田中将大(ヤンキース)2017年の成績は?マー君の評価がすこぶる悪い件について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

引用:https://search.yahoo.co.jp

こんにちは!

阿久津です。

今年は残念ながらマー君の成績がすこぶる悪いですね。

期待していただけに残念な気持ちになってしまいますが、ここは変わらずに応援したいと思います。

そこで、自分なりに何故田中投手が今年に入ってこんなに打たれるようになってしまったのか恐縮ながら考えてみたいと思います。

そもそもマー君自体の調子が悪いのか?

それともメジャーの各球団がマー君の弱点的な何かを見つけたのか?

それではご覧ください。

スポンサーリンク

田中将大(ヤンキース)2017年のここまでの成績

チーム 防御率 試合数 完投 完封 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁打 奪三振 与四球 与死球 暴投 ボーク 失点 自責点
2017 ヤンキース 6.34 14 1 1 5 7 0 76回 2/3 93 21 76 21 3 2 0 57 54

今シーズンのマー君の成績はこの表の通りです。

負け越しているものの、中には良いピッチングをしても勝利につながらなかった試合もあります。

イニングに対して、相変わらず三振は奪えているようなのでそれほどマー君自体に故障などの心配の必要が無いのかななんて思っています。

完封もしているので大丈夫ではないでしょうか?

そして、四死球もそこまで多い数字ではないかと思います。

過去のマー君の成績を見比べてみる

チーム 防御率 試合数 完投 完封 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁打 奪三振 与四球 与死球 暴投 ボーク 失点 自責点
2017 ヤンキース 6.34 14 1 1 5 7 0 76回 2/3 93 21 76 21 3 2 0 57 54
2016 ヤンキース 3.07 31 0 0 14 4 0 199回 2/3 179 22 165 36 3 7 0 75 68
2015 ヤンキース 3.51 24 1 0 12 7 0 154回 126 25 139 27 1 4 0 66 60
2014 ヤンキース 2.77 20 3 1 13 5 0 136回 1/3 123 15 141 21 4 4 0 47 42

この表を見ていただけるともうすでに、被本塁打が昨年の22本を越えようとしています。

他の数字はそんなに悪いわけではなさそうです。

失点の主な原因はホームランを打たれていることにあるのでしょう。

一発病ってやつですね。

ホームランを怖がって慎重にコースを攻めようと考えすぎた結果、昨年より、若干コントロールを乱している可能性が高いですね。

スポンサーリンク

マー君に対する海外メディアの反応

「土曜日の午後、アスレチックスが田中を相手にホームラン競争をした。ここのところ、各チームに(本塁打競争の)順番が回ってくる」(ニューヨーク・デーリーニューズ)

「ヤンキースは田中に連敗ストッパーになることを切望していた。そうはならなかった。彼が投げるのをやめさせることさえできていれば…」(同)

「マット・ホリデーとアーロン・ヒックスは土曜日プレーしなかった。田中がマウンドに上がらず、2人の間でベンチに座っていてくれたら、ヤンキースはもう少しマシだったはず」(ニューヨークポスト)

 「もしアーロン・ジャッジが来月のオールスター戦で本塁打競争に参加するのなら、彼にホームランを打たせ続ける誰かを遠くまで探しに行く必要はない。チームメートの田中が(打撃投手に)ピッタリだから」(ニューヨーク・タイムズ)

「今季は田中にとって悪夢のようなシーズンだ。予想を上回る出来のローテーション投手の中で、田中だけが弱点になっている」(NJドットコム)

なかなか嫌味ないじり方しますねー。

良い時は持ち上げますがちょっと悪くなったらすぐ言う。

どこの国もメディアの煽り方は一緒なんですかねー

本当にこいつらはマー君に全責任があると思っているのでしょうか?

それはすこし考え方が浅いと思います。

マー君の責任の度合い

ここまで叩かなくてもとは思いますが、これもエース級であるローテーションピッチャーの宿命なのでしょう。

自分は高校時代、打たれたらキャッチャーの責任と教えられ育ちました。

キャッチャーには申し訳なかったのですが、自分が打たれたら監督からキャッチャーに責任の追求の矛先が向いて居ました。

かなり理不尽だとは思いますが、まあ要求した球が打たれたらキャッチャーのリードミスではあるとは思うのですが、せめて半々だろなんておもっていました。

となると、マー君1人だけではなく、キャッチャーも一緒に叩かれるべきだと思います。

今年のヤンキースのキャッチャーはサンチェス選手か日系4世のヒガシオカ選手ですね。

この二人を叩いて欲しいとかではなく、マー君のリードの仕方を変えてあげたほうがいいかと思います。

田中将大(ヤンキース)2017年の成績は?マー君の評価がすこぶる悪い件についてまとめ

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

今年のマー君は調子自体はそんなに悪くはないと思うのですが、結果が出ていないという感じですね。

メジャーに来て4年目となると、各チームのバッターは慣れてきてしまったのでしょうか?

移籍をして他のリーグに行けばいまのままでも十分活躍できると思うのですが、今年はマー君の真価が問われるシーズンになりそうですね。

それでは今後も日本人として、マー君を応援していきたいと思います。

では!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする