少年野球低学年の指導で行き詰ったら? 楽しい練習メニューでやる気アップ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は少年野球の指導について記事にしたいと思います。

少年野球でも特に低学年の部の指導をしている指導者の方はやんちゃ盛りの子供の指導は特に大変だと思います。

言うことを聞いてくれない子もいれば、勝手に遊びだす子もいれば、ルール無視、わがままを言う…

などなど悩みを挙げればキリがありませんね…

まあ、元気があっていいことなのですが、少年野球をさせる親御さんからすれば野球を通して、規律を守り協調性のある子に育って欲しいのが本望…

ではいったいどういった練習メニューをすれば子供達は言うことを聞いてくれるのか?

そもそも原因は練習メニューにあるのか?

また、どうすれば上達し、人間性も向上していくのか?

自分が少年野球のコーチをしていた経験から対策や考えてみたいと思います。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

コーチの仕事はやる気に火をつけるだけ!

どの世代でも言えることですが、一流のコーチとはやる気に火をつけることが上手です。

まんまと踊らされてしまいます。

逆に熱心に指導はしてくれるものの、いまいち伸び悩む子は指導者を信頼しきれていないことが多いです。

そして子供はやる気に火をつければ勝手に練習をこなしてくれます。

ではどうやって子供のやる気スイッチを見つけるか?

これはコミュニケーションが大事になってきます。

親御さんとの協力も必要になってきます。

親御さんと仲良くしている様子を子供達も見ていればきっと信頼してくれるはずです。

親御さんに子供のことをさりげなく、いろいろ聞いてみましょう。

そして褒めましょう。

そうすれば、親御さん伝いにお子さんに「コーチがほめてたよ!」なんていわれたら子供は嬉しく思うはずです。

第三者を使って褒めると効果は倍増です。

少年野球の指導に心理テクニックを使う

これは第三者を通して信頼性を上げるのに使える心理テクニックです。

これはウィンザー効果と呼ばれるテクニックなのでよかったら使ってみてください。

親御さんも喜んでくれるでしょう。

少年野球は親御さんや支えてくれる人無しでは成り立ちません。

そういった方々の信頼を勝ち取り、信頼を固めていくと指導もスムーズです。

子供が言うことを聞かなくて…という指導者の方は残念ながら実力不足です。

まず前提として、子供というのは欲望の塊です。

言うことを聞くわけないんです。

楽しいことが大好きです。

楽しいことに夢中になり、時間を忘れます。

そう考えれば子供が言うことを聞かないなんて愚痴も減るでしょう。

楽に行けばいいんです。楽に。

楽というのは怠けているわけでは無いです。

楽しんでということですね。

楽しいという文字に楽が使われている意味はここにあると思っています。

楽に楽しみましょう。

指導者の方が楽しんでいれば、子供にも伝わります。

次ページ 楽しい練習メニューはコレ!
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする