独立リーグのトライアウトで結果を残す為にすべきことと準備からドラフトまで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんばんは!

阿久津です。

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

今回は独立リーグトライアウトに挑戦し、NPBの舞台で活躍を夢見る熱い若者に向けての応援メッセージとしてトライアウトのあれこれを記事にしたいと思います。

独立リーグに挑戦しようと志している方はまずどうやって入団するのかが気になるはず。

独立リーグのトライアウトに2度落ち、3回テストを受験した経験から勝手ながら今後、活躍していくであろう選手たちに向けなにかアドバイスが出来ればいいなと思います。

注意点として、もう7、8年前の情報ということだけを前提に読み進めてもらえればなと思います。

若干テスト内容も変わっているかと思います。

今回は合同のトライアウトを受けるという前提でお話させていただきたいと思います。

高校生、大学生はプロ野球志望届、社会人野球出身の選手は退団証明書をわすれずに。

この辺のルールに関しては公式のリーグホームページを参考にしていただけたらと思います。

そっちのほうが少し難しい文章で書かれていますが、確実な情報となっているはずです。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

独立リーグのトライアウト受験からドラフト指名までの大まかな流れ

独立リーグの球団に入るためには基本的には、合同トライアウトというものを受けることになります。

この合同トライアウトを受けて、実力や伸びしろに可能性を感じた選手は12月ごろに行なわれる、各リーグのドラフト会議で指名され入団となります。

その後、球団の人と連絡を交わし入団ということになります。

大まかな流れとしてはこんな感じです。

では具体的にどのようにしてトライアウトに参加するのか。

自分はピッチャーとして受けたので、トライアウト中の文章はピッチャー目線から感じた事という前提でお話させていただくことになります。

実際にトライアウトに参加するところから掘り下げてお話していきたいと思います。

独立リーグのトライアウトの期間や日程について

独立リーグの各球団のシーズンが終わりを迎えるだいたい9月後半から10月にかけての時期あたりに、リーグの公式ホームページから合同トライアウトのお知らせという形でアナウンスががあります。

そのアナウンスにしたがって、パソコンなどから受験票的なファイルがあるのでそれを印刷します。

それに、個人情報などの必要事項やアピールポイントなどを記入し、郵送します。

数日後ぐらいに受験票がとトライアウトの概要が書かれた書類が届きます。

トライアウト当日に必要なものなので、大事に保管しておきましょう。

家にパソコン環境やプリンターが無い方はレッツ漫喫です。

漫喫ならパソコン環境やプリンター設備が整っているので印刷できます。

また、大学生や高校生であったら学校の設備等を利用させてもらうのも手ですね。

それかパソコン環境の整っている友人に頼むか。

ちなみに自分は受験票の印刷は漫喫、トライアウトの結果の確認も漫喫でした。

パソコン無かったし、当時はガラケーでしたので…

今はスマホで確認も出来ますね。便利な時代になりましたねー。

書類がどどいて受験票が届けばあとは当日までにパフォーマンスを上げるように練習するのみ!

あ、あと、参加費用にお金がかかるのでその振込みも忘れずに…

たしか5000円ぐらいだったはず。

独立リーグのトライアウト当日、球場へのアクセスは要チェック?

スポンサーリンク

トライアウト当日は車で向う方、電車などの公共機関を利用して会場に向う方それぞれいますが、車の場合は駐車場に制限があり、使えないなんてことも十分ありえます。

地図アプリなどで近場のコインパーキングの確認も前もってしておきましょう。

電車で向う場合も前もって徒歩で行ける距離なのか、バスが出ているのか、タクシーが必要なのか確認しておきましょう。

トライアウト時の昼食について

弁当が出た記憶があります。

たしか足りないなーなんて思っていた記憶があります。

何か補食は持っていったほうがいいです。

栄養が足りないと良いパフォーマンスが出来ませんよ!

トライアウト1次試験、2次試験の内容について

トライアウトには1次試験と2次試験があります。

いちおう2時試験が最終試験という形になります。

1次試験で行なう内容として、

  • 50m走
  • 遠投
  • シートノック
  • 野手:フリーバッティング
  • 投手:ブルペン

という感じであります。

2次試験で行なう内容は

実戦形式で行なうシートバッティングがあります。

カウントが1-1か1-2で行なわれ3人ぐらいバッターと対戦します。

受験するリーグによっては若干異なりますが、だいたいはこの流れでトライアウトを行ないます。

会場によってはトライアウトを1日で1次試験2次試験と立て続けに行なうこともあるので結構しんどかった記憶がありますねー。

しかもこのトライアウトの時期って寒いんですよねー。

防寒対策も各自でしっかり行ないましょう。

防寒対策はマストですよ!

次ページ トライアウト中の過ごし方
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする