草野球助っ人登板!ストレートのみで完封する投球術をお伝えします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんばんは!

昨日の日曜日は久々の日曜休みだったので草野球の助っ人をしてきました。

今回のピッチング内容を振り返ってみて真っ直ぐ一本で完封できた要因を探ります。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

軟式転向後初の実戦のマウンドへ

実は今回の試合は軟式転向後初登板でした。

朝、球場に集合していきなり先発いける?

と聞かれ、3イニングぐらいならとか結構控えめに答えたんですが、まさか完投させられました。

どうやら大会だったようで、前の試合が長引き、球場になかなか入れないなかスタンドでボケーっとしてました。

試合が終わり、球場にはいるとブルペンでのピッチング練習も時間が無いため全然できず、試合が始まります。

後攻だったので、なんとかブルペンでの時間を確保できたものの、攻撃が3人で終わってしまい10球ぐらい投げてチェンジになってしまいました。

初回はアップも含め全球真っ直ぐで。

3割ぐらいの気持ちで何とか抑えました。

試合中に考えていたこと

回も進み、3回ぐらいまでヒットも打たれず、フォアボールも無し。

完璧なピッチングを思いのほか展開します。

この辺りから、だんだん肩もあったまってきました。

そして全球ストレート継続中です。

4回になりやっとヒットを打たれました。

ですが、そのランナーもけん制で一撃でアウトでした。

思いのほか緊迫した試合に

あいてのピッチャーは変則的な投げ方をして来るピッチャーで、なかなか捉えることが出来ませんでした。

そして試合は7回に突入します。

どうやら草野球は7イニング制のようです。

点を取れないまま、7回の守備につきます。

点を取られたらサヨナラ負けです。

それだけはマジで勘弁して欲しい。

7回も真っ直ぐ一本で抑えました。

引き分けかーなんて思っていたら、8回が始まりました。

えーまだ投げんの?

3年ぶりぐらいの試合での登板はかなり体にこたえていました。

1点ぐらい取れや!!

なんておもっていました。

期待とは裏腹に、8回も無失点。

9回からはタイブレークです。

1アウトランナー2,3塁から始まり、バッターは自分です。

相手ピッチャーは球に力が無い変則ピッチャー

そして、状況はワンヒットで2点取れる場面。

内野手は超前進守備。

ここはピッチャー力が入る場面。

狙い球は一つ。

次ページ 延長タイブレークまでもつれ込んだ試合の結果はいかに?
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする