640

選手からしたらこんなに良い時代は無い

選手の立場からしたらこんなに良い時代はないと思います。

ネットが普及する前の野球は、

指導者の言うことが絶対正解だと思わざるを得ない状況だったにも関わらず、

現在は野球の指導者ではないけど、

プロ経験者や独立リーグ経験者、

社会人野球など上のレベルの野球を知った人の考えを知ることは

簡単に出来るようになりました。

選手からしたら、なにが正解か分からないと思うかも知れませんが、

野球の正解は結果が出るまで分かりません。

なので

本当に大事なのは色々試して、

経験して、

考えて、

自分の信じたものを信じること。

自分の信じたものが、あなたのコーチならそれはもの凄く幸せなことです。

1人の指導者に教えてもらう時代はもう終わりを迎える

今後の野球指導は、より一層、コンテンツ重視の時代になってくると思います。

コンテンツというのは、内容ということですね。

なおかつ特化型の指導が進んで行き、

指導の分業制はもう始まっていますが、

ノウハウ流出防止の観点からチーム間を越えての指導はあまりないと思います。

現在では、野球教室などが盛んに行われていて、

野球専用のスポーツジムまでありますし、

ピッチャー専用のトレーニング施設まであります。

こういった環境から、分業制の特化型の指導が

定着しつつあるのも現代ならではの指導方法ですね。

smartphone-1957737_640

最後に

今回の内容は以上です。

自分はネットで野球を学ぶことは賛成です。

しかし、

いくら学んだからといって、行動に起こさなければ何もなりません。

ただの頭でっかちのノウハウコレクターになって終わりです。

あいつめっちゃ野球詳しいけどへたくそだよなー

なんて噂されて終わらないように、学んだことは行動に移す、そして反省!

これを繰り返していけば絶対上手くなります。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする