古谷優人ソフトバンクドラフト2位ドラフト特番でイケメン発揮!2軍成績も。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

こんばんは!

阿久津です。

今回はソフトバンクホークスドラフト2位で指名され、現在絶賛2軍で育成中、将来のソフトバンクのエース候補である古谷優人投手について記事にしたいと思います。

古谷投手についてはもう皆さんご存知の方も多いかとは思いますが、改めて古谷投手の野球のみならず、人間的にもすばらしい所などをお話させていただこうかと思います。

ドラフト特番で、素の古谷投手を見て高校生なのになんて大人なんだと感動しました。

古谷投手と言えばストレートの切れもさることながら、スライダーの切れがすばらしいですね。

左ピッチャーと言うこともあって右バッターに対してのインコースのクロスファイヤーはすばらしい威力を誇ります。

左バッターに対しても、切れのあるスライダーで上手く打ち取っています。

高卒ながらストレートとスライダーで2軍や3軍が相手とはいえ活躍をしていますね。

それではまずは古谷投手のプロフィールからどうぞ!

スポンサーリンク

古谷投手(ソフトバンク)プロフィール

引用:https://search.yahoo.co.jp

出身地 北海道中川郡幕別町
生年月日 1999年2月19日(18歳)
身長
体重
176 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト2位
年俸 700万円(2017年)
経歴
  • 江陵高等学校
  • 福岡ソフトバンクホークス

江陵高校時代は、1年春から主戦投手として登板します。

1年春の十勝支部予選初戦で帯広大谷高等学校相手に完封デビューを飾り道内では有名選手になります。

そしてなんと1年の夏にはすでにドラフト候補としてすでにリストアップされていました。

3年夏には北北海道大会2回戦の旭川西高等学校戦では154キロをマークします。

準々決勝の釧路工業高等学校との戦いでは8者連続を含む大会新記録の20奪三振を記録するなどして、チームを初のベスト4に導きます。

甲子園出場はなかったものの各球団からの評価はかなり高くドラフト2位でソフトバンクが指名しました。

ドラフト特番で素の古谷投手に密着!なかなかのイケメンと話題に。

スポンサーリンク

ドラフトの日になると、毎年「ドラフト緊急特番」が放送されますね。

ドラフト緊急特番とは、数名のドラフト候補に密着し、日々の生活や家族やチームメイトとの絆から、ドラフトの結果までを見ることができる番組と言うことは皆さんご存知かと思います。

その特番に昨年のドラフト会議の際に古谷投手にスポットを当てて密着した様子が放送されました。

ネタバレしない程度に感想を書いていきたいと思います。

古谷投手には妹さんがいて、生後間もなかった妹さんに難病がみつかります。

妹さんはみりやちゃんといいます。

歩くことも難しく、話すことも上手くできない、先天性サイトメガロウイルス感染症という難病でした。

これは脳梗塞の一種だそうで、精神発達や運動発達に問題が生じる可能性がある難病です。

ですが、医師から歩くことは出来ないと言われていたのにもかかわらず、懸命のリハビリの成果で、歩くことが出来るようになります。

そのリハビリを支えたのも古谷投手が一生懸命野球に打ち込む姿勢をみて刺激になったそうです。

古谷投手を応援するなかで、言葉をだんだん覚えていくようになります。

みりやちゃんは「がんばれ!」「ゆうと!」と話せるようになります。

その応援を背に古谷投手は全国区のピッチャーに成長し、ドラフトで指名されるまでのピッチャーになりました。

ですが、ドラフトでソフトバンクに指名されると言うことは、古谷投手は福岡の寮に入ることになるので、北海道を離れなければなりません。

みりやちゃんは寂しい気持ちを抑えながらも古谷投手を激励します。

その姿がなんとも切なくてたまらなかったです…

古谷投手の2軍での成績や活躍の様子

引用:https://search.yahoo.co.jp

古谷投手は現在2軍での試合や3軍での練習試合などで実戦経験をつんでいる段階ではないでしょうか?

そして先日行なわれた、2軍若手選手の主体のオールスターでもある、フレッシュオールスターに選出されました!

オールウエスタンとして選出され、登板を果たし、8回から登板。

2イニングを投げ、被安打0、3奪三振に抑え、優秀選手賞を受賞する活躍を見せてくれました。

2017年現在では2軍での試合よりも3軍での試合をメインで投げている様です。

2軍での登板は今シーズン、1試合に登板しました。

二軍での成績は1イニングを投げ、被安打1無失点に抑えています。

3軍では、12試合に登板、4勝2敗、54イニングを投げ、被安打42本と3軍相手では少し物足りない様子。

四死球も30個近く出してしまっています。

これはプロと高校野球ではストライクゾーンの判定基準が厳しくなってしまうので、ここはしょうがないですね。

ちなみに奪三振は53個となっており、イニング数に迫る数字の三振を奪っているので、持ち味のストレートとスライダーは健在かとおもわれます。

ただ、フォアボールやヒットの数が若干多いとは言え、防御率は1、83と素晴らしい結果を出しています。

3軍の相手は独立リーグや、社会人企業チームといった相手がメインとなっているもののいいバッターは多いです。

この調子で着々とステップアップに期待したいですね。

間違っても、早まって1軍で酷使などはしないで大事に育てて欲しいですね。

でも早く1軍デビューが見たい気持ちもあります…

古谷優人ソフトバンクドラフト2位ドラフト特番でイケメン発揮!2軍成績も。まとめ

今回は古谷投手について記事にしました。

古谷投手とみりやちゃんはその後、頻繁に会うことはできているのでしょうか?

とても気になりますね。

かなり妹思いのお兄ちゃんなので、体に無理を言わせて福岡から遠い北海道に帰っていないか心配ですね。

みなさんも是非古谷投手のドラフト特番を見てみてはいかがでしょうか?

ネタバレしない程度に書いたつもりでしたが微妙なラインのところまで書いてしまいました。すみません…

見てもらったら分かるかと思うのですが、

古谷投手を応援したくなります。

大人になってもこんな純粋な少年のような心であり続けたいものですね。

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする