簡単に投げられるお勧め変化球、チェンジアップの握り方、投げ方。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

簡単に投げられるお勧め変化球、チェンジアップの握り方、投げ方。

baseball-1787759_640

どーも。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

今回は

「簡単に投げられるお勧め変化球、チェンジアップの握り方、投げ方。」

ということでチェンジアップについて語っていきたいと思います。

それではご覧ください。

どーぞ。

スポンサーリンク

チェンジアップとは?

チェンジアップはボールを鷲掴みにしたり、

深く握ったり、普段投げるストレートより、

ボールに力が伝わらないように投げる変化球です。

使う目的としてはストレートを待っているであろう、

バッターのタイミングをずらすために投げます。

力が伝わらないように握りをいろいろ工夫することによって、

バッターのタイミングをはずしやすくなり、

後に投げるストレートを速く見せることも出来ます。

肩や肘の負担が比較的少ないので、

アメリカのリトルリーグでは最初に覚えるべき変化球ともいわれていますね。

show_img (2)

引用:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/

チェンジアップの変化

握り方にこれといった統一性はなく、

様々な握りやフォームの違いにより変化や回転、球速も変わります。

要は、ストレートと同じフォームと腕の振りで遅い球が来るから

タイミングがとりにくくなるボールと考えてもらって大丈夫です。

スローボールみたいな感じですね。

バッターから見ると、ストレートより回転数が少なく、

球速も遅いため、減速しながら沈むような軌道になります。

ピッチャー目線から見た変化よりもバッターにストレートと錯覚させることのほうが重要です。

ストレートとの速度差が大きければ大きいほど

バッターからはボールが失速しているように錯覚させることが出来ます。

show_img (1)

引用:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/

楽天、松井裕樹のチェンジアップ

チェンジアップの握り方

チェンジアップは基本的にこれ!

といった握りはないです。

とにかく力が伝わらないような握りを

試行錯誤して見つけていく必要があります。

鷲づかみにしたり、深く握ったりと。

変化球の中ではダントツで握りの自由度が高いので

固定観念に縛られずにオリジナルのチェンジアップを見つけてみるというのも面白そうですね。

スポンサーリンク

チェンジアップの工夫はいろいろ

ストレートと同じ様にフォーシームとツーシームで握る方法があります。

フォーシームは空気抵抗を受けにくく揚力が働くので、

比較的落ちる幅が小さくコントロールしやすいです。

ツーシームは空気抵抗を受けやすく、左右どちらかに回転が傾いていたら、

シュートしながら落ちたり、スライドしながら落ちたりします。

空気抵抗に関しても、ストレートと同じ様に

フォーシームやツーシームといった概念が通用するので、

どんな感じで変化するかっていうイメージもしやすいですね。

baseball-1479770_640

いろいろなチェンジアップ

変化球の中では自由度が高いので色々なチェンジアップが世の中に生まれてきました。

握りをいくつかご紹介させていただきたいと思うのでご参考にどうぞ。

サークルチェンジ

人差し指と親指で輪(サークル)を作り中指から小指でボールを支えながら握ります。

この握りで投げると、輪を作った部分に力が入りやすくなるので、

右ピッチャーなら回転軸が右方向に傾きやすくなり少しシンカーっぽくなります。

人差し指と親指で作った輪を大きくしたり、小さくしたりすることによって

若干力の入り具合が変わります。

大きくすると、力が入りやすいので、

シュート回転を掛けやすくなり右バッターのうちに食い込みながら落ちていきます。

小さくすると、力が入りにくくなるので、

球速差を出したいときにいいでしょう。

show_img

引用:https://g-advice.jp/

スプリットチェンジ

フォークボールのイメージで人差し指と中指の間にボールを挟んで投げるチェンジアップです。

バッターの手元で鋭く沈むような軌道を描き、

空振りを狙える変化球です。

スプリットチェンジのメリットは落とす系の変化球ですが、

フォークボールよりも、コントロールしやすいところにあります。

薬指の使い方がポイントになり、

薬指と中指を広げると力が入りやすく引っ掛けて落とす感覚で

フォークに近いボールになります。

薬指を添えるような握りだといい感じに力の抜けたボールになるので、

タイミングをずらすななこっちですね。

空振りとりたい時は、薬指と中指を広げてガッツリ引っ掛けて落とせばいいと思います。

170px-Change_up_1

引用:https://ja.wikipedia.org/

バルカンチェンジ

中指と薬指でボールを挟んで縦に速く落ちるチェンジアップです。

タイミングを外すよりも空振りを取る事を目的とします。

もともと、握った時から力が入りやすい握りなので肘への負担が大きい握りです。

縫い目に指をかけるかどうかでシュート回転をつけることができます。

日本球界では大隣憲司投手や大竹寛投手などがこの投げ方で投げています。

Sinker_1

引用:https://ja.wikipedia.org/

簡単になげられるけどある程度は練習が必要

いかがでしたか?

今回ご紹介させていただいた握りを工夫するこで

自分に合ったチェンジアップを見つけるといいでしょう。

人それぞれ、指の長さや手の大きさは違います。

変化球はテクニカルな部分よりも感覚的な要素が大きいので

自分に合ったというのは非常に重要なポイントです。

また、感覚というのは人に教えることの出来ない、自分にしか分からないものです。

変化球は自分の感覚を優先し、

この感覚だったら曲がりそうというのを見つけ出し、

練習していけば必ず良くなります。

変化球を覚えるということは、

ボールに対しての力の加え方の感覚が養われていきます。

力を加える感覚というのは、

ストレートを投げるときにも重要な感覚です。

変化球とともに力を加える感覚を意識して練習すれば

ストレートにもさらに磨きがかかってきます。

今回は以上です。

では。

変化球に関する記事をこちらでまとめています。

変化球をより深く学ぶにあたって是非、見て欲しい記事まとめ

良かったらご覧ください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする