ピッチャーのノーコンを直す指導法、簡単に狙った所に投げれるようになるコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ピッチャーのノーコンを直す指導法、簡単に狙った所に投げれるようになるコツ

pitcher-560447_640

こんにちは。

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んで事を人生に活かす管理人のプロ野球ブロガー阿久津です。

今回は

「ピッチャーのノーコンを直す指導法、簡単に狙った所に投げれるようになるコツ」

ということで、コントロールについて語っていきます。

コントロールに自信をもてるようになりたいといった方には

是非参考にしてもらえたら嬉しいです。

それではご覧ください。

どーぞ!

スポンサーリンク

コントロールを簡単に良くするコツ

まずコントロールを超簡単に良くするコツとして

ご紹介させていただきたいことが2つあります。

  • ボール球を狙って投げる。
  • ストライクゾーンを2分割する。

です。

ボール球を狙って投げる

ボール球を狙って投げる。

これには理由があります。

それは、

ストライクを狙わなければいけないというプレッシャーから

開放される事によって気持ちが楽になります。

要はメンタル的なストレスが一気に減ることで

のびのびとピッチングをすることが出来ます。

コントロールというのは本来、

技術的な割合が多いですがコントロールが自分は悪いと思い込むだけで、

脳はコントロールが悪い部分にしかフォーカスできなくなります。

本当はそんなにコントロールは悪くないのに

フォアボールを連発して試合をぶち壊すような

セルフイメージを持ってしまいますしそれを必ずやってしまいます。

技術的な課題にメンタルの要素を盛り込むことで簡単に解決できることもあります。

コントロールなんかはまさに技術的な課題を

メンタルで補うことで解決することの出来る代表格ですね。

baseball-1407818_640

ストライクゾーンを2分割する

ストライクゾーンは良くテレビ中継の解説者が解説する際に

9個に分割した、ストラックアウトのようなチャートが表示されます。

それを真ん中を中心に内、外と2つに分割する考え方です。

高さも気にしなくて良いです。

これならコントロールに関するハードルはだいぶ下がりなんだかいけそうな気がしませんか?

だいたい外、だいたい内のように

元々ノーコンピッチャーが一生懸命やってそこまでコントロールできるようになれば

超御の字だと思いませんか?。

これで内、外、ボール球を投げ分られるピッチャーの出来上がりです。

ノーコンピッチャーからチームにおいて十分計算できるピッチャーになれますね。

あわよくばエース候補に踊り出ることも十分可能でしょう。

スポンサーリンク

ストライク先行のプレシャー

ストライク先行でいこう!

ピッチャーをやっていてこんなこといわれた経験ないですか?

分かってるわ!

と心の中で思いながらも、実際出来なかったら、

わかっているのに出来なかったとプチ後悔した経験ないですか?

でも、

自分のことをコントロールできるのは自分しかいません。

なので、そういった声にいちいち気をとられていたらそれは

他人に自分をコントロールされている状態です。

味方のそういった声は自分は無視していましたw

コントロールに関する声かけ

コントロールは繊細です。

ちょっとしたメンタル的なテンションで

コントロールは悪くなったり良くもなったりします。

よくピッチャーに声を掛けて応援してやれなんていう指導者が居ますが、

余計なことすなーって内心思っていますw

確かに声を掛けて間合いを作るべき状況はありますが

必要以上に声をかけ、味方ピッチャーのリズムを崩さないほうがいいと思います。

ゲームの主導権はピッチャーが握っています。

声掛け一つでピッチャーの投げるボールをコントロール出来るなんて非現実的ですしね。

時には任せることも重要です。

xbox-2003277_640

コントロールが良くないピッチャーにはコントロールを求めすぎない

コントロールを乱す原因として技術的な要素が大きなウエイトを占めていますが、

メンタル的なプレッシャーによって本来その選手が持っている能力を発揮できない。

こんなのもったいないと思いませんか?

コントロールに悩んでいる方は是非今回の練習方法を試してみてください。

もう知っている情報だったらすみませんw

  • ボール球を狙って投げる。
  • ストライクゾーンを2分割する。

必要最低限のコントロールはこの考え方で身につきます。

この2つが出来るようになったら、

よりコントロールに関する課題を細分化し、

スモールステップで技術を深めていきましょう。

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする