及川雅貴(横浜高校)中学時代は?テレビ企画でプロ選手と対戦!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

U-15侍ジャパンで一躍有名になった、横浜高校のスーパー1年生及川くん!

ちなみに!

1年生ながら甲子園デビューも飾り、プロ注目選手の道を歩み始めました。

及川くん、今後はますますマークが厳しくなって来るでしょう…

今回はそんな将来性抜群の及川くんについて記事にしていきたいと思います。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

及川雅貴(横浜高校)中学時代や出身中学は?

引用:https://search.yahoo.co.jp

及川くんの名前ですが、

「おいかわ」じゃなく「およかわ」らしいです!

絶対間違えますよね!!笑

出身は千葉県で小学校6年生の時に千葉ロッテマリーンズJrに所属していました。

中学生の時は匝瑳リトルシニアに所属し、U-15日本代表にも選ばれました!

やっぱ一流になる人は小さい時からもってる力が違うんですね!

ベネズエラ代表・キューバ打線を完封しています。

そして、キューバ代表相手に7回4安打完投し、最優秀投手賞を受賞しています!

及川雅貴(横浜高校)の特徴は?

スポンサーリンク

キューバ戦ではカーブ、チェンジアップ、そして決め球縦のスライダーを操りキューバ打線を手玉にとりました!

及川くんのカーブってなんか独特な軌道でスライダーぽいかんじなんですよ!

そして横浜高校に入学!
夏の甲子園で、既に甲子園のマウンドに1年生ながら、上がっています!

3回を1安打無失点に抑えています!

試合後のインタビューで及川くんは、この経験を今後にいかすと話してくれました!

来年・再来年とまた夏の甲子園に戻ってきてほしいですよね!
今度はエースとして初回からマウンドに上がってる姿を見たいです!

及川くんは身長は181cmの体重は71kg!

ちょっと前まで中学3年生ですよ!
デカイですよね!
まだまだ伸びるでしょうね!
15歳で私と同じ身長ですよ…

体重ももう少し増やして下半身をしっかりさせれば中学生の時から、140キロ近くのストレートを投げてる訳ですからもっと球速・球威が増すと思います!

及川雅貴(横浜高校)中学時代テレビ企画でプロ選手と対戦!?

引用:https://search.yahoo.co.jp

中学生の時、及川くんの名前を一躍有名にしたのは、テレビ番組の企画でプロの打者と勝負する企画でした!

私この番組たまたま見ていたんですが、テレビに向かってすげーと独り言を思わず言った記憶があります。

なんて末恐ろしいピッチャーが現れたんだ。と。

テレビの企画で及川くんが対戦した打者は西武・秋山選手、森選手、中日平田選手と対戦します!

世界を驚かせたサウスポーと紹介されていました。

解説者の石井一久さんも球の回転がいい、とおっしゃってましたね!

それでは、この企画のネタバレをしたいと思います。

テレビ企画でプロ選手と対戦!!結果は?

スポンサーリンク

及川投手対平田選手との対戦

1球目
136キロの外角のストレートでストライクを取ります!

2球目
88キロのカーブで2ストライクと追い込みます!

このカーブは凄かったですね!

中学生が投げるカーブではないですよ!
巨人の杉内選手やソフトバンクホークスの工藤監督のようなカーブですね!

3球目はスライダーを外してボール!
三振を狙いにいったボール球!
狙いにいったボール球をちゃんとボールゾーンに投げれるのは素晴らしいと石井一久さんの絶賛していました!

4球目はファール!

5球目は138キロの高めのつり玉のストレートで三振!

思わず平田選手も速いと言ってました!笑
平田選手は及川くんのピッチングについて、回転数のいいストレートと変化球でした!
と答えてましたね!
そして、普通にプロにいるピッチャーと言っていました!

中学生がプロから三振!
しかも中日の4番打者からですよ?!
凄い!!の一言ですよ!!

及川投手対森選手との対戦

1球目
内角に抜けたストレートがボールに!

2球目
内角から真ん中付近に曲げるカーブでストライク!

3球目
外角の際どいコースのストレートがボールに!

4球目
ストレートを打ってファール

5球目
カーブを打ち返してセンター前にヒット!

流石にプロの意地ですね!笑

及川雅貴(横浜高校)意識が高いエピソード

森選手も最後の球がカーブではなく、ストレートだったら結果が違ったと思います!
間違いなく、ストレートには押されていました!

今の日本球界でストレートとと言えば日本ハムの大谷選手ですよね!

その大谷選手と同じで肩の関節が柔らかい共通点があります!

柔らかいフォームも肩の関節が非常に柔らかいことが成り立っていると思います。

そして、また別の番組企画で解説者の赤星さんは及川くんを取材したところ西武の菊池選手のような体のしなやかさが似ていると言っていました!

そして、今のプロ野球選手には中々いないタイプと話してましたね!

その番組で赤星さんはこんな事も話してました!

赤星さんが及川くんに外角にストレートを投げるように指示しました!

ですが、及川くんが投げた球は外に外れボールになります。

その時に赤星さんは2度・3度大きくうなずきます!

さて!なぜ赤星さんはうなずいたんでしょうか?
指示した球がストライクじゃなく、ボールになったのに…!

赤星さんの意見だと、外角を狙って内よりになり、甘い球になって痛打されるという最悪の自体を避ける意識が垣間見れるとのことでした!

非常にプロ意識が強い!

って話してましたね!

及川雅貴(横浜高校)中学時代は?テレビ企画でプロ選手と対戦!?まとめ

間違いなく大きな怪我などなければ、2019年のドラフト会議ではドラフト1位指名は間違いないと思います。

そんな及川くんが残り2年でどんな成長をし活躍していくのか楽しみですね!

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする