草野球でホームランを打つために平日に練習をして試合に臨んだ結果は?草野球活動報告!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

草野球でホームランを打つために平日に練習をして試合に臨んだ結果は?草野球活動報告!

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

先週の日曜日に、草野球のリーグ戦がありました!

先々週に試合で、大きなファールをポール際に放つも、惜しくもファールとなってしまいホームランは打てずでした。

草野球活動報告!3年ぶりにフル出場してみた結果!体のあちこちが筋肉痛…

先週は平日、仕事が終わってからバッティングセンターに通うなどして、体を動かし続けました。

バッティングセンターに先週は1万円ぐらい使いました。笑

それではご覧ください!

スポンサーリンク

草野球の試合結果

まずは試合結果からです、

先週の日曜日の対戦相手は企業チーム。

さすが、良いピッチャーがそろっておりなかなかうちのチームは打てませんでした。

試合結果は1対0で敗戦でした。

この敗戦で、前期リーグ戦で8チーム中3位が確定しました。

次は中期、秋ごろに後期という感じで1年間試合を行うようです。

次は優勝するぞ!

個人結果

ホームランを打つ!と息巻いて球場入りするも、なんと予備のユニフォームが無いといわれます。

自分は新入りなので、ユニフォームはまだ作っている段階だそうで、もらっていませんでした。

なのでこの日は1日中ベンチです。

試合には出ることが出来ませんでした…笑

やっぱり試合に出ないと面白く無いですねー。

スポンサーリンク

ホームランを打つために、平日に行ったこと

最近、仕事が終わってから体を動かすようになりました。

仕事終わりのしんどい中で、体を動かす原動力は、ホームランを打ちたい。

ただそれだけです。

先週の平日はひたすらバッティングセンターに通い、打ち込む毎日でした。

その結果、軟式ボールを打つ感覚が分かってきて、硬式上がりの選手が軟式ボール特有の

インパクトの瞬間にボールがつぶれてしまう問題を解決することが出来ました。

まず軟式を始める選手は、打ち込んで、感覚を修正していく必要があるのではないかと感じました。

ただ、注意点があって、バッティングセンターで使用されるボールと、実際の草野球の公式戦で使われているボールは違うので、打球は多少違うと思ったほうがいいですね。

そして連日の打ち込みのおかげで、いつもバッティングセンターに持っていっていた木製バットが折れてしまいました。

軟式でも、木製バットは折れるんですね。笑

お疲れ様でした。

軟式ボールに慣れるために行ったこと

バッティングセンターに通って軟式ボールを打ち込むのと同様に、平日もキャッチボールをしました。

自分の職場は毎日17時30分には必ず業務が終わるので、それから野球経験のある同僚を誘って、近くの公園に行きキャッチボールを行いました。

それと、通勤中の車の中では、軟式ボールを握り、なるべくボールに触っている時間を作ります。

感覚が慣れてくるまでは、ひたすらボールに触れている時間を作るようにしました。

その結果、何とか感覚をつかむことが出来るようになり、ボールのコントロールが出来るようになってきました。

草野球でホームランを打つために平日に練習をして試合に臨んだ結果は?草野球活動報告!まとめ

平日も投げる、打つ。

バッティングセンター通いとキャッチボールをこなす。

これを徹底して行った結果、なんとかとりあえずのレベルですが、軟式ボールを投げたり打ったりする感覚が分かってきました。

やっぱり人間、新しい事をするときは量をこなさなければ、話にならないということですかね。

肩の痛みも最近は忘れたかのように出ていないので、ストレッチなどして怪我の無いようにしていきます。

怪我をしていた選手がボールを投げれるようになると、嬉しくなって、調子に乗ってまた怪我をするというパターンは非常に多いですね。

自分はすぐ調子に乗ってしまうのでその辺は気をつけたいと思います。

今週の日曜日は試合が無いので、練習をしたいと思います!

それでは次の試合では140キロ以上を投げることと、ホームランを打つことを目標に頑張りたいと思います。

そういえば、前沢力さんという方が軟式ボールでストレートが147キロを記録したそうです。

自分も負けないようにしっかり練習&トレーニングを頑張っていこうと思います!

それでは!

草野球関連記事

草野球を始めたい方必見!草野球チームの入り方や最初に持っていくものについて

草野球活動報告!3年ぶりにフル出場してみた結果!体のあちこちが筋肉痛…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする