変化球が曲がる、落ちる仕組みとは?メカニズムを解説。マグナス力との関係性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

変化球が曲がる、落ちる仕組みとは?メカニズムを解説。マグナス力との関係性

baseball-field-1563858_640

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今回は、

「変化球が曲がる、落ちる仕組みとは?メカニズムを解説。マグナス力との関係性」

という内容で記事を更新していきたいと思います。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

マグナス力の影響?何故ボールは変化するのか?

だいたいのピッチャーが投げるストレートは微妙に曲がります。

ストレートの回転軸が地面と平行で傾きが全く無いストレートを投げるのはかなり難しいです。

自分の中で、きれいなバックスピンを掛けられていると思っていても、

実は回転軸は少しずれています。

その結果ストレートの回転軸には少しシュート回転の成分が含まれています。

そもそも何でボールは変化するのでしょうか?

それは空気抵抗によるボールの周囲の圧力差の影響です。

ピッチャーが投げたボールは空気中を回転しながら通っていきます。

ボール周辺には回転によって空気の流れが発生します。

空気の流れの向きとボールの回転方向が一致する側では

空気の流れの速度が速くなり、

流れの向きとボールの回転方向が逆になる部分では遅くなります。

p2_photo01

引用:http://www.cybernet.co.jp/

空気の流れの速度が遅くなると、

その部分の空気の圧力が大きくなります。

圧力は大きい方から、小さい方へと力が働きます。

要はバックスピンを掛けると、空気の流れは

ボールの上側が速い空気の流れになり、圧力が弱くなるのに対して、

下側は遅い空気の流れになり、圧力が強くなり

ボールには上向きの力が働くということです。

これがマグナス力と呼ばれるものの正体です。

ボールの回転数が多ければ多いほど

それだけ空気の流れを生み出せるので、マグナス力は大きくなります。

よってボールに変化を与えることが出来るようになります。

野球の場合、ストレートはバックスピンがかかっています。

先ほどの画像のようにバックスピンがかかると、マグナス力が上方向に働き

ボールは浮き上がるように見えます。

これに対し、カーブやスライダーのような変化球の場合は横方向に回転がかかっています。

よってマグナス力はボールを横に曲げる力として働くことになるということです。

ちなみにボールの回転が無回転の場合はマグナス力による影響を受けずにボールは進んでいきます。

この場合、ボールの変化に影響しているのは空気抵抗・重力・縫い目になります。

dscf8854_tp_v

回転数が少なくなるとマグナス力の影響を受けなくなる、落ちる変化球の仕組みとは?

先ほどの変化球は回転系のボールについてお話しましたが

今度は落ちる系、回転数が少ないボールについてです。

回転数が少なくなる、無くなると、ボールに対してマグナス力の影響は無くなります。

例えば、フォークをピッチャーがキャッチャーに向って投げたとします。

ボールの回転数が少ないのでマグナス力による軌道の変化の影響はほぼ無くなります。

でも、落ちる変化をしているようにみえますよね?

この場合、ボールが受ける力に影響を及ぼすものは空気抵抗と重力です。

実は、自分達が野球の試合を見て、

「フォークボール」と言っているものは、ほとんどが普通に放物線を描き、

空気抵抗と重力で落ちていく「普通の」ボールなのです。

バッターがバットを振ってしまう原因は、

ストレートが来ると思っているからという点と、

空気抵抗によってボールにブレーキがかかるという点です。

ボールを見ることの基準がストレートにあることによって

フォークボールが来たら落ちたと錯覚してしうのです。

スポンサーリンク

落ちる変化球にまつわる目の錯覚の話

ピッチャーの中にも誤解している人が結構いるのですが、

フォークボールの本当のポイントは、

「落ちる」ことにあるのではなく、

投球フォームがストレートと同じというところにあるのです。

つまり、握りや投球フォームからストレートとフォークの区別がつきにくいのです。

打者はストレートの軌道を予想しバットを振ります。

ですが、その前にボールは落ちてしまう。

それだけのことで、フォークボールは、

実は重力の法則と空気抵抗に従って落ちているだけなのです。

最後に

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回はボールが変化する仕組みについてお話させていただきました。

ボールが変化する仕組みである、

マグナス力・空気抵抗・重力、

これを意識の片隅に置いてもらえたら変化球が変わると思います。

是非参考にしてもらえたら嬉しいです。

こちらの記事で変化球に関する記事をまとめています。

変化球をより深く学ぶにあたって是非、見て欲しい記事まとめ

良かったらご覧ください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする