壁当てできる公園を簡単に探す方法!軟式野球の投手にとって最高の練習について語る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

前のページでは、どうやって壁当てスポットを探し出したのかと言うことを中心にお話しました。

探すコツとしては

・ひたすら足を使って探す。

・時には車を使ってちょっと離れたところに行く。

・ググる。

と言うことをお話させていただきましたね。

ここからは、壁当てポイントを探したときに、気付いたことや、気をつけたいことなんかを中心にお話していきたいとおもいます。

それでは見ていきましょう!

スポンサーリンク

野球ではなくテニスの壁当てスポットが検索結果に表示される

検索して気付いたのですが、テニスの壁当てスポットが結構表示されます。

ですが、テニスで壁当てが出来るなら軟式野球でも壁当てが出来ます。

テニスの壁当てスポットの場合、地面がコンクリートのところが多いかと思うのでボールの山が結構削れます。

削れてもあまり気にしないという方は攻めてみてもいいでしょう。

ちなみに自分は、どこの壁も空いていない場合の最終手段としてテニス用の壁を利用します。

壁当て出来る公園を調べるだけではなく実際に現地に行ってみましょう。

スポンサーリンク

調べたら実際に行ってみましょう。

実際に現場に行くことによって、家からの距離や実際に行ってみて感じることは非常に多いです。

案外会社から近いとか、思わぬ発見が出来たら、会社帰りに壁当てもできますし。

後はマウンドがあるのか?

勝手に入って良いのか?

公園には一応決まりがあります。

サッカー禁止や硬式野球禁止などスパイク禁止とか細かくルールが取り決められていることが多いです。

また使った後の整備もしなければ何かとめんどくさいです。

ここは使わせてもらっているという立場なので、整備もしっかりしておけば公園の管理人さんにも印象がいいと思います。

壁を見つけては球速アップに関してあれこれ考えながら、ちょっと変わったトレーニングをしています。笑

球速アップやパフォーマンスアップに関して記事にしています。

ご参考までにご覧ください。

球速アップの裏技!?ピッチングで重いボールと軽いボールを交互に投げる!

ピッチャーの為のストレートの球速アップまとめ、球速アップメソッド

壁当てできる公園を簡単に探す方法!軟式野球の投手にとって最高の練習について語る。まとめ

今回は最近はまっている壁当てについてでした。

昔は壁当てなんてその辺にあるブロック壁でやっていたのに近所に住んでいる方や通行人に対して気を使うようになるなんて良い大人になったものです。

よその家の敷地に入れてしまうなんてこんな年でしてしまうなんて恥ずかしいにも程があります。

なので、草野球プレーヤーの皆さんは壁当てするときは必ず、公園で堂々とやりましょう。

ところでこの記事を書き始めてからずっと気になっていたのですが、

「壁当て」なのか「壁打ち」なのかどっちなんでしょうか?

テニスが壁打ちで野球が壁当てですかね?

分かる方教えてください。

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それでは!

壁当てできる公園を簡単に探す方法!軟式野球の投手にとって最高の練習について語る。関連記事

ビヨンドマックスギガキング(ミズノ)発売日は?重さは?価格、評判をまとめました

野球道具のあれこれまとめ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする