巨人篠原慎平はなぜ高校を中退?素行が悪く不祥事を起こした?真相は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

巨人篠原慎平はなぜ高校を中退?素行が悪く不祥事を起こした?真相は?

引用:https://search.yahoo.co.jp

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今回は、

「巨人篠原慎平はなぜ高校を中退?素行が悪く不祥事を起こした?真相は?」

ということで、巨人に在籍する篠原投手についてご紹介していきたいと思います。

先日篠原投手は長年の努力の末、見事、支配下登録されました。

育成選手出身としては球団初の勝利投手となり今後さらに巨人の中継ぎとして期待できるピッチャーです。

そんな篠原投手は高校を中退するはめになったり、肩を手術したりと壮絶な過去を過ごしてきました。

まずはプロフィールをご覧ください。

スポンサーリンク

巨人、篠原慎平投手のプロフィール

生年月日 1990年 6月 13日 出身地 愛媛
投打 右投げ 左打ち ポジション 投手
ドラフト 2014年 育成ドラフト 1位 支度金 100万円
経歴 今治精華高ー四国ILplus・愛媛ー四国ILplus・香川

篠原投手のNPB入り前の主な成績

小学2年で軟式野球を始め、中学時代は川之江ボーイズに所属していました。

中学を卒業し愛媛県立川之江高等学校に入学しました。

篠原投手は1年夏に県大会4強、1年秋に四国大会8強、2年夏に県大会4強を経験しています。

ですが野球部では篠原投手が関わっていたのかは不明ですが、日常的に下級生への暴行が行われていたことが問題となり、野球部を退部してしまいます。

上級生のメンバーは退学、または退部をしてしまったようです。

篠原投手も同じく、退部と同時に高校も中退と追い込まれてしまいました。

しかし、野球への思いを断ち切れず、独立リーグ・四国・九州アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)の愛媛マンダリンパイレーツに2008年に入団再び野球をすることが出来るようになりました。

独立リーグ愛媛マンダリンパイレーツ時代

愛媛マンダリンパイレーツ入団後は、1年目から公式戦に出場しています

今治精華高等学校通信制課程松山校に通いながら19試合64.1回をこなし、4勝3敗、防御率3.36というまずまずの成績をのこしました。

2年目は体幹の弱さやスタミナに課題を残し、2勝6敗、防御率6.31と低迷。

3年目の2010年はNPB二軍との交流戦2試合に先発起用され、2月27日の阪神タイガース二軍戦で3回2安打無失点と好投しました。

4月24日の福岡ソフトバンクホークス二軍戦では初回に失点するも、2・3回を無失点に抑え逆転勝利に貢献し、NPBスカウトから注目を浴びるきっかけを作り出ました。

5月3日の徳島インディゴソックス戦では最速146キロを記録し、NPBスカウトの前で完封勝利を収めています。

そして肩を痛めてしまい、関節唇断裂と診断されます

NPBとの対戦やスカウトの前で良いピッチングを続けていただけにショックは大きかったのではないでしょうか?

2010年のオフに手術に踏み切ることにしました。

このときまだ二十歳、

なかなか勇気の要る判断だったと思います。

回復は長引いてしまい、その後2年間は公式戦には登板出来ずにシーズンを過ごすことになりました。

2012年は開幕日に自由契約選手の公示を受け、そのシーズンは練習生として過ごすことになります。

長く苦しいリハビリをこなしましたが結果がでず、シーズン終了後に愛媛を退団することにしました。

独立リーグ香川オリーブガイナーズ時代

引用:https://search.yahoo.co.jp

篠原投手は現役続行を賭け、2012年オフにトライアウトを受験します。

トライアウトに参加する選手というのは総じて練習不足です。

これは仕方の無いことなんです、ですが言い訳は出来ません。

さらに、時期も冬ということでかなり厳しい環境の中でなんと、140キロを出し、香川オリーブガイナーズに練習生として入団することになりました。

この時期に140キロはなかなか出るものではないです。

そして入団してすぐ、香川オリーブガイナーズに支配下登録されました。

2013年シーズンは3勝6敗、78.2回、防御率4.12という結果で、少し課題が残るシーズンでした。

そして、シーズン終了後の12月に期間満了で選手契約を解除され、再び練習生となってしまいました。

練習生となってしまい、2013年シーズン終了時には引退も考えていたそうですが、チームメイトからの説得もあり現役を続行することにします。

それから約半年後の2014年4月10日に再度支配下選手登録されリーグ戦に出場を果たします。

2014年のシーズンは、主に抑えとして活躍していました。

もともと先発ピッチャーでしたが、この配置転換には肩をかばわずに投げさせるという意図も含まれていたそうで、それが結果的に功を奏して球速が回復し、最高153キロを記録するまでになりました。

というのも抑え投手というポジションは先発と違ってイニングが短い分最初から全力で投げることが出来るポジションなのです。

なので、思いっきり投げることに集中できます。

これが狙いだったのでは無いでしょうか?

このシーズンは6勝5敗10セーブ、防御率3.03の成績でした。

そして、紆余曲折はあったのですが、2014年のNPB育成ドラフト会議で、読売ジャイアンツから1巡目で指名されました。

スポンサーリンク

プロ入り後の成績

2016年には、イースタン・リーグ公式戦16試合に登板して2勝0敗1セーブ、防御率1.71という好成績を残しました。

NPBに行って安定感が出てきたようですね。

秋季キャンプ後には、台湾のアジア・ウィンター・リーグに参加し通算で13イニングを投げ、リーグトップの20奪三振を記録しました。

2017年には、オープン戦の途中に二軍から一軍へ昇格を果たし、2試合の登板ながら無失点と良いピッチングをしていますね。

イースタン・リーグ公式戦でも、開幕から9試合の登板で1セーブを挙げるとともに、無失点を続けます。

先日の19日、ヤクルト戦で、先発投手の高木勇人投手が2回裏の打席で負傷したことによる緊急登板であったのですが、3イニングを無失点で凌ぐ好投の末に、一軍公式戦初勝利を挙げることができました。

NPBの球団に育成選手として入団した投手が、支配下選手登録を経て一軍公式戦初登板で初勝利を挙げた事例は、外国人投手を含めても史上初の快挙です!

篠原投手の特徴

憧れの投手は、福岡ソフトバンクホークスの斉藤和巳投手のようですね。

過去に同じ手術をした投手ですが斉藤投手を上回る活躍を期待したいですね。

篠原投手はワインドアップから投げ下ろす最速153キロの角度の付いたストレートとスライダー、フォーク、カーブが持ち球です。

大柄な体格ながら牽制、フィールディングにもうまく、遠投はなんと124m!

50mも5.8秒で走る高い身体能力を持っています。

引用:https://search.yahoo.co.jp

篠原投手の高校中退理由とは?本当に素行は悪いのか?

自分は篠原投手は不祥事には関わって居ないのではないか?と思っています。

巨人は過去にも不祥事があった場合、マスコミの格好の餌食となってしまい、そもそも素行の悪い選手を巨人が取らないと思います。

インタビューの受け答えを見ている限りでは、自分は好感すら持った良い選手だと思います。

現役を続けるか悩んでいる際に、チームメイトの説得を受け入れる素直を持ち合わせているところも好感が持てますね。

巨人篠原慎平はなぜ高校を中退?素行が悪く不祥事を起こした?真相は?まとめ

このように、こんな好青年なので、同級生が問題を起こし、立て続けに部を去っていく姿を見て、何か責任を感じての退学だったのではないでしょうか?

そのほかの見方としては、不祥事が明るみに出たのは、篠原投手が2年生のときなので、対外試合禁止処分を受け、夏の大会に出れないから、退学したという見方もあります。

真相は今のところ分かっては居ないですが、

不祥事に肩の大怪我、度重なる、練習生への降格、そんな試練を乗り越えてきた篠原投手を自分は素直に応援したいと思います。

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

巨人関連記事

プロ野球開幕!2017順位予想~セリーグ編~2017年セ界を制すのはここ!

巨人・読売ジャイアンツ2017開幕スタメンオーダー先発ローテ予想!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする