日本ハム斉藤佑樹2017なぜ登録抹消?現在の成績は?球速は戻るのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

日本ハム斉藤佑樹2017なぜ登録抹消?現在の成績は?球速は戻るのか?

show_img (4)

引用:https://search.yahoo.co.jp

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今回は

「日本ハム斉藤佑樹2017年、なぜ登録抹消?現在の成績は?球速は戻るのか?」ということで

先日に今シーズン初登板を終えた、斎藤投手について記事を書いていきたいと思います。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

日ハム斎藤佑樹2017年、初登板の結果は?

斎藤佑樹投手は先日、4月6日、千葉ロッテ戦(ZOZOマリン)で今シーズン初登板を果たしました。

先発として登板し、5回0/3を投げ6回途中6安打3失点、自責3、奪三振2死四球2という結果で交代しました。

いまいち、結果の出ていない日本ハム投手陣からすれば、斎藤投手の出した結果は、まずまずの結果だったのでは無いでしょうか?

そして、斎藤投手自身も最近の調子からすれば、良いスタートが切れたといっていますし、個人的にはだんだんと怪我の具合も良くなってきているのでは?と推測します。

低めを丁寧に攻めるピッチングでロッテ打線が困惑

千葉ロッテ鈴木大地内野手は斎藤投手から1打数1安打1死球という結果でした。

「今日はツーシームとかシュートを投げてマリンの風を利用した投球でしたね。もともと低めに投げて内野ゴロを狙う投手ですけど、今日はそれがより強かった」

鈴木選手はこう振り返っていました。

試合前の野手ミーティングでは、

「斎藤投手の低めのツーシーム、シュートには手を出さないように」

との指示があったそうです。

ところが、

「チーム全体が低めの球に手を出してましたから。あんなに外国人投手っぽく、しつこく低めに投げてくる感じの投手ではなかったです」

以前のイメージとは違ったピッチングに少し、てこずっていた印象をもちます。

堀幸一打撃コーチは別の面も指摘する。

「彼はビタビタと制球のある投手ではないけど、低めにゴロを狙う投手。ただ、今日の試合に限って言えば少し(球が)まとまっていた。四球も1つでしょう? そんな感じだったかな」

と振りかえっていました。

千葉ロッテ打線も、斎藤投手の変化については、少してこずっている様子ですね。

特にチーム全体で低めのツーシーム、シュートに手を出さないようにという意識を植え付けられている場合、やっぱり打席ではそのボールを意識してしまい、他のボールに対応しにくくなってきます。

ここは斎藤投手が上手く自分の持ち味を相手打線に印象付けることが出来ているとおもいますね。

09920799

引用:https://search.yahoo.co.jp

斎藤投手の球速が2月で145キロをマーク!ケビン山崎氏とのオフトレで結果が出始めている?

プロ7年目の今シーズンに選手生命をかける斎藤投手はケビン山崎氏と今年のオフはトレーニングを行ってきました。

ケビン山崎氏とは、チームメートの中田翔内野手も契約を結ぶトレーニングに精通したパーソナルトレーナーです。

オフの3か月間、都内のジム、沖縄、グアムで斎藤投手の怪我の影響で課題のあった股関節、体幹強化メニューを中心にこなしていました。

トレーニングの内容は最大傾斜22・5度のランニングマシンを正しいフォームで走ったり、「ケトル・ベル」というダンベルを使って行う肩や肩甲骨のポジショニング矯正メニューに取り組んでいたりしました。

ケビン山崎氏は

「実は彼は大学2年時に左の股関節を故障している。その辺からフォームが崩れ始めている。体が小柄で柔道でいう一本背負いのようなフォームの彼の左股関節がブレてしまうと全てが遠回りになってしまう」

と、分析しています。

ここ4年間で3勝6敗と迷走する斎藤投手がひた隠しにしてきた“元凶”について語りました。

「それをごまかしながら投げていてプロ1年目に左腹斜筋、3年目に右肩を負傷した。一連の動きで正しいフォームができていなかった。それを本人が誰にも説明していないから世間から誤解を受けた」

と斎藤投手を擁護しました。

斎藤佑樹投手の怪我の影響は無くなりつつあるのか?

大学時代のケガの影響で正しく使えていなかった筋肉を再度、教育し、体の軸の矯正を行ってきたこの3か月間をケビン山崎氏は

「一番良かった大学1年の時のフォームへの再生」

と表現。

「10年の間にクセが違う方向に行ってしまっていた。まだいい時と悪いクセが出る時の割合が7―3ぐらい。疲れてきたら悪いクセが出るかもしれない」

と現状を説明した。

斎藤投手は

「股関節や肩の故障もあって下半身から力をもらって上に伝えて投げることができなくなっていた。

毎年この時期はベストな練習をしているつもりだったけど今年は例年以上に仕上がっている。目標は自分の中でのキャリアハイは目指したい。

プロである以上は結果が大事だということは理解している。ファン、球団に恩返しするためにもそこを目指したい」

とシーズンの展望と目標を語りました。

スポンサーリンク

斎藤佑樹投手、今シーズン初黒星からの登録抹消

今回の初登板について栗山監督が

「100%打たせないという投手ではなく、球の良さを意識させながら、今日で言うと風を利用しながらどう打者を料理するかという投手。

そういうところをこっちは求めているから形的にはこれでいい。佑樹のやってきた方向性は間違っていない。

今日はポンポンと点を取ってあげたら勝てた試合。本当にオレの責任」

と振り返っていました。

この日の斎藤投手の球速は、最速141キロ。

直球とツーシームにカットボール、フォークボールをちりばめうまく試合を作っていました。

しかし日本野球機構NPBは7日、出場選手登録および登録抹消を発表しました。

斎藤佑樹投手は1試合登板したところで登録を抹消された形となりました。

今シーズンの初先発で5回0/3を投げ、6安打3失点とまずまずのピッチングを披露したが、打線の援護に恵まれず今季初黒星を喫してしまいました。

それでも、試合後に斎藤投手は

「素直に今日の投球を喜べないが、スタートとしてはいいスタートが切れた」

と手応えを語っていたので期待したいですね。

登録抹消は次のローテーションの関係でのことのようなので、一安心ですね。

日本ハム斉藤佑樹2017なぜ登録抹消?現在の成績は?球速は戻るのか?まとめ

斎藤投手はこのように、2軍に行きますが、今回のピッチングで自分のやってきたことに自信を深めることが出来た様子でよかったです。

今回の登録抹消は次の登板を考えての2軍行きのようなので、しっかり準備をして次の先発にむけて頑張って欲しいですね。

なにがなんでも今年は結果が欲しい斎藤投手。

ノビのあるストレートが持ち味だった斎藤投手も動く真っ直ぐを武器にマイナーチェンジして今シーズンに臨みます。

今年の斎藤投手は本当に何か違うのか?

今後の斎藤投手に期待したいですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする