シャドーピッチングの道具はタオルや棒やラケットいろいろあるけどバットがおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんにちは!

阿久津です!

今回はシャドーピッチングについて語りたいと思います。

シャドーピッチングの道具選びで迷っている方や、

普段タオルやテニスラケットやバドミントンのラケットなどでシャドーピッチングをしている方でちょっと飽きたな…

なんて感じている方にお勧めのものがあります。

それはバットでシャドーピッチングを行なうという方法です。

今回はシャドーピッチングの道具としてバットを選んだ理由やおすすめの理由、得られるであろう効果について記事にしていきたいと思います。

シャドーピッチングの道具でバットを選ぶ人はなかなか居ないのではないでしょうか?

中にはバットでシャドーピッチングを行なっているという方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は自分が最近壁当てと同時に行なっているバットでシャドーピッチングについてご紹介したいと思います。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

シャドーピッチングの道具はバット?

シャドーピッチングの道具でバットを選ぶ人はなかなか居ないのではないでしょうか?

普通のシャドーピッチングであればタオル、ラケット、専用の棒などで行なうのが通常でしょう。

ですが、今回自分がご紹介させていただきたいものはバットでシャドーピッチングを行なうというものです。

バットでシャドーピッチングをやろうと思った理由として、

いままでタオルやラケットといったものでシャドーピッチングを行なってきた、さすがにそろそろこの練習飽きたな…

といった怠慢が心の中にあったからです。

壁当ては今のところ楽しく出来ているのでいいのですが、フォーム修正することに特化した練習としてシャドーピッチングは欠かせません。

でもモチベーションが上がらないと、面白くないと思いながら練習しても意味がないです。

あと重たい物使ったほうが投げる筋肉が鍛えられるんじゃないか?って思っただけです。

そこで、何か工夫をしようと思い、バットを選択した次第です。

バットでシャドーピッチングすることの効果やメリット

で、実際にシャドーピッチングをバットでやっても効果がなくてはやる意味がありません。

ただ単に、怪我のリスクを高めるだけです。

バットでシャドーピッチングをすることのメリットはどんなことがあるのか、自分なりに考えてみました。

投げる筋肉を鍛えられる

まず、単純に負荷を大きくしたので、筋肉が鍛えられます。

重たい分、コッキング期での加速に時間がかかります。

なので、ピッチングをする際の筋肉の働きが非常に分かりやすいです。

フォーロースルー期に向うと同時に加速する感覚も養えると思います。

ピッチングにおいて、筋肉や関節がどのように動きながら加速しているのかが分かりやすい

ピッチングを行なうには、並進運動による加速と回転運動による加速が必要になります。

速いボールを投げようと思えばなおさら。

でも、並進運動や回転運動がどのように行なわれているかがわからなければ、いくら加速を行なおうと思ってもタイミングがずれたところで加速してしまい怪我につながる恐れがあります。

動画にとって、後で見直すという手段も有りますが、動画としてみていると、自分の感覚として思い出しにくいです。

どこか、第三者的な視点で見てしまいます。

大事なのは自分の感覚として残しておくことです。

感触というのは忘れにくいですが、感覚というのはすぐ忘れてしまいます。

以上の2点がバットでシャドーピッチングをすることの狙いです。

ではバットでシャドーピッチングを行なうことのデメリットをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バットでシャドーピッチングを行なうことのデメリット

当然ながらどの練習にもメリットしかないというものは無いです。

デメリットももちろんあります。

例えば坂道ダッシュを練習で取り入れるとして、下半身の強化というメリットもあれば膝に負担がかかるといったデメリットもあります。

このように、メリットしかないという練習はないです。

メリットにしかフォーカスしていないから、それしか見えていないだけなんです。

では実際に感じたデメリットについてご紹介させていただきたいと思います。

怪我のリスクがある

基本的にタオルやラケットとは違って負荷が大きいので、怪我のリスクが大きくなります。

まあこれを聞いて練習に取り入れるか、取り入れないかはあなた次第のところがあるので、無理にごり押しは出来ませんが…

でも、これだけは理解して欲しことがあって、どの練習にも怪我のリスクは大なり小なりあります。

普段のシャドーピッチングと同じ感覚で腕を振ると重さと慣性の法則で肩や肘は引っ張られてしまうので、ゆっくり加速させることで正しい腕の振りを身に付けることが出来ます。

重さを感じるというのはピッチングにおいて非常に大事になってきます。

重心がどこにあるのか感じながらピッチングを行なうことで、体重の乗った良いボールが行くようになります。

バットでシャドーピッチングを行なう際の注意点

この練習の狙いは加速のコツをつかむことと、筋肉や関節の連動を意識して、力の動きを感覚として認識することにあります。

注意点としては、加速は一気に行なわず、だんだんと加速する感覚で腕を振り、フォロースルーの段階ではバットがトップスピードになるように腕を振ります。

また、踏み出す足を着地したタイミングで投げに行くようなフォームをしていると、上手くバットが振れません。

なので、しっかり上半身を残しておかないと上手く連動できずにバットを振ることは出来ません。

ゆっくりゆっくり本当にゆっくり下半身から動き出す連動を感じながら、だんだんと体が前に行って、回転運動に差し掛かったところで振りぬく。

腕を振っていると遠心力でがバットが自然に振れていくのが分かるのでバットが抜けていかないように力を入れておかなければなりません。

ここがピッチングにおいて、力を入れるポイントとなるのです。

遠心力でバットがトップで振れているときがリリースのタイミングになってきます。

シャドーピッチングの道具はタオルや棒やラケットいろいろあるけどバットがおすすめ!まとめ

いかがでたか?

バットでシャドーピッチング。

この練習は中日のピッチャー陣が取り組んでいるとニュースでもやっていましたね。

ですが、個人的にバットでシャドーピッチングというものを取り組んだことが無かったのでやってみたところ結構いいな!

って思ったのでご紹介させていただきました。

実践する際は、怪我の無いように、ゆっくり行なうようにお願い致します。

怪我や故障には十分注意してください。

今回は以上です。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする