ブッシュネル社のガンで150キロプロジェクト始動!趣味で150キロ投げようかと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

野球で学んだ事を人生に活かす管理人の阿久津です。

先日スピードガンを購入したので早速いろんなものを測ってみました。

購入に至るまでの事や簡単な説明なんかを記事にしています。

良かったらこちらの記事をご参考にしてみてください。

スピードガン買ったのでレビュー感想書きます。価格や使い方仕組み誤差やスペック

購入したスピードガンはこちら!

ブッシュネル社のスピードスターVです。

まずは自分の球速を測る前にこのスピードガンの性能を確認するために車のスピードを測ってみました。

スポンサーリンク

ブッシュネル スピードスターVは正確な測定が出来るガンなのか?

まずは、そこらへんで走っている車のスピードを測ります。

天候は晴れ!

なんともスピードガン日和の1日でした。

近くの幹線道路まで徒歩で行き、車を運転しているドライバーにはばれないように、かつなるべく直線にポジションを保てるような場所を探します。

良い感じの場所を確保し、早速、測定をします。

その結果、大体の車が60キロから70キロぐらいのスピードで走行していることが分かりました。

車のスピードに関してはまあまあ正確な数値が出ているのではないでしょうか?

それよりも、健全なドライバーの多いことに安心をしました。

それでは実際に今度は自分の球速を測定してみたいと思います。

スポンサーリンク

ブッシュネルスピードスターVで球速を測ってみる。

とその前に、さっきは車の速度を測ったのですが、必ずしも自分が測った速度と、車のスピードメーターが合っているとは限らない。

そんなことを思ったので、知人に依頼し、自分が運転した車の速度を測ってもらうことにしました。

直線で市道を45キロの速さで走行し、速度を測ってもらいます。

その結果、スピードガンの表示のほうも45キロと表示されていたので、ガンの表示の信頼度は上がりました。

それではいよいよ自分の球速を測ってみます。

最高球速はいかに!?ガチンコピッチングの結果は?

まずは、知人に球速の測り方を指導するところから。

トリガーを引くとレーダーが射出されてその間に感知した移動物体の最高速度を表示するので、測り方はトリガーを引き物体に方向を向けるといたってシンプル。

それでは、測定開始です。

知人には測定の練習がてら、キャッチボールのタイミングから測ってもらいます。

キャッチボールでは100キロとか、105キロとかが多かったですね。

それでは18メートル離れたところから、全力で投げていきたいと思います。

球速を測ってみた結果、なんともいえない微妙な結果に…

マウンドは平地。そしてプレートは無し。

体調は風邪気味。

格好は動きやすい格好。

そしてもちろんスパイク装備。

ファイテンのネックレスも装備。

キャッチャーにはキャッチングに専念してもらう為、もう1人の知人に測定をお願いしました。

ではここまで、さんざん引っ張ってきましたが、結果を発表したいと思います。

ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。

球速は…

マックスが126キロでした。

んー、超微妙。

そして地味に悔しい…

いや!かなり悔しい!

150キロプロジェクト始動!趣味で150キロ投げようかと思う。まとめ

今回球速を測定したところ、126キロという超微妙な結果になりました。

この数値が正確か正確じゃないかはさておき、超微妙な球速でした。

まあ、車を測定した結果で、信頼性があると判断した以上、球速の数値にもつべこべ言わずに納得すべきかなとおもいました。

まあバッティングセンターで測った速度は130キロでした。

そして今回の測定では風邪を引いていた中での測定だったので、ほぼほぼ正確な数値が出ているのではないでしょうか?

と言い訳をしつつ性能をアピールしておきます。

スピードガンも購入できたことだし、ここで、150キロプロジェクトとなるものを企画したいと思います!

ルールは簡単、150キロ投げるだけ。

今年27歳を迎えるおっさん頑張りますよ。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

ブッシュネル社のガンで150キロプロジェクト始動!趣味で150キロ投げようかと思う。関連記事

野球道具のあれこれまとめ

おすすめの野球道具について記事にしています。

怪我を防止するアイテムや、気になる野球道具の情報をまとめています。

良かったらご覧ください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする