スピードガン買ったのでレビュー感想書きます。価格や使い方仕組み誤差やスペック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

最近、自分はピッチャーのノウハウ記事を書いていません。

なぜかといいますと、現在草野球プレーヤーとして軟式野球をプレーしていますが、そんな自分がノウハウを公開することに意味は有るのか?

と疑問に思うこともあります。

あとぶっちゃけ出し尽くした感は無いこともないです。

ちなみに、ノウハウ記事というのはこちら。

ピッチャーの為の球速アップまとめ、球速アップメソッド

変化球をより深く学ぶにあたって是非、見て欲しい記事まとめ

それと、仮に誰かの役に立っているとしても、じゃあ自分自身、自分のノウハウを100パーセント自分のピッチングに活かせているのかと聞かれたら、それも疑問です。

しかも出来もしないやつが、ノウハウを語るなんて不細工だと思うんですよね。

そこで、自分は草野球でもいいから、実際にプレーをしよう!

とおもって草野球を始めたわけなんですが、やっぱり気になるのは球速についてだとおもうんです。

なので、昨日はついにスピードガンを買いました!

それでは早速、自分はどんなスピードガンを購入したのか報告します!

スポンサーリンク

ブッシュネル、スピードスターV買いました!!!価格は?

今回迷いに迷って購入に至ったスピードガンはブッシュネル社製のスピードスターVという商品!

アマゾンで購入しました。

嫁さんに黙って買いました。

商品受け取りをコンビ二にすればよかったのですが、スピードガンが家に来たら絶対ばれると思ったので、打ち明けることにしました。

結果は怒られなかったので良かったです。笑

クロネコヤマトのお兄さんが持ってきてくれてついに我が家にスピードガンが届きました!

価格はなんと13000円!

安すぎじゃないですか!?

安すぎて機能に不安を感じてしまいます。

その不安を払拭すべく、いまからありとあらゆるものを測っていきたいと思います。

また測った結果を後日記事にしたいと思います!

スピードガンの使い方

とりあえず何か速度を測ろう!

と思い、嫁さんに日ごろの恨みを込めてこちらに何でもいいから何か投げてといいました。

まずは、開封します。

そうするとかんな感じのセットのなっています。

カバーやら、袋やら、説明書や保証書などが箱の中に入っていました。

電池は単2のアルカリ電池を推奨されていました。

電池は別売りです。

まずはスピードガンの電源を入れてみる

電源を入れる前に、まずは電池のセッティングから。

電池を入れるところはスピードガン本体を持つところの下の部分にありました。

ここです。

このオレンジの部分をひねるとこうなります。

穴が出現するので、ここに単二のアルカリ電池を入れます。

これでディスプレイ真ん中にある黄色いボタンを押せば、電源がつきます。

つきましたねー!

ちなみに電源のオフはこの真ん中にある黄色いボタンを3秒長押しします。

とりあえず、嫁さんに軟式ボールを布団に向って投げてもらったところ、43キロでした。

2メートルの距離でも測れました。

ちなみに、表示されたスピードの結果はトリガーを引くまでリセットされないみたいです。

ブッシュネル、スピードスターVの気になるスペックは?

測定可能速度

ボール:時速16キロ~177キロ

自動車:時速16キロ~322キロ

最低感知速度は16キロのようです。

速度感知可能な最大距離

ボール:27メートル

自動車:457メートル

ボールで27メートル感知できて、車が450メートルということは、測るものの大きさによって、感知の度合いが変わってくるということでしょうか?

最高精度

±1キロ(正面測定の場合)

角度がついた場合は±2キロかそれ以上のようです。

使用環境温度

5度~35度となっていて、夏場の炎天下の中での使用は控えたほうがよさそうですね。

スポンサーリンク

野球用スピードガンの価格や使い方、仕組みについて気になる誤差やスペックまとめ

今回は、スピードガンを買った報告でした。

次の記事では実際に測った結果を乗せたいと思います。

今回買ったスピードガンは持った感じそんなに大きくも無く、重たくもなく、良い感じのサイズ感でした。

ただ、測るときは審判目線か、ピッチャー後ろがいいかと思います。

初速か終速の問題はこのガンのボタンを押してレーダーが感知する27メートルの間で、一番早い速度を表示するみたいです。

なので、審判目線だから終速、ピッチャー後ろだから初速というわけではなさそうですね。

ちなみに球場のスタンドからの計測は出来ないようですね。

スカウトの人が持つようなスペックでは無いですね、このガンは。

というわけで今回はスピードガンについてのスペックなどのご紹介でした。

そして、ノウハウを語る以上、自分は出来とかなければいけないと思いました。

ちなみに、プチ自慢ですが、約3年間ほとんど運動せずに球速を測ったら130キロがでました。笑

結構凄くないですか?笑

そうとう落ちましたがこれから150キロを目指して精進します。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする