WBC2017侍ジャパン準決勝進出!優勝はどこ?展望予想!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

WBC2017侍ジャパン準決勝進出!優勝はどこ?展望予想!

ogp

引用:http://www.wbc2017.jp

こんにちは、

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今回は「WBC2017侍ジャパン準決勝進出!優勝はどこ?展望予想!」

ということで、WBCネタを語っていきます。

侍ジャパンが準決勝に進出し、ベスト4に入りましたね。

2017年のWBCもいよいよ佳境に入ってきましたね。

本日、3月17日に侍ジャパンは、アリゾナに到着したようです

これから、練習試合を2試合こなしたところで、準決勝と決勝戦連戦とか

なかなかハードですね。

コンディショニングをどうやって保つかが

今後の試合展開を左右するのではないでしょうか?

果たして侍ジャパンは世界一を奪還することが出来るのか?

スポンサーリンク

WBC2017、侍ジャパン、2次ラウンド、1位通過で準決勝進出!

無傷の6連勝で、4大会連続のベスト4入りを果たした、侍ジャパン。

世界一奪還まで、あと2勝とせまりました。

1次ラウンド、2次ラウンドを見ていると、

強化試合とは別人のような戦いぶりで、どんどん各国のチームを倒していきましたね。

ここまで順当に勝ちあがったとはいえ

ここまでの戦いを振り返るとかなりシビアな試合が

つづいていたのでは無いでしょうか?

それではまずは、侍ジャパンの試合を振り返りたいと思います。

great-american-ballpark-1747330_640

1次ラウンド侍ジャパン試合結果

侍ジャパン対キューバ

キューバ  001 000 320=6
侍ジャパン 100 150 22×=11

【先発】
日本:石川歩
キューバ:エンテンザ

直前の強化試合を2勝3敗で負け越すなど不安要素が残る中での開幕でしたね。

日本人メジャーリーガー投手の招集失敗、大谷翔平選手の怪我での出場辞退、

直前での嶋基宏捕手の負傷離脱、さらには抑え投手が決まっていなかったり、

山田哲人選手と菊池涼介選手の併用をどうするかなど、

開幕前に課題は山積みの状態でした。

今では、山田哲人選手の指名打者が板についてきた感じはしますね。

試合の流れがどちらにも傾いていない状態で守備からリズムを作れる菊池選手を

セカンドに守らせておいて正解だったなとおもう試合でした。

侍ジャパンvs.オーストラリア

日本 000 010 120=4
豪州 010 000 000=1

【先発】
日本:菅野智之
豪州:アサートン

満を持して、日本のエース、

菅野が先発の試合です。

先取点は取られたもののなんとか試合をまとめてくれましたね。

ただこの試合で思ったのが、

先発マスクを被った小林選手の配球についてですが

シーズンと同じ配球をしているなと思いました。

特に、スライダーとストレートで打ち取ろうとしているのが見え過ぎていて

外国人のバッターは基本的に外に強いので、速い系の変化球はタイミングが

合いやすいのではないかと思った矢先に、ソロホームランを浴びてしまいましたね。

まあ、勝ったから良し!

あとは菅野に変わって登板した岡田に対しての小林のリードは良かった。

制球を乱した、岡田に対して、マウンドに行き間を取る。

あれこそ、配球とリードの違いをしっかり分かっているという見本のリードだと思いました。

侍ジャパンvs.中国

中国 001 000 000=1
日本 122 000 20×=7

【先発】
日本:武田翔太
中国:ガン・チュエン

武田ナイスピッチング!

よかった、この日の武田は良かった

相変わらずカーブが良かったですね。

このカーブはしっかり手首を立てていないと投げることはできないですね。

しかも、武田投手のリリースポイントは、かなり高く、角度もあるので、

バッターから見たら、カーブが加速しながら落ちると錯覚するといわれています。

一回見てみたいですねー。

今年の中国は以前のWBCよりも強かった印象がありました。

武田のストレートにもしっかりスイングしていましたし、

でもエラー多かったですねw

futta1247-1366x768

2次ラウンド侍ジャパン試合結果

侍ジャパンvs.オランダ(延長戦)

日本代表 014 010 000 02=8
オランダ 014 000 001 00=6

【先発】

日本:石川歩
オランダ:バンデンハーク

この試合凄かったですね、

水道橋、終電無かったんじゃないですか?w

みていて楽しかったですね。

牧田も良かったし、

やっぱり国際試合にはアンダースロー必要ですね、

決勝打を打った中田も詰まりながらも気持ちの入ったフルスイングで

見事にショートの頭をこえて2点タイムリーとなりました。

やっぱ、短期決戦って技術では無いですよね。

勝ちたいって言う執念とか、気持ちですよね。

侍ジャパンvs.キューバ

キューバ 020 201 000=5
日本代表 101 021 03×=8

【先発】
日本:菅野智之
キューバ:バノス

キューバとは今大会2度目の対戦でしたね。

この試合は山田に始まり山田に終わりましたねw

20170314_3_1-2

引用:http://www.wbc2017.jp

侍ジャパンvs.イスラエル

イスラエル 000 000 003=3
日本代表  000 005 03×=8

【先発】
日本:千賀滉大
イスラエル:ゼイド

イスラエル代表のメンバーは、

選手構成は28人中27人がアメリカ生まれのアメリカ育ち。

「国籍のみならず、両親のルーツである国の代表でもOK」

というWBC独自の規定を最大限に生かして誕生したチームといえますね。

イスラエルという国を背負いつつも、野球スタイルはアメリカなのです。

メンバーを見てみると、マイナーの選手が多く、今大会のダークホース的な存在でした。

そんな不安を払拭するかのような、千賀のナイスピッチングでしたね。

最終回、左バッターが多いイスラエル打線に対して、

牧田出したら、まあ打たれるよね。

まあ、点差もあったから、それを見越しての采配だと信じたいですね。

それにしても、牧田の無駄遣いは辞めてくれーww

20170315_6_1-2

引用:http://www.wbc2017.jp

WBC2017、1,2次ラウンドまとめ

強化試合と打って変わって、

WBC開幕から、6連勝と破竹の勢いで、

4大会連続の準決勝進出を決めた日本代表。

勝ちを重ねるごとに、チームとしての一体感が増していっているのは

見ていても分かりますね。

そしてなんといっても、

今大会のラッキーボーイ小林!

いいですねー

小林の配球は見ていて、予想を覆してくるので

面白いです。

ほら打たれた

なんて思う配球もありますが、

小林は、配球より、リードが上手なキャッチャーだなと思いました。

巨人では、キャッチングがへただ!とか

マイコラスに怒られたり何かとかわいそうな小林ですが、

WBCとい大舞台で楽しそうにプレーしているので良い結果が出ているのでは無いでしょうか?

スポンサーリンク

WBC2017、侍ジャパン今後の予定

3月17日、アリゾナに移動

3月19日

カブスとの練習試合

3月20日

ドジャース との練習試合

3月21日

準決勝

3月22日

決勝

とかなりハードなスケジュールになっています。

HIGA62_notepen_TP_V

日本代表、侍ジャパンの優勝の鍵は疲労をためないこと?

侍ジャパンはご覧の通り、

かなりタイトな日程を組まれています。

練習試合から始まり、

準決勝と決勝戦で4連戦になります。

一方、反対側のトーナメントを勝ちあがってきたチームは準決勝と決勝の間に

中日が設けられています。

そして、アリゾナは、気候が日本より乾燥していて、

ただでさえ、滑りやすいWBC球なのに

さらに滑りやすくなり、ボールがなかなか指に

かかりにくくなってしまう可能性も否定できません。

そしてさらに言うと、乾燥した気候によってボールが飛びやすくなります。

そしてキャッチャーは当然

いま、乗りに乗っている小林がマスクを被ることになると思うのですが、

小林は真っ直ぐとスライダーなど、

速い系の変化球に頼って配球を組み立てている傾向が強いです。

乾燥した気候というのは実は、カットボールやツーシームが抜けやすくなり、

外人のパワーなら簡単にスタンドに放り込まれる危険性もあります。

なので、もう少し、配球に幅を持たせて欲しいというのが正直なところ。。。

しかも、速い系の変化球は外人は得意なので、気をつけて欲しいですね。

なんといっても、

練習試合が2試合あるのでそこで色々試せることはあるはずなの

でうまく調整してくれたらと思います。

とまあ正直、自分レベルがやっと気付いたことは、

とっくに侍ジャパンのメンバーは気がついていると思うので、大丈夫でしょう!

WBC2017準決勝の相手が決まりました

3月21日追記

準決勝の日本の対戦相手がアメリカに決まりました!

こちらに記事を追加したので良かったらご覧ください!

WBC2017決勝ラウンド侍ジャパン準決勝の相手はアメリカに決定!放送日程は?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする