オリックス安達了一の成績と年俸!難病を乗り越えた守備職人の行く末は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

オリックス安達了一成績と年俸!難病を乗り越えた守備職人の行く末は?

引用:https://search.yahoo.co.jp

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

今回は、オリックス安達選手についてご紹介していきたいと思います。

足立選手といえば、目立たないながらもかなり守備の上手い選手として有名ですね。

そして、安達選手は難病である、潰瘍性大腸炎という病気を患っているにも関わらず、

うまく病気と付き合いながらも一軍の舞台で活躍し続けています。

そんな安達選手を今回はご紹介していきたいと思います。

まずはプロフィールから!

それではご覧ください!

スポンサーリンク

オリックス安達了一プロフィール

生年月日 1988年 1月 7日 出身地 群馬
投打 右投げ 右打ち ポジション 内野手
ドラフト 2011年 ドラフト 1位 契約金 1億円
経歴 榛名高ー上武大ー東芝

名前の読み方は「りょういち」です。

大学生からはうらやましいほどの、野球エリートコースを歩んでいますね。

安達了一オリックスの年俸推移

年俸(推定) チーム 背番号
2017年 6600万円 オリックス 3
2016年 6300万円 オリックス 3
2015年 6000万円 オリックス 3
2014年 3200万円 オリックス 3
2013年 1500万円 オリックス 3
2012年 1500万円 オリックス 3

年俸を見る限り、安達選手は順調に成長をしているようですね。

オリックス安達了一の1軍での成績

打率 打数 安打 打点 本塁打 二塁打 三塁打 四球 死球 三振 盗塁
2016年 0.273 403 110 34 1 15 1 42 4 53 6
2015年 0.239 506 121 55 11 16 3 48 6 68 16
2014年 0.259 486 126 50 8 13 5 58 8 79 29
2013年 0.235 395 93 30 5 13 2 27 9 80 16
2012年 0.159 88 14 4 0 5 0 7 0 23 2

アマチュア時代には走攻守と3拍子揃った選手でしたが、現在はモデルチェンジして、足と守備でチームに貢献していますね。

安達選手のアマチュア時代の球歴

引用:https://search.yahoo.co.jp

安達選手の野球人生の始まりは意外にもソフトボールからはじまりました。

そして、野球は高崎市立第一中学校入学後に軟式野球を始めます。

中学時代の最高成績は県大会ベスト8でした。

高校は群馬にある、立榛名高校に入学します。

高校時代は、1年生からサードのレギュラーとして活躍しています。

2年時の秋から主将を任され、本格的にショートに専念をするようになります。

3年時の夏は、群馬大会4回戦で敗退という結果でした。

高校卒業後は、関甲新学生野球連盟の名門、上武大学に進学します。

1,2、年次は目立った成績は残していませんが、3年時の秋に打率.394と最高出塁率.535の好成績を残し、MVPとベストナインを受賞しブレイクします。

4年時からは、クリーンナップを務め、春のリーグ戦では、なんと首位打者(.425)、最多本塁打(4本塁打)、最多打点(17打点、リーグタイ記録)の三冠を達成します。

夏には大学日本代表候補強化合宿にも招集され、いよいよ安達選手の名前が全国区になってきます。

秋の第40回明治神宮野球大会では4番として準優勝に貢献しましたが、指名が確実といわれていたのですが、ドラフトでの指名はありませんでした。

大学卒業後は、社会人の名門、東芝に入社します。

安達選手は1年目の2010年からレギュラーに定着し活躍します。

第81回都市対抗野球大会では、1番・遊撃手として打率.391を記録し、優勝に貢献します。

アマチュア時代は走攻守と3拍子揃った選手として注目を集め、とうとうプロ入りを果たします。

スポンサーリンク

安達選手のプロ入り

安達選手はオリックからドラフト1位指名を受け入団を果たし、現在まで順調に成績を伸ばし活躍しています。

この年のドラフトでは当時東海大の菅野智之投手が巨人が指名を明言していたにも関わらず、日本ハムに強行で1位指名をされて入団を拒否したことで騒がれ、注目を集めた年でもありましたね。

背番号は社会人時代にもつけていた3番に決まり大きな期待がかかります。

安達選手、難病との闘い

プロ入り2年目からは開幕スタメンを果たすも1年を通じてのレギュラーとしての固定ではありませんでした。

その後はレギュラーとして活躍をしています。

しかし、2016年シーズン前の自主トレ中に安達選手は緊急入院をします。

この緊急入院は、潰瘍性大腸炎という原因不明の難病によるもので、特定疾病とされているものです。

この潰瘍性大腸炎は、安倍総理もわずらっている病気でもあり、総理を辞任するほどの病気なのです。

安達選手はこの病気のため、春季キャンプには参加できず開幕1軍を果たすことが出来ませんでした。

順調に活躍してきただけに、安達選手も相当辛かったであろうと想像できます。

ところが、なんと4月上旬には復活を果たします!

病気を克服できたわけでは無いのですが、闘病しながらの活躍に胸が熱くなりました。

病気と向き合って体調管理に今まで以上に注意を払っていることでしょう。

安達選手がすごいなと思ったのは、野球に対する執念もさておきながら、

病気と向き合い、7月には自身初の月間MVPを受賞してしまうところですね。

月間安打数30と打率.380という好成績を残します。

ただ夏場の8月に入って疲れがでてきてしまい、体調不良によりスタメン落ちする日が続きました。

引用:https://search.yahoo.co.jp

オリックス安達了一の成績と年俸!難病を乗り越えた守備職人の行く末は?まとめ

安達選手の病気は本来なら充分な休養が必要だと思います。

しかし、プロ野球選手という職業である以上、出場しなければ評価を得ることができません。

自分自身が活躍することによって、同じ潰瘍性大腸炎と闘っている人たちに自分が頑張っている姿を見せたいという気持ちが強いのです。

でも「野球が続けられるのか分からない状況」だったことは事実なので決して、無理をしてほしくないというのがファンとしての率直な気持ちですね。

潰瘍性大腸炎は完治しない状況も十分にありえるそうなので、とても心配ですね。

でも闘病中でありながらこの成績は素晴らしいです。

オリックスが優勝する為には欠かせない存在となった安達選手には是非日本を代表する選手として今後も活躍を期待しています。

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

オリックス関連記事

オリックス金子千尋、髪型や私服、グローブの刺繍などなど、こだわりが凄い!

オリックス西勇輝の成績や年俸について、病気は大丈夫なのか?

オリックス山岡泰輔ダルビッシュお墨付きのスライダーがエグい!

オリックスバファローズ2017開幕スタメン開幕投手、開幕先発ローテについて!

プロ野球開幕!2017順位予想~パリーグ編~2017年の優勝はどこ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする