シュート、カットボールを超簡単に投げる方法、握り方、投げ方とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

シュート、カットボールを超簡単に投げる方法、握り方、投げ方とは?

baseball-1407864_640

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今回はカットボールとシュートを一気にマスターするコツをお届けいたします。

曲がりも、握りも、投げ方もまったく違うのにそんなことできるわけ無い!

どうせ釣りだろ!?

なんて思われるかと思いますが、

出来るんです。

変化球は1つの球種ごとに覚えていくものだ!

と思っている方。

実は、ボールにある細工を施すことによって、こんなにも欲張りな事が簡単に実現できます。

悪いことをするわけではないので、安心して読んでみてくださいw

それではご覧ください。

スポンサーリンク

カットボールとシュートの関係性

間逆に曲がる、カットボールとシュート

カットボールは右バッターから逃げて行き、シュートは内に食い込む。

正直、これさえコントロール出来るようになれば、あなたは、試合をかなり優位に進めることが出来ますね。

一見なんの共通点も見つからない、カットボールとシュート

実は、一つだけ共通している部分があります。

それは、どちらもストレート系の変化球だということ。

常識にとらわれない

カットボールにも、シュートにも、ある程度基本となる握りや投げ方というのは確立されています。

ですが変化球というのは、あなた個人の感覚でマスターする部分が多く、

誰かに教わってこれが良く曲がったというのはごく、まれなパターンで

投げているうちに、自分で考えて物にする、

そんな段階を踏んで変化球をマスターするというのが、今までの流れでは無いでしょうか?

ですが例外もあります。

例えばストレートはどのピッチャーの握りをみても、だいたいみんな一緒の握りをしているのでは無いでしょうか?

あなたの周りのピッチャー皆が投げているストレートの握りに実はヒントが隠されています。

スポンサーリンク

ストレートの握りでカットボール、シュートを操る

では具体的に、超簡単にカットボール、シュートを投げれるようにするコツを伝授したいと思ます。

この記事をご覧のあなたも是非、ボールを握りながら見てください。

まずはストレートの握りをご覧ください。

IMG_2256

ストレートの握りをした状態から指先に力を入れると、縦にボールが動きますね。

こんな感じで縦に力が加わるかと思います。

IMG_2257

どうでしょうか?

こんな感じで指先に力をれると縦にボールがうごきますよね?

IMG_2258

これが、ストレートにバックスピンがかかるしくみですね。

シュートが超簡単に投げれる?仕組みを解説!

ではこのまま、親指を外側にずらします。

そうするとこうなります。

IMG_2259

この状態で力を入れると、ボールが少し、内側に動きませんか?

この握りでストレートを投げるつもりでボールをリリースすると、シュートが投げれます。

変にひねりを加えたりしないでくださいね?

何度も言いますが、ボールに変化を与えるのは、回転と空気抵抗です。

その結果マグナス力によってボールは曲がります。

むやみに力を入れたら怪我の元です。

それでは、あなたもボールを握って、この握りをまねしてみてください。

このままボールを軽くリリースしてみるとシュート回転がかかっているのが分かるかと思います。

これは、親指と人差し指、中指の3本の指を結んだ三角形が、ボールに回転を与えるための方向を決める役割をしているからです。

ストレートを投げる場合だったら、人差し指と中指の中間辺りに、親指があるはずです。

カットボールが簡単に投げれる、仕組みについて

それでは、今度はカットボールを簡単にマスターする方法についてです。

IMG_2260

今度は反対に、親指を内側へずらします。

この状態で、力を加えるとボールが少し外側に動くのが分かると思います。

このままストレートを投げるようなイメージでボールをリリースすると、

スライダー回転がかかり、バックスピンの成分も含まれているのでカットボールが投げることができます。

先ほどのシュート同様、軽くボールをリリースすると、スライダー回転しているのが分かるかと思います。

シュート、カットボールを超簡単に投げる方法まとめ

いかがでしたか?

これがカットボール、シュートを簡単に、かつ一気にマスターする方法でした。

コツは親指の位置にありましたね。

親指の位置によって、ボールに与える回転が変わります。

人差し指、中指はストレートと同じ握りで変わっていないのにも関わらず、

親指の位置、一つで逆方向の変化球を投げることが出来るようになります。

今回の記事で、超簡単といっていましたが、簡単といっても、練習が必要なことには変わりありません。

しっかり練習して物にしてみてください!

そもそも、変化球の握りというのは、複雑です。

それを出来るだけシンプルにしたものが、今回ご紹介させていただいた握りになっています。

普通にカットボールやシュートを覚えるより数倍簡単なので、是非練習してみてください!

しかも、この握りで投げると、バックスピンの要素が含まれているので、

小さく鋭く曲がっていくボールに仕上がるハズです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

変化球に関する記事をこちらでまとめています。

変化球をより深く学ぶにあたって是非、見て欲しい記事まとめ

良かったらご覧ください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする