高校球児にお勧め激安プロテインです。部費から出して野球部全員で飲んで欲しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんばんは!

阿久津です。

最近実はパソコンのキーボードにコーヒーを少しこぼしてしまいました。

コーヒーをこぼした場所がキーボードの表面で深部まで、コーヒーが侵入しなかったのでキーボードを取り替えるだけで何とか済みました。

キーボードにコーヒーはパソコンにとったら買い替えなければいけないぐらいの死活問題となってくるのですが、今回は深部まで進入しなかったので助かりました。

しかしキーボードが打ちにくい…

なんせ、キーボードの堀が深すぎてストレスです。

余計に指先の筋肉が鍛えられます。

この負荷具合はブログ書いたらプロテインコースです。

そんなこんなでパソコン修理に少し時間を費やしてしまっていたので3日ぶりの更新です。

今回は自分が最近買った海外のプロテインについてお話したいと思います。

海外のプロテインってなんか不安だなと思う方や、海外からどうやってプロテインを買うの?

なんてことについて今回はお話したいと思います。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

オプチマム社のゴールドスタンダードホエイプロテインはコスパ最高のプロテインって知ってた?

最近思うんですけど、こういったサプリメントにもっと早く出会っていれば野球人生全然違っていたんだろうなー。

なんておもうんです。

まあ、後悔してもしょうがないんで、このブログで野球選手やアスリートにとってどれだけサプリメントが大事なのかを知ってもらえたら嬉しく思います。

ですが、プロテインは基本的にどのメーカーの商品も高いし、どの種類を選べばいいか分からない方も多くいらっしゃるかとおもいます。

自分もこのプロテインに出会うまでは、絶対お勧めできるプロテインは無かったし、そもそもプロテインの種類を把握していなかったです。

なにより知識が無さすぎた。

しかもプロテインは高いからという理由で、飲むのをケチっていた過去もあります。

猛省しています。

安くて容量がたくさん入っているプロテインって探せばあるもんなんですよねー

それがこのオプチマムのゴールドスタンダードホエイプロテインです。

なんせ安いんです!しかも高品質!

実際の品質表示も全て英語で記載されているので、どんな品質のプロテインか分からないかと思うのですが、またあとでご紹介させていただきたいと思います。

ちなみに味もいろいろあって自分はイチゴ味を選びました。

海外プロテインなのでがっつり味濃いのかと思いきや、結構さっぱりしていておいしいですよ!

まあ、そこは水や牛乳との兼ね合いもありますが自分は水ちょい多目が基本です。

オプチマムゴールドスタンダードの栄養成分表の内容

パッケージに記載されているのは、付属のスプーンで1杯(33g)を摂取した場合の成分です。

タンパク質は24gと日本の製品よりかは多く含まれていますね。

タンパク質の含有量が多いのも、ゴールドスタンダードのお勧めしている理由です。

さらにゴールドスタンダードは、いわゆるWPIというタンパク質含有量の多いタイプのプロテインになります。

国産の場合はたんぱく質がほとんど含まれていないものもあるので成分表は要チェックですね。

また、1杯あたりの表示なのか、100グラムあたりの表示なのかもしっかりチェックしましょう。

日本製のプロテインの多くがタンパク質含有量の少ないWPC製法なので、WPIのゴールドスタンダードは純度が違うので非常におすすめです。

カロリーは1杯あたり130カロリーとなっております。

脂質は1,5gと非常に低く、WPI製法の特徴といってもいいでしょう。

そして、余計な脂質や炭水化物がカットされているのもおすすめポイントです。

更にゴールドスタンダードの凄い点は、BCAAを5,5gとグルタミンを4gを含んでいる点です。

BCAAやグルタミンなどのアミノ酸も含んでいるプロテインで、この価格というのはコスパ良すぎです。

BCAAやグルタミンも普通にサプリメントとして市販されているので、買う必要が無くなるのでお財布にやさしいですね。

BCAAは必須アミノ酸、グルタミンは非必須アミノ酸で、BCAAはトレーニング後の筋肉の疲れを早く回復させてくれる役割を果たしてくれます。

ゴールドスタンダードのプロテインには最初からBCAAが多く含まれているので、プロテインを飲みながらBCAAも摂取出来るというのは大きなメリットですね。

スポンサーリンク

海外プロテインって実際どうやって買うの?

ではここまで海外プロテインの品質について語ってきましたが、ここでは購入方法についてご紹介したいと思います。

海外プロテインは普段町で見かけるスポーツ用品店や薬局では売っていません。

基本的にはネットで購入します。

ネットを介して海外のプロテイン屋さんに直接注文をする形になりますね。

中間マージンを設けていないので、安く購入できるのかもしれません。

ネットで購入となると、アマゾンや楽天での購入を想像するかと思いますが海外サプリメント専用のネットショップというものがあります。

それは「アイハーブ」というサイトです。

「アイハーブ」と検索し、サイトアプリをダウンロードし、無料会員登録をするとログインできるようになります。

検索はカタカナで大丈夫です。

そして、アイハーブのアプリの中にある検索窓に欲しいプロテインやサプリメントを日本語で入力するだけで商品が表示されます。

価格は円安などの経済指標によって上下するのですが、気にするレベルではないので心配はないです。

また、アイハーブで6000円以上購入すると送料が無料になるのもお勧めのポイントですね。

購入までの手順は日本語で行なってくれる点も安心ですね。

メールサポートもついているので、商品が今どの地域まで配送されているのか気になるときに簡単に調べることもできます。

アマゾンや楽天で買いたい場合は?

それは絶対にお勧めはしたくない購入方法なのですが、まずアマゾンや楽天など日本のネットショップではアイハーブの約2倍ほどの値段で売られています。

これだけでも、買う気が失せますね。

一応、アマゾンや楽天でもゴールドスタンダードプロテインの在庫はあるのですが、お勧めはしません。

アイハーブに登録して楽天やアマゾンの半分の値段で購入しましょう。

高校球児にお勧め激安プロテインです。部費から出して野球部全員で飲んで欲しいです。まとめ

今回は自分が普段飲んでいるお勧めのプロテインについてでした。

高校野球は特に練習量が多い高校がたくさんあります。

そんな高校球児にこそ高たんぱくのプロテインを飲んで欲しいと思います。

また、部費でプロテインを購入してマネージャーが作ってとかしている野球部も是非この記事を読んでくれたことをきっかけにして、アイハーブに登録して、野球部全員で飲んで欲しいと思います。

これだけ安かったら、お金を気にせず1日に何杯でも飲めますからねー。

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする