ドラフトとは?ルールや競合、交渉権の意味とプロ志望届について解説!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

「プロ野球ドラフト会議のルールとは?」

ドラフト会議とは、毎年10月の後半、シーズンが終わってから開催される新人選手を獲得する為の会議のことです。

プロ野球のドラフト会議では毎年、怪物と呼ばれる選手たちの人生のドラマが起きるので非常に楽しみな方も多いはず!

プロ野球選手になれるかなれないか、選手達にとって人生の分岐点となるドラフト会議。

選手たちの今までの野球人生や関わった人たちのエピソードも感動を呼びますね。

ドラフトの目玉選手なんかは、何球団も指名が重複するので競合は必至です。

何球団が競合し、どの球団が交渉権を得るのか?

ワクワクしますね?!

そんなドラフト会議ですが、皆さんルールや仕組みって知っていますか?

実は結構細かく取り決めがあったり、選手と接触してはいけない決まりがあったり、その辺を少し調べてみました。

この記事を読めば今までなんとなく見ていたドラフト会議がより面白くなるかと思います。

それでは、ドラフト会議のルール・仕組みや簡単な取り決めについてご紹介していきたいと思います。

詳しくは記事本文をご覧ください!

スポンサーリンク

ドラフトで指名を受けるには?

・過去日本のプロ野球球団に所属していないか。

・日本国籍を持ち、日本の学校に在学経験があるか。

・ドラフト会議の翌年3月の卒業ができるか。
(大学生の場合は4年間)

・上記の条件を満たす人がドラフト指名を受けることが可能!

そして、指名されないケースもあります!

下記一覧

・ドラフト会議開催の4月以降に退学した。

・学生の選手に限りますがプロ志望届を出していない。

・前年のドラフトで指名され、入団してない。

この上記の人は指名されません。

上記の場合はあくまで学生の選手に限ります。

社会人、独立リーグ、海外の選手はこの限りではないです。

ドラフト会議とは通り名?正式名称があった?

ドラフト会議の正式名称ってご存知ですか?

実はドラフト会議は正式名称ではありません。

多分言いやすいさと、覚えやすさでドラフト会議って呼び名で定着されたんではないでしょうか?!

「新人選手選択会議」

これが正式名称です。

まぁドラフト会議の方が断然言いやすいですよね!笑

ドラフト会議はプロ志望届を提出した選手を原則指名

スポンサーリンク

各球団が新人選手を取る為に行う会議なのは、皆さんご存知ですよね!

各球団が指名した選手の交渉権を獲得する!のもご存知かと思います!

球団と選手の今後を決める大切な会議です。

プロ志望届を出したからと言って必ず指名されるとは限りません!

育成でも指名されなければ、プロ野球選手になる夢は持ち越されます!

ドラフト会議の仕組みとは?競合するとどうなる?

一巡目は「入札抽選」で行います!

完全なウェーバー方式ではありません。

ウェーバー方式とは、指名巡において、ペナントレースの最下位球団から常に選手の指名をすること!

指名すれば独占交渉権を獲ることになるので、他球団との競合はないってことになりますね!

先程も言いましたが、1巡目は「入札抽選」なので、ドラフト会議に参加した全球団が同時に選手を指名していきます!

そこで単独指名なら、その球団のドラフト1位が決まったことになります!

次ページ 交渉権の意味やウエーバー制について解説!
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする