由規(ヤクルト)2017年現在の成績は?怪我から復帰後巨人を相手に初勝利!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

由規(ヤクルト)2017年現在の成績は?怪我から復帰後巨人を相手に初勝利!

引用:https://search.yahoo.co.jp

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

先発投手陣が不調の中、元祖160キロ男、由規投手が今シーズン2度目の先発のマウンドとなった本日、見事今ジーズン初勝利を挙げることができました!

巨人戦に先発して、7回無失点の好投を披露してくれました。

この調子で由規投手がローテーションで安定した成績を残してくれたらヤクルトの順位も上がっていくのでは無いでしょうか?

由規投手が巨人を相手に勝つのはなんと6年ぶりだそうです!

日数にして2083日ぶりの勝利となりました。

そんな由規投手は右肩の怪我により、長く1軍を離れていて、さらに育成選手としての契約となった時期も有りました。

今日はそんな由規投手の長年怪我やリハビリなど、地道に努力を続けたことが実った一日になりましたね。

スポンサーリンク

由規投手(東京ヤクルト)プロフィール

出身地 宮城県仙台市
生年月日 1989年12月5日
身長
体重
179 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2008年8月30日
年俸 1,500万円(2017年)
経歴
  • 仙台育英学園高等学校
  • 東京ヤクルトスワローズ

由規(東京ヤクルト)現在の成績は?2017年版

所属球団



















2008 東京ヤクルト 6 2 1 0 0 0 0 0 0 .667 118 29 .2 21 4 8 2 28 3 0 16 15 4.55
2009 東京ヤクルト 22 5 10 0 0 0 0 0 0 .333 520 121 109 9 57 5 91 5 0 61 47 3.50
2010 東京ヤクルト 25 12 9 0 0 0 2 1 0 .571 724 167 .2 158 11 74 8 149 8 0 78 67 3.60
2011 東京ヤクルト 15 7 6 0 0 0 3 1 0 .538 425 100 .2 84 6 41 8 83 5 0 34 32 2.86
2016 東京ヤクルト 5 2 3 0 0 0 0 0 0 .400 120 25 .2 26 1 20 1 18 2 0 16 13 4.56
2017 東京ヤクルト 1 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 17 3 .1 6 0 2 0 4 0 0 3 3 8.10
通 算 74 28 30 0 0 0 5 2 0 .483 1924 448 404 31 202 24 373 23 0 208 177 3.56

由規投手怪我から復帰し、初勝利!

引用:https://search.yahoo.co.jp

いやー。

長かったですね。

やっと由規投手が1軍で活躍しているところをみれましたね。

本日の相手は巨人との試合。

前回の登板では由規投手は良い結果を残すことは出来ませんでしたが、今回は7回を投げて無失点という好投を見せてくれましたね。

巨人相手に由規投手が勝つのは2038日ぶりだそうですね。

ていうか、今後由規投手が、登板するにつれて、〇〇日ぶりの〇〇!なんてニュースがたくさん出てきそうですね。

それはそれで由規投手が注目されて、みてもらえるので、良いとは思うのですが、中にはそんなに珍しがらなくても…というようなことも出てきそうですね。

例えば〇〇〇日ぶりの送りバント!

とか

〇〇〇日ぶりの安打を記録!とか。

それって必要か?とも思うのですが、いざ〇〇日ぶりとか言われると、

あーそうなんだ。年取ったなー

なんて思うそうで少し嫌ですね。笑

スポンサーリンク

肝心のピッチング内容は?

立ち上がりから3回までは打者9人のパーフェクトピッチング!

巨人打線を完璧に抑えます。

4回2与死球で招いた2死一、二塁のピンチも動じずマギー選手をスライダーでセンターフライに仕留め、まだノーヒット。

そして7回まで108球を投げきり、わずかに2安打に抑え勝利投手となりました。

この日のストレートは150キロ超え、直球とカーブ、スライダーの緩急を要所に織り交ぜ、的を絞らせない完璧なピッチングでした。

由規投手の怪我と復帰、初勝利の道のりと球速推移

今回のピッチングは7回を投げて打たれたヒットはわずかに2本と前回の登板とはまったく違うピッチングを見せてくれましたね。

そんな由規投手を苦しめた、長い長い怪我との闘いはどんなものだったのでしょうか?

由規投手の怪我と復帰

由規投手怪我との戦いは、今からさかのぼる事6年前。

2011年の開幕からローテーションを守っていましたが、交流戦中にわき腹を痛めて離脱してしまいます。

その後も後遺症からか、9月に右肩の腱板損傷で再度離脱し、そのままシーズンを終えることになります。

2012年は4月に右肩の違和感を訴え2軍戦での登板を回避するなどして不調から、試合に出場する機会もあまりなくなります。

さらに5月には左すね剥離骨折も加わり、プロ入り後初の1軍登板ゼロに終わるシーズンとなりました。

2013年も右肩のクリーニング手術を受けリハビリなどに時間を費やし、実戦復帰はなりませんでした。

そして満を持して、2014年由規投手はやっと登板の機会に恵まれます。

イースタンの試合で792日ぶりに試合に登板し、故障明けながらストレートの最速は155キロを記録しますが1軍での登板を果たすことは出来ませんでした。

2015年には、オープン戦の開幕投手として、2月22日の対日本ハム戦に先発します。

オープン戦としては自身1069日振りの登板ながら、2回を無失点に抑えたほか、ストレートで最速151km/hを記録し復活の予感をさせます。

ですが、この年も2軍での調整が続き、4年連続で一軍公式戦への登板を果たせませんでした。

引用:https://search.yahoo.co.jp

そして2016年から育成選手として2軍で過ごすことになります。

しばらくして、7月5日に支配下登録選手へ復帰することになりました。

そして7月9日の対中日戦に先発投手として登板します。

一軍の公式戦では2011年9月3日の対巨人戦以来1771日振りの登板でした。

結果は6回途中6失点という内容で残念ながら敗戦投手になってしまいました。

しかし、7月24日の対中日戦で5回1/3を2失点に抑えると、巨人戦以来1786日振りの勝利を挙げました。

由規(ヤクルト)2017年現在の成績は?怪我から復帰後巨人を相手に初勝利!まとめ

由規投手は長い怪我との闘いを乗り越え、やっと勝つことができました。

現在は勝ったり負けたりとかそういったことよりも投げる喜びのほうが大きいのでは無いでしょうか?

6年という長い年月を経て由規投手には今までの分を取り戻す活躍を期待したいと思う反面、野球肩は一回なったら慢性化します。

なので、大事に首脳陣は由規投手を起用して欲しいと思います。

最終的に体に負担をかけるかけないの判断は由規投手本人次第になってくるので体のケアを怠らず、長く活躍できるピッチャーになって欲しいと願います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

由規(東京ヤクルト)関連記事

星知弥(ヤクルト)彼女の噂や成績、球種も分析!登場曲は意外なあの曲?

東京ヤクルト山田哲人3年連続トリプルスリーの可能性は?高確率で達成すると思う

東京ヤクルト2017開幕スタメンオーダー先発ローテはこれ!開幕戦はいつ?

プロ野球開幕!2017順位予想~セリーグ編~2017年セ界を制すのはここ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする