社会人クラブチームのピッチャーが変化球のコントロールを良くする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんにちは!

阿久津です!

最近ブログの更新をサボっていますw

というのも、壁当てが楽しすぎて、あんまりブログに時間を割けなくなってきています。

肩や肘の疲労も溜まってきたので今後は、疲れを抜きつつ、ブログももう少ししっかり書いていこうかと思います。

話は変わって、ブログの記事を書くときには必ずタイピングを行うのですが、意外にもこのタイピングが指先を動かすトレーニングになっている気がします。

キーボードに文字を打つときは指を不規則に、なおかついろんな指を使えるので良いトレーニングになっているのでは無いかと思っています。

桑田投手もピアノをトレーニングの一環として行なっていたようですので、タイピングもトレーニングになるのではないでしょうか?

さて今回の記事は、ノウハウ記事を久々に書いていきます。

先日お問い合わせにて、質問をいただきました。

今回はその質問に答えていくという形になります。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

今回の質問内容

突然のご連絡失礼します。

私は現在社会人硬式野球クラブチームに所属をしています。

変化球でストライクが取れなくて悩んでいます。 勝手にカウントを悪くして、苦し紛れにストレートを投げて打たれてしまうパターンが非常に多いです。 ストレートの球速がある訳でもないので、変化球でストライクが取れないと全くピッチングになりません。

どのようにすれば変化球のコントロールが良くなるでしょうか?

今投げてるボールは
ストレート、カーブ、チェンジアップ、スライダーです。

特にカーブとスライダーでカウントを取れるようになりたいです。

長々と申し訳ありません。

ご返信よろしくお願い致します。

以上が今回ご質問をいただいた内容です。

社会人クラブチームの環境を加味してのピッチング練習方法

変化球でカウントが取れずにストレートが打たれる。

実際にピッチングしている姿を見たわけでは無いので、フォーム等のアドバイスは出来ないのですが、解決策として大まかに予想できるのは感覚の問題だと思います。

これにはいろんな意味が含まれて居ます。

バッターに投げる感覚であったり、指先の感覚であったり。

まあ、フォームのことをアドバイスできない時点で感覚的なことしか言えなくなってきてしまうんですけどねw

この方は現在社会人のクラブチームの所属しているということなので、一般的なクラブチームの活動を想定してのご回答とさせていただきたいと思います。

  • 仕事との両立がかなり大変。
  • 平日はなかなかピッチング練習が出来ない。
  • できる練習はシャドーピッチングやジムでのトレーニングやランメニューが中心。

以上が一般的なクラブチームの環境では無いでしょうか?

少年野球やボーイズリーグやシニアリーグのピッチャーと似たような環境になると思います。

さらに言えばシーズンオフの独立リーガーなんかも基本的には自主練習が主になってきます。

特にピッチャーの場合はやれることはだいぶ限られているのでは無いでしょうか?

変化球でカウントを取れないとなると、ストレートを狙い打たれる。

失点パターンの王道ですよね。

そして、試合になったら、すぐにコントロールを修正するのはなかなか難しいので、試合までにどれだけ準備をしてきたかがカギになって来るかと思います。

それでは解決策を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

普段の生活の中でボールを触っている時間を設ける

クラブチームのピッチャーは普段はトレーニングやシャドーピッチングをしている中で、フォームの面と体力の面ではレベルアップしていっていると思います。

鍛えた体をフォームとして定着させる作業が出来ていても、指先でボールをリリースする感覚を養う練習をしておかないと、体格は良くてフォームも問題ないのに、ボールに力が無かったり、コントロールが悪くなってしまうことも有ります。

体格、フォームはレベルアップしているのに対して感覚が置き去りになっているのです。

普段、投げることが出来るなら問題ないのですが、学生時代の部活とは違い、ピッチングを受けてくれるメンバーがそこらへんに居るわけではないので、ボールをリリースする感覚というのは鍛えにくくなってしまいます。

というわけで、ボールを普段の私生活から触っておいたり、ボールをはじいてリリースする感覚を再現してみたりしましょう。

天井に向って投げたりしたらいいかと思います。

その際に変化球の握りで行なうのも良いでしょう。

簡単なことですが大事なことです。

次ページ 練習中や試合中での対策
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする