サロメチールは野球肩、野球肘に効果がある?塗るタイミングは寝る前?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回はサロメチールについての記事です。

サロメチールのことを知らない方のためにさらっと軽く説明すると筋肉痛や肩こりに効果があるとされている塗るタイプの鎮痛剤ですね。

自分はこのサロメチールを登板前日の寝る前に塗り肩や肘、足腰、指先まで体全体に塗りこんでいます。

そしてこのサロメチール、においがかなりキツイです。

鼻の中に接骨院があるんじゃないか?と疑うぐらいキツイです。

系統で言うと接骨院系のにおいですね。

自分は接骨院のにおいは嫌いじゃないんですけどね。

自分ではあまり気にならなくても、他の人からしたらかなりキツイにおいだそうです。

今回はそんな自分が愛するサロメチールのあれこれについて記事にしたいと思います。

まずは成分や塗るタイミングとか、サロメチールの特徴について語って行きたいと思います。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

サロメチールの成分

成分 効果
サリチル酸メチル 高い消炎作用や鎮痛作用を持つ
サリチル酸グリコール 患部の血液の流れを良くして新陳代謝を促す
dl-カンフル 消炎作用や血行を改善する作用を持つ
l-メントール 患部にスーっと浸透して爽快感を得られる
カプサイシン トウガラシに含まれる成分で血行促進効果が高い
ニコチン酸ベンジルエステル 末梢血管を拡張する作用を持つ
ユーカリ油 精油にも使われる代表的なハーブで消炎作用や鎮痛作用を持つ

これらの成分がバランス良く含まれています。

筋肉疲労を和らげたり打撲の痛みを抑えたりと様々な効果が期待できます。

湿布剤として代表的なdl-カンフルも入っており、しもやけの症状の緩和にも効果がある理由にはこの成分の性質があります。

基本的な塗り方は、痛みが強かったり運動で動かしたりする部分へと塗布するだけです。

スポーツに携わる方のみならず、関節痛や神経痛の悩みを抱えている中高年以上の方も毎日の生活に取り入れるといいでしょう。

サロメチールの塗るタイミングはいつがいい?

引用:https://search.yahoo.co.jp

サロメチールを塗るタイミングはいろいろあります。

サロメチールのパッケージにも表記されている通り、塗るタイミングはスポーツの前後の筋肉のケアとかかれているので、基本的には、このタイミングで塗るのがいいでしょう。

自分は試合の前日の寝る前に塗っています。

試合後とかは塗っていません。

これには理由があって、炎症を必要以上に取り除いてしまうと、体本来の自然治癒能力を落としてしまうからです。

例えば試合後に炎症のある状態でサロメチールを塗り炎症を取り除いてしまうと、脳はその部分は炎症が無いから栄養を送る必要が無いと判断してしまいます。

炎症は体が強くなる為に必要な現象だと思っているからです。

サロメチールは水分や汗に混ざると熱を持つ?

スポンサーリンク

サロメチールを塗ってすぐに汗をかくと、塗った部分がかなり熱くなってくるのが分かるかと思います。

ファイテンのアップジェルよりキツイです。

ていうか、熱すぎて痛さすら感じるぐらいです。

なので塗るタイミングとして、寝る前を推奨している理由にもこれがあります。

アップ前だとチクチクして痛く感じると思います。

サロメチールの成分は?副作用の経験…

サロメチールには使用によりいくつかの副作用があります。

  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ
  • 痛み
  • ヒリヒリ感

といったところです。

基本的に肌の弱い人にはあまりお勧めは出来ません…

次ページ サロメチールは野球肩や野球肘の強い味方だけど…?
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする