変化球をより深く学ぶにあたって是非、見て欲しい記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

変化球をより深く学ぶにあたって是非、見て欲しい記事まとめ

great-american-ballpark-1747330_640

新しく変化球をマスターしたい、

切れのある変化球で空振りを取りたい、

そんな悩みを解決できる方法をまとめました。

是非最後までご覧ください。

読んだ内容を実行してもらえたらあなたの変化球に何かしらの変化がおきると思います。

それではどーぞ

スポンサーリンク

変化球が曲がる、落ちる仕組みとは?メカニズムを解説。マグナス力との関係性

変化球は基本手には勝手に曲がります。

それは空気抵抗やマグナス力などの力によって曲がっていくので、

ピッチャーが変化球を投げるためにすることは回転を掛けるのみ。

シンプルにいったらこれだけです。

この記事ではまず、変化球が曲がる仕組みについてご説明しています。

変化球が曲がる、落ちる仕組みとは?メカニズムを解説。マグナス力との関係性

ピッチャーが新たに変化球を習得する際の心構えとコツ

変化球を学ぶ際には是非この記事を参考にしてみてください

この記事があなたの余計な力みを無くしてくれると思うのでご紹介させていただきます。

変化球を覚えようとしている段階では曲げようとか、落とそうといったといった気持ちで投げてしまうと

余計な力が入ってしまい、上手く変化球をマスターできません。

もちろん、ボールの軌道をイメージすることは大事です。

最初の段階ではコントロールとか、曲がってるか?とか余計な事ごちゃごちゃ考えず、気にせずにとにかくまずは腕振って投げる。

試合と一緒で、投げなければ何も始まりません。

ピッチャーが新たに変化球を習得する際の心構えとコツ

ピッチャーの為の球質改善メソッド!回転を掛けるコツをつかむ練習方法とは?

ストレートを投げる際にも言えることですが、変化球を投げるには、回転をコントロールする必要があります。

回転を抑える変化球、回転をたくさん掛ける変化球。

変化球にはたくさん種類があるように、回転の掛け方も様々です。

この記事で、回転の掛け方に関して簡単な練習方法をまとめています。

ピッチャーの為の球質改善メソッド!回転を掛けるコツをつかむ練習方法とは?

スライダーの投げ方握り方コツとは?縦、横、カット、高速スライダーの特徴

スライダーについてまとめた記事です。

種類や特徴についてまとめました。

スライダーもストレートと同じ感覚で投げることがコツです。

曲がりうんぬん抜きにして、この感覚が変化球を投げる為には必要な考え方です。

ストレートを投げると思い込んでおくだけでも効果があります。

スライダーの投げ方握り方コツとは?縦、横、カット、高速スライダーの特徴

ツーシームの握り方、投げ方、軌道をずらしゴロを打たせる方法とは?

ツーシームに関してまとめた記事です。

ストレートの握りを変えるだけなので、割と簡単に投げることが出来ます。

ツーシームの握り方、投げ方、軌道をずらしゴロを打たせる方法とは?

簡単に投げられるお勧め変化球、チェンジアップの握り方、投げ方。

チェンジアップについてまとめ記事です。

他の変化球に比べて割と簡単に投げれるようになると思います。

投げ方がストレートと一緒というのが簡単であるポイントですね。

ツーシームも投げ方がストレートと一緒なので覚えやすい変化球です。

簡単に投げられるお勧め変化球、チェンジアップの握り方、投げ方。

カーブの握り方、投げ方とコツとは?回転数を上げる方法について

カーブの握り方、投げ方とコツとは?回転数を上げる方法について

※2017年3月6日追記

カーブについての解説記事です。

カーブは球速が出にくい変化球なので、

緩急をつけストレートを速く見せる、

カーブを遅く見せるなどして配球に組み込んでいくとバッターを打ち取れる確立があがります。

コツは親指の使い方にあります。

是非見てみてください。

スポンサーリンク

シュート、カットボールを超簡単に投げる方法、握り方、投げ方とは?

※2017年3月7日追記

シュート、カットボールを超簡単に投げる方法、握り方、投げ方とは?

ストレートを動かす極意を学べます。

このスキルを身に付けるだけで割と簡単にカットボールとシュートが投げれるようになります。

最後に

変化球についてのまとめでした。

このページに変化球をかける基本的な考え方をまとめたので、よかったら参考にしてみてください。

どの変化球にも言えることですが、ストレートと変化球でピッチングフォームを変えないことが大事です。

簡単なようで、なかなか難しいです。

ですがそういう意識だけでもしっかり持っておくことで、だんだんと練習していくうちに変化球なのか、ストレートが来るのかが見分けがつきにくいフォームになってくるものなので焦らずに変化球習得に向けて練習してもらえたらと思います。

今後もコンテンツを追加していくので良かったらブックマーク登録宜しくお願い致します。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする