2017年プロ野球開幕!1軍入りを果たしたルーキーは〇〇人!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2017年プロ野球開幕!1軍入りを果たしたルーキーは〇〇人!?

futta1247-1366x768

どーもこんにちは!

阿久津です。

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

今回は

「2017年プロ野球開幕!1軍入りを果たしたルーキーは〇〇人!?」

ということで

記事を書いていきたいと思います。

先月の29日、ついに開幕1軍の選手が発表されましたね。

そこには昨年のドラフトで指名された新人選手が15人登録されていました。

選手の公示から少し時間が空いてしまいましたが改めて、記事にしたいと思います。

まずは開幕1軍入りを果たした新人選手をご覧ください!

それではどーぞ!

スポンサーリンク

プロ野球2017年度開幕一軍を掴んだルーキー

日本ハム

石井一成(ドラフト2位 / 内野手)
作新学院高校→早稲田大学

千葉ロッテ

有吉優樹(ドラフト5位 / 投手)
千葉県立東金高→東京情報大→九州三菱自動車

埼玉西武

源田壮亮(ドラフト3位 / 内野手)
大分県立大分商業→愛知学院大→トヨタ自動車

東北楽天

菅原 秀(ドラフト4位 / 投手)
福井工大福井高→大阪体育大学

森原康平(ドラフト5位 / 投手)
山陽高等学校→近畿大学→新日鐵住金広畑

高梨雄平(ドラフト9位 / 投手)
川越東高等学校→早稲田大学→JX-ENEOS

オリックス

黒木優太(ドラフト2位 / 投手)
橘学苑高→立正大学

沢田圭佑(ドラフト8位 / 投手)
大阪桐蔭高等学校→立教大学

巨人

谷岡竜平(ドラフト3位 / 投手)
成立学園高等学校→東芝

池田 駿(ドラフト4位 / 投手)
新潟明訓高校→専修大学→ヤマハ

横浜DeNA

進藤拓也(ドラフト8位 / 投手)
西仙北高→横浜商科大学→JR東日本

佐野恵太(ドラフト9位 / 外野手)
広陵高校→明治大学

阪神タイガース

糸原健斗(ドラフト5位 / 内野手)
開星高等学校→明治大学→JX-ENEOS

東京ヤクルト

星 知弥(ドラフト2位 / 投手)
県立宇都宮工業高等学校→明治大学

中日ドラゴンズ

京田陽太(ドラフト2位 / 内野手)
青森山田高等学校→日本大学

以上のようになりました!

2017開幕1軍即戦力内野手が4人

野手では、阪神ドラフト5位の糸原健斗選手(JX-ENEOS)、中日ドラフト2位の京田陽太選手(日本大)、北海道日本ハムドラフト2位の石井一成選手(早稲田大)、埼玉西武ドラフト3位の源田壮亮選手(トヨタ自動車)の、大学・社会人の即戦力内野手4人が開幕1軍となりました。

今後もレギュラーとして、スタメンに名を連ねる事ができるのか?注目ですね!

巨人はキャンプ開始時、1軍メンバーにはルーキーは入っていませんでした。

ですが、オープン戦も終盤に差し掛かったところで、ドラフト3位の谷岡竜平投手、ドラフト4位の池田駿投手が良い結果を残し開幕1軍を掴んでいますね。

2016年のドラフト会議で、即戦力投手として期待されていて、5球団の指名重複となった福岡ソフトバンクの田中正義投手や、2球団の指名重複となった柳裕也投手は残念ながら、開幕1軍メンバーに入ることは出来ませんでした。

スポンサーリンク

開幕1軍入りを果たしたルーキーは2107年が過去4年間で最も少ない結果に

開幕1軍を手にした今年のルーキーの人数は、2014年は19人、2015年は15人、2016年は16人でした。

今年の開幕1軍登録は2015年と同じ15人となりました。

今回のドラフトは豊作だったものの、ドラフト1位で高校生の指名も多かったですね。

その中で東京ヤクルトのドラフト1位・寺島成輝投手などは開幕1軍も期待されていました。

ですが結果として育てていく形となりました。

高校生なんかは特にそうですが、まだまだ体が大きくなりやすい時期なのであまり無理はさせずに育てていこうと判断したのでしょう。

開幕1軍を手にしたルーキーがいなかったのは、広島東洋カープと福岡ソフトバンクの2球団のみという結果になりました。

これは本人の実力うんぬんの話ではなくて、広島とソフトバンクは選手を育てていこうという意識が高い球団なので、球団の方針として、新人は2軍で鍛えるという事を、まずは徹底しているのではないでしょうか?

昨年のドラフトで高校生などを多くとった両球団ですが、田中正義投手加藤拓也投手はファンの間でも各メディアでも、開幕1軍が期待されていました。

個人的に注目しているのは東京ヤクルトのドラフト2位・星知弥投手と、オリックスのドラフト2位・黒木優太投手で、二人ともプロのバッターでも手こずりそうな速球を投げています。

特に期待しているのは星知弥投手で、山田哲人選手からストレートで空振り奪うなどをしていいました。

見た感じかなりスピンの利いたストレートを投げていますね。

ヤクルトの先発ローテーションは他のチームと比べると、手薄な感じが否めないので、星知弥投手に関してはかなり早めの活躍が期待できそうですね。

余計なおせっかいで恐れ多いのですが、長いシーズンを戦うプロ野球。

疲労をためないように、怪我や故障の無いように、今年のシーズンを投げ抜いて欲しいですね!

2017年プロ野球開幕!1軍入りを果たしたルーキーは〇〇人!?まとめ

今年、開幕1軍入りを果たしたルーキーは15人という結果になりましたが、この人数をどのように捉えるかは人それぞれだと思います。

開幕1軍入りを果たしたメンバーが少ないからといって、今年のルーキーのレベルが低いのではないか?

と推測する人も居れば

各球団が育成に力を入れ始めた結果と捉える人もいると思います。

ですが一概に、開幕1軍にルーキーが少なかったからといって、今年のルーキーのレベルが低いとはいえないです。

各球団が選手を大事にし始めた良い傾向ではないでしょうか?

これからのプロ野球界を担う選手達に期待をしたいですね!

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする