スライダーの投げ方握り方コツとは?縦、横、カット、高速スライダーの特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スライダーの投げ方握り方コツとは?縦、横、カット、高速スライダーの特徴

baseball-557577_640

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今回はスライダーについてです。

自分自身、困ったらスライダーって言うぐらい、

自分のピッチングにおいてスライダーには頼っていました。

ちなみに自分はアンダーっぽいサイドスローだったので

横に浮き上がるようなスライダーでした。

苦手だった左バッターのインコース高めに投げて

フライを打たせたい時なんかに投げていました。

あわよくば空振り取れたらなーなんて位置づけの変化球でした。

そんな自分だからこそ語れるスライダーに対してのコツなんかを

今回ご紹介していきたいと思います。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

スライダーとは?

なるべくスライダーは

ストレートの軌道に似せたいと自分は思っていました。

なので回転の掛け方としては、

バックスピンとスライダー回転の間の回転軸を持たせるように投げます。

そして回転数をたくさん掛けたかったので握りは浅めで、指の間隔は狭くしていました。

スライダーは主に2種類あって、

ピッチャーの利き腕と反対方向へ真横に滑るように曲がるスライダーと

ジャイロ回転の成分が含まれた、縦にストンと落ちるようなスライダーが主なスライダーです。

そこからさらに派生してカットボールやスラーブなんかがありますね。

握りや曲がり方は結構人によって差があって、

カーブっぽいけどスライダーを投げているといったピッチャーもいます。

そして、スライダーはとにかく種類が豊富でその分握り方、曲がり方も多様にあります。

smoking-1553375_640

横スライダー

横に変化するスライダーはバックスピンの成分が強ければ

マグナス力によってボールの下側に揚力が生まれ、落下が少なくなります。

横滑りするスライダーに、サイドスピンの成分が強ければ

沈みながら変化量の多い、大きく横滑りするスライダーになります。

ストレートと同じ球筋から比較的速い球速で曲がるので、

バッターに対してはストレートが来たと間違った判断を誘いやすく、

空振りを狙いやすい球種です。

スリークォーターやサイドスローの場合は、

横から出てくる球筋に更に横変化が加わるので、横の変化量は多く獲得しやすいです。

横からの角度もつきやすいので角度があって打ちにくいボールに仕上げることが出来ます。

縦スライダー

回転軸が少し下を向いたジャイロ回転の成分があって縦に落ちるスライダーを指します。

トップスピンを掛けるようにリリースする場合もありますが、

それでは空気抵抗が大きくなりやすく、初速と終速に差が出やすくなります。

ジャイロ回転を掛け回転軸を下に向けることによって初速と終速の差をなくし、

縦に鋭く曲がるスライダーを投げることが出来ます。

トップスピンを掛けた縦スライダーは少しスピードのある縦のカーブっぽくなってしまいます。

高速スライダー

高速スライダーとは球速の速いスライダーのことを指します。

スライダーはストレートよりも球速は落ちて、しばしば見切られることもあります。

松坂大輔のスライダーがこう呼ばれたことによって普及したため

明確な基準はないのですが、一般的にそのピッチャーの投げる

ストレートとの球速差が少ないスライダーが高速スライダーと呼ばれています。

自分の投げていたスライダーはこの高速スライダーとニュアンスが似ています。

球速はそこまで速いほうではなかったのですが、

ストレートとの球速差を抑えていました。

もちろんカウントやバッターによって投げ分けてはいました。

カットボールとは少し役割が違う変化球です。

スラーブ

名前の通り、スライダーとカーブの中間的な変化をする球種です。

球速差もスライダーとカーブの中間的なスピードで曲がります。

スライダーを少し深く握り、リリース時に少しだけ

抜くような感覚で投げることによってスライダーより力が伝わりにくくなります。

その結果、カーブよりは曲がりが小さく、スッと沈みながら右バッターから逃げていきます。

カーブのような山なりの変化はしにくいので、緩急は付けにくい変化球です。

スポンサーリンク

カットボール

ストレートとのコンビネーションとして特に効果的です。

スライダー系の変化をしますが、スライダーとは投げる目的は違います。

カットボールの場合は、

ストレートとの組み合わせで使う場合が多いです。

ストレートを待っているバッターに対して、

ストレートと球速差がほぼ無いカットボールを投げることによって、

バッターを打ち取ります。

少しだけ沈むのでバッターの芯を外しやすい変化球です。

握りも、ストレートから少し回転軸をずらすだけです。

ストレートと軌道が近いし、握りもストレートから少しずらすだけなので

カットボールも比較的簡単に投げられる変化球です。

スライダーの基本的な投げ方

show_img (3)

引用:http://column.sp.baseball.findfriends.jp

オリックス、山岡泰輔の握り

スライダーの基本的な投げ方は、ストレートの握りで、人差し指、中指を少し外側にずらします。

基本的には、

ストレートと軌道を似せる必要があるので、

人差し指と中指だけをずらします。

そして、スライダーは曲げようとして投げないことが大事です。

握りさえ、スライド回転を与える握りをしていれば

空気抵抗とマグナス力によって勝手に曲がっていくので、

ストレートと同じような感覚で腕を振りぬきましょう。

変化量が欲しいからとか、指先でボールを切るとか、言う感覚を求めたり欲張らずに

まずは、ストレートに似せることを意識していきましょう。

どちらかというと、変化量より、キレとかではなく、

ストレートとスライダーの腕の振りの違いが分かりにくいような

ボールを目指していくほうが、実際の試合では重要ですし、

早い段階でスライダーをマスターできると思います。

変化球に関する記事をこちらでまとめています。

変化球をより深く学ぶにあたって是非、見て欲しい記事まとめ

良かったらご覧ください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする