井口資仁の引退試合の予定は?引退理由は?会見でも語られなかった今後の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんばんは!

阿久津です。

さて、先日ですが、千葉ロッテマリーンスの井口資仁選手から突然の引退発表がありました。

井口選手の日米で日本一、世界一を達成した華々しい野球人生にピリオドが打たれようとしています。

まあ井口選手の年齢的には近いうちいつかは訪れるであろう引退表明でしたが、あまりにも突然の引退発表でロッテファンの方々は驚いているのではないでしょうか?

自分は贔屓の球団は特になく、選手個人をフラットな目線で応援したいタイプですが、井口選手は出身高校が国学院久我山ということで、高校時代、良く練習試合をさせていただきお世話になった←高校の出身なので勝手ながら親近感をもっていましたw

いろんな意味でお世話になりました。いっぱい打たれました…

何回か試合をさせていただいたのですが強かったです。普通に。笑

今回井口選手が引退を発表したということで、現在低迷中のロッテに何か刺激になって欲しいところですね。

それでは今回は語られなかった本当の引退理由と引退後の進展について予想していきたいとおもいます。

詳しくは記事本文へ!

それではいきましょう!

スポンサーリンク

井口選手、衝撃の引退会見

引用:https://search.yahoo.co.jp

井口選手は昨年から引退の覚悟を決めて今年のシーズンに臨みました。

ですが、現在ロッテは今のところ、良い成績を残せていません。

井口選手は「これを起爆剤にして頑張りたい」と残り、70試合以上あるシーズンに向けて意気込みを語りました。

井口選手はここ2,3年、自分自身の引き際についていろいろ考えていたそうです。

高校野球や学生野球では、強制的に引退が迫ってきます。

ですが社会人や独立リーグ、プロ野球というのは自分の引き際は自分で決めないといけない側面があります。

中には解雇という形でチームを去る選手も居ますが、その後トライアウトなどを経て現役生活を続けるか続けないかは自分で決めることができます。

最終的な判断は所属したチームの判断になるのですが、気持ちの面としては、自分で責任を取る覚悟で現役をつづけます。

そして引き際を考えるというのは非常に寂しいものです。

生活の一部であった野球が出来なくなる寂しさやせつなさというのは本人が一番つらいところでしょう。

そんな井口選手ですが、引退後の生活はどうするのでしょうか?

井口選手の引退後の生活について

スポンサーリンク

井口選手は引退後どのようにして生活をしていくのでしょうか?

まあ、お金の面では井口選手ほどの高給取りの選手ならたくさん貯金はあると思うので、心配は無いでしょう。

お金の心配はないとして、何をして生計を立てていくか気になるところですね。

今後の目標として監督に就任することが一つの目標としてあるみたいなので、井口監督が見れるのもそう遠くないのではないでしょうか?

監督になる前に、コーチとして指導の経験をつんでコーチになる監督も過去にはたくさんいましたが、最近の監督を就任しているプロ球団の監督はいきなり監督に就任するケースも多くありますね。

巨人・高橋監督や阪神・金本監督しかり。

最近のケースとして、スポーツ番組のニュースキャスターを経て監督になるケースもありますね。

日ハム・栗山監督や、ソフトバンク・工藤監督がそうですね。

井口選手がどの進路をたどって監督に就任するのか今後が楽しみですね。

井口選手の引退試合の予定は?

まだシーズン終わっていないですが、引退試合がいつごろになるか予想したいと思います。

通常の引退試合だと、大体10月のホームゲームでの試合が引退試合となりますね。

残念ながら、優勝争いに加わらなかったと仮定して、予想できる日程は、

10月4日の楽天戦と10月5日の楽天戦ではないでしょうか?

この辺りの可能性が濃厚ではないかなと自分はにらんでいます。

まだ可能性の段階の話なので、そのつもりでご覧いただけたらとおもいます。

大体はこの辺りになるかと思います。大きく的は外してはいないかなと。

また、日程の発表があったらこちらの記事でもお伝えしたいとおもいます。

井口選手の監督はアリか?

井口選手の千葉ロッテ監督就任は多いにありでしょう。

また考えられる球団として、ソフトバンクが候補ではないでしょうか?

工藤監督の采配は今のところファンから支持はあまり無いようにも思いますし…

井口選手は人間的にもすばらしく、またトレーニングの知識も豊富で、選手としての実績や実力も十分すぎるぐらいにあります。

また、メジャー仕込みの技術もあります。

また、ロッテのオーナーの重光球団代表は青山学院大学出身ということで井口選手と同じ大学を卒業しており、監督候補になることは間違いないでしょう。

また伊東監督の来期の監督の続行もまだ未定なので、早ければ来期から即監督もあるのではないでしょうか?

引用:https://search.yahoo.co.jp

井口資仁の引退試合の予定は?引退理由は?会見でも語られなかった今後について

今年もまた、名選手が球界を去ろうとしています。

時の流れは残酷ですね。

井口選手にも当然ながら老いはあります。

ベテランの選手が引退を発表すると自分達も時間を大事に目標に向って頑張らなければいけないななんて勝手に危機感をもっています。

自分が若いころのスター選手の引退はなんとも寂しいですね。

年取ったなーとおもいます。

今回はこんな感じで終わりにしたいとおもいます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 正直全盛期を知らないので何とも言えませんが、アメリカでセカンドという位置で成功して帰ってきた日本人ですよね!監督やるならたぶんソフトバンクでしょうね。上位にはいますが采配が酷いという意見が僕のブログの読者からも多いのでぜひ、ソフトバンクでの監督の姿を見てみたいものです!

    • 阿久津(仮) より:

      コメントありがとうございます!
      全盛期の井口選手はなかなか渋くて好きでした。
      ソフトバンクは巨人と違って3軍の育成が上手くいっていますね。
      選手を育てる環境は12球団の中でもトップではないでしょうか。
      それゆえに監督の手腕云々抜きにして良い選手が出て来やすいですね。
      今の育成環境と井口選手の経験が上手く組み合わされば良い選手もたくさん出てさらに強くなりそうですね!