又吉克樹(中日)先発中継ぎどっちが成績が安定するのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんにちは!

阿久津です。

今回は中日ドラゴンズのピッチャー又吉投手につい記事を書いていきたいと思います。

先発と中継ぎ、どちらでも良いピッチングができる又吉投手についてなぜあんなに登板しても良いピッチングが続けられるのか気になったんでいろいろ考察をしていきたいと思います。

特に先日は4試合連続で登板するなど、あまり話題にはなっていませんが隠れた鉄腕ぶりを発揮しています。

なぜあんなに投げても壊れないのか?

他の投手は先発から中継ぎになったとたん調整に失敗して調子を崩す投手が多いなかで、安定感のあるピッチングをすることが出来るのでしょうか?

それではご覧ください!

スポンサーリンク

又吉投手は中継ぎのイメージが強い

引用:https://search.yahoo.co.jp

まずなんといっても又吉投手の強みとして、中継ぎで出てきた時の安定感ですね。

サイドスローからシュート気味に伸びていくストレートはインコースを突かれたバッターには驚異的なボールだと思います。

又吉投手のストレートの球速もコンスタントに140キロ前半から140中盤ぐらいまで出ています。

そこにシュート気味に食い込んでくるので右バッターは窮屈なバッティングになってしまいます。

ここが又吉投手の強みでは無いでしょうか?

バッティングカウントになってもストレートで押し切れるピッチングは見ていて気持ちがいいですね!

さらには変化球にシンカーやスライダーとホームベースを横いっぱいに使ったピッチングが上手いのでサイドスローのピッチャーの良いお手本になるのではないでしょうか?

又吉投手の中継ぎのイメージが強い理由には入団1年目に67試合に登板して防御率2,21というすばらしい結果を残していたからでしょう。

またイニングもイニングは80イニングほど投げておりその中で奪った三振は104個とルーキーながら良いピッチングをすることが出来ました。

又吉投手、先発登板0で迎えた今年のシーズン

スポンサーリンク

入団から3年間、先発登板0で今年のシーズンを迎えました。

そして2017年今年、初先発を迎えます。

独立リーグ時代は主に先発をしていた又吉投手。

又吉投手は試合への入りかたとか、どのタイミングでブルペンに入るのか?アップをどのタイミングで行なうのか?

などの試合の入り方は知っているとおもうので、先発でも十分通用するとおもいます。

実際、先発で登板した際にはいいピッチングをしていましたね。

又吉投手が先発に転向する中日ピッチャー陣のメリット

引用:https://search.yahoo.co.jp

又吉投手は中継ぎに居るからこそ又吉投手の変則的なピッチャーとしての存在感が出てくると思っていました。

ですが、逆に又吉投手を先発に持っていくことによって長いイニングを投げれるので、中継ぎが休めることはメリットですね。

そして安定感があるので計算して試合に臨めます。

次ページ 又吉投手は中日のピッチャー陣にとっては貴重
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする