上原浩治(カブス)ストレートでなぜ空振りが取れるのか?球種に秘密があるかも知れない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんばんは。

阿久津です。

今回は上原投手がなぜメジャーのバッターからあれだけの空振りが取れるのかを考えてみたいと思います。

上原投手の平均球速は140キロ出るか出ないか。

中には130キロ後半のストレートでも空振りを取れているケースもありますね。

そんなお化けストレートに今回は迫ってみたいと思います。

詳しくは記事本文で語りたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

上原投手のストレートはベース手前でジャンプする!?

引用:https://search.yahoo.co.jp

なんと、上原投手のストレートはベース手前でジャンプしているそうです。

メジャーのバッターが皆口をそろえて、ストレートの伸びに注目している中であるバッターがこういったそうです。

それだけ、バッター目線から見たら伸びているということでしょう。

ただ、伸びがあるだけでは長年ストレートのみを売りにしてメジャーで活躍するのは難しいと思いますが、上原投手はもうメジャーではベテラン選手の領域に差し掛かっています。

これは、ストレートの伸びももちろんですが、何か他の要因もあるのではないでしょうか?

上原投手の投球スピードが他のピッチャーに比べると短い

スポンサーリンク

これは、投球間隔のことではなく、フォームの始動からフィニッシュにかかる時間が短いということですね。

無駄な動作が無く、スムーズに体を動かしたいという意図が伝わってくるフォームですね。

投球フォームが速いということは、バッターが予想していたボールが通過してくる地点よりも、早くボールが到達するように見えるので、いくらメジャーのバッターとはいえだいぶ差し込まれていますね。

このように、球速に自信のないピッチャーは投球フォームの緩急を用いてバッターを打ち取る手段とするのは非常に有効ということですね。

自分も投球フォームにはなるべく緩急をつけるようにしています。

ゆったり投げたり、すばやく投げたりとしています。

すばやく投げる際にはフォームを早くすることだけに集中しすぎるとボールが弱くなってしまうので、なかなか難しいです。

ですが練習していけば球速を上げるより簡単バッターに対して速さを感じさせることが出来るとおもいます。

上原投手の球種にはスプリットがあることがストレートで空振りと取れる要因の一つ

上原投手が良く投げている変化球といえばスプリットですね。

しかも、上原投手はスプリットをシンカー気味に落としたり、スライドさせながら落としたりとし、ボールを動かすのが上手なピッチャーです。

そして、スライダーに加え、たまにカーブも投げますね。

上原投手の投球の割合を見てみると、45%がストレートで45%がスプリット残りの10%がカーブやスライダーという結果が出ています。

この割合だと、バッターは落ちるボールか、ストレートに狙いを絞ります。

落ちるボールがあるって意識させるだけで、バッターにはストレートに対して伸びを錯覚させることが出来ます。

バッターにどれだけ、落ちるボールを意識させることが出来るかが上原投手が結果を出しつつけるカギだと思います。

落ちるボールもさることながら、ストレートの回転数が毎分2500回転もしている

この数字が多いか少ないか、いまいちピンと来ないかも知れませんが、一応メジャーのピッチャーの毎分のストレートの回転数の平均が2200回転です。

ということは上原投手のストレートの回転数はメジャーでもトップクラスで多いということです。

上原投手の回転数を上げるトレーニングが知りたいですね。

どうやってそんなにボールに回転をかけることが出来るのか?

上原浩治(カブス)ストレートでなぜ空振りが取れるのか?球種に秘密があるかも知れない

上原投手がストレートで空振りが取れる理由には

落ちるボールがある

投球フォームが速い

ストレートの回転数が多い

ということが分かりました。

また、上原投手はコントロールも非常にいいですね。

ベース上で勝負が出来るという心の余裕から、安定したコントロールの要因になっているのではないでしょうか?

落ちるボールを身に付けたり、投球フォームを意識的にすばやくすることは練習次第では出来そうな気がするのですが、ボールの回転数を毎分2500回転にまで上げる方法を知りたいです。

これはなかなか練習しても出来なさそうですね。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

では。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする