菊沢竜佑(ヤクルト)秋田高校→立教→山崎パン→軟式?巨人のテストに合格した?謎が多い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回の記事は昨年のドラフトで軟式の企業チームからヤクルトにドラフトで指名された菊沢投手について記事にしたいと思います。

菊沢投手は当時、軟式出身と言うことでかなり話題になったピッチャーですね。

さらに掘り下げてみると、なんと海外の独立リーグでのプロキャリアまであるピッチャーでした。

そして、大学は野球エリートが集まる立教大学だし、なかなか面白いキャリアを積んでいる選手ですね。

さらにドラフト指名での最終所属チームはまさかの軟式野球チーム!

空気抵抗が大きく、球速が出にくいとされる、軟式ボールでMAX148キロを記録します。

化け物ですね。

巨人のプロテストにも合格した経歴も持っています。

今回はそんな謎多きミステリアスな菊沢投手についての記事です。

それではまずはプロフィールからどうぞ!

スポンサーリンク

菊沢投手(ヤクルト)プロフィール

引用:https://search.yahoo.co.jp

出身地 秋田県
生年月日 1988年5月16日
身長
体重
183 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト6位
年俸 600万円(2017年)
経歴
  • 秋田県立秋田高等学校
  • 立教大学
  • 横浜金港クラブ
  • ソノマ・ストンパーズ(2015)
  • 相双リテック
  • 東京ヤクルトスワローズ (2017 – )

この経歴をみても分かるとおり、いろんなチームに所属していた選手です。

さぞ引越しが大変だったのではないでしょうか?

この経歴の中で、気になるチームがいくつかあります。

立教大学とは言わずもがな、あの超激戦区の東京六大学リーグで今年、全国制覇を成し遂げた立教大学です!

立教大学では1年からベンチ入りをして、リーグ戦で勝ち星を挙げるなどして活躍していたようです。

相手はどこのチームかは分かりませんでしたが、東京六大学で1年から出て勝ち星を挙げるってなかなか凄いですよ?

もしかしたら東京大学から勝ったのかもしれませんが…

でも、東京大学は六大学リーグ所属であまり強くないですが、他のリーグに行けばそこそこ勝てるチームだとは思います。

とにかく、このリーグで勝てるって凄いって事です。しかも1年生で。

ですがそこからは肘を痛め、怪我の影響で調子が上がらず野球をやめてしまいます。

菊沢投手の経歴について超コアな野球マニアはテンション上がると思う

引用:https://search.yahoo.co.jp

基本的に社会人クラブチームとか独立リーグを応援してくれている方達って超絶野球大好き人間なんですよね。

そこら辺のにわか野郎が下手に野球の話をすると返り討ちになります。

で、菊沢投手が所属していた横浜金港クラブってクラブチームの中ではかなり強いんですよ。

普通に企業チームと互角の試合をしますし。

企業チームとクラブチームでは環境や待遇がまったくちがうんですよね。

私立高校と公立高校よりも実力差があるイメージ。

クラブチームがどのように運営されているかにもよるんですが。まあピンキリではあります。

半企業のクラブチームもあってそういったチームは普通に強いんですけど、この横浜金港クラブは普通のクラブチームなんです。

スポンサーも居なくて、メンバーが部費を支払ってチームの運営費をまかなっているチームです。

まあ、クラブチームを応援している方って、企業チームに対するジャイキリを期待している所もあるんですよね。

菊沢投手は怪我が癒えたころにこの横浜金港クラブに入団します。

そのころ、すでに菊沢投手は山崎製パンに就職しており、午前3時からの配送業務を担当していたようです。

横浜金港クラブに入団する時期に退職。

そりゃ3時から仕事してたら野球に支障でますもんね。

でも正社員と言う立場をすててまで、野球に打ち込もうと思う熱意や覚悟は素晴らしいですね。

バッティングセンターでのバイトをこなしながらプロ野球選手を目標に、毎日トレーニングをつんでいたそうです。

ところで菊沢投手の高校時代について話してないね

スポンサーリンク

時系列がごちゃ混ぜになってしまいますが、勘弁してくださいね。

菊沢投手は秋田高校という高校に進学します。

いちおうここでも1年からベンチ入り。

さすがですね。

ですが、2年のときに、大腿骨の骨折を経験します。

あの人体の中で一番太い骨で有名な骨が折れてしまうんですよ。

半年ぐらい野球が出来ない日々が続いたのではないでしょうか?

そして3年になるとエースになりますが、4回戦で敗退し甲子園には出場していません。

菊沢投手は巨人のプロテストに合格!

実は、菊沢投手は巨人のプロテストに合格していた過去があります。

ですが指名はしてもらえませんでした。

もしこの年に巨人に入団していたら、ドラフト1位で智弁学園から入団した岡本選手と同期ということになっていました。

指名漏れをしてなおプロを目指す為に、海外の独立リーグに挑戦をすることになります。

海外の独立リーグもたくさんありますが、菊沢投手が所属していたリーグについて書いていきたいと思います。

菊沢投手が所属していた独立リーグは?

引用:https://search.yahoo.co.jp

菊沢投手が所属していた独立リーグはパシフィックアソシエーションというリーグです。

レベル的には、なかなか高くて、元横浜の古木選手や元オリックスの坪井選手などなど有名日本人選手も所属していました。

また、あの吉田えりちゃんもこのリーグで野球をやっていました。

このリーグには1年だけ所属して、日本に帰ってきた菊沢投手は軟式企業チームにスカウトされます。

それが噂の相双リテックという企業ですね。

菊沢投手が所属していた軟式企業チーム相双リテックとは?

この会社は震災復興の為に設立した土木や建築関連の会社のようです。

そして調べてみるとなんとヤクルトのスポンサーでした。

ヤクルトの本拠地、神宮球場にも相双リテックの看板が入っていますよね?

次ページ 菊沢投手のヤクルトでの成績は?
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする