野球の記録でホールドの意味や条件は?中継ぎ投手が直面している問題について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回は「ホールドの意味・条件・記録について」記事を書いていきたいと思います。

今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

記事後半部分では、中継ぎ投手が直面している問題点や今後の改善についてプロ野球界が今、どのような動きになっているのかについて述べたいと思います。

ところで、中継ぎ投手の記録として、10数年前ほどから脚光を浴びてきたホールドと言う記録についてですが。

ピッチャーのホールドっていまいちどんな記録なのかって分かりませんよね?

ここ数年中継ぎ投手にもスポットが当てられてきてはいますが、肝心のホールドと言う記録の内容について詳しく知っている人ってあまり居ませんよね。

ホールドとはいったいどんな記録で、どんなルールなのか?

それではまずはホールドについてご説明したいと思います。

それではご覧ください!

スポンサーリンク

野球の記録、ホールドの意味は?どんな記録なのか?


ホールドと言う記録は元々、1986年に野球の本場メジャーリーグで一定の条件を満たした救援投手(中継ぎ)に与えられる記録です。

そのルールが日本のプロ野球にもそのまま適応され、記録として残すようになりました。

一定の条件とは、例えて言えばセーブ条件を満たした最後の投手ではない、勝ちが付かない投手にホールドが付きます。

要は、セットアッパーの役割を担う投手に与えられる記録と言うことになりますね。

また、ホールドポイントと言うのは勝敗に関わらず記録されます。

解釈としては、自分が登板したときに勝っている、リードしている状態を保持、または維持し次の投手につなぐこと。

ということになります。

だいたいこんな感じですかね。

まあ、詳しくは別の章で後述しますね。

野球のホールドの意味と簡単な歴史

ホールドについてはリリーフのピッチャーに与えられる記録で、中継ぎ投手・抑え投手全体が対象なのですがリリーフピッチャーの記録がセーブしかありませんでした。

そうなると、セーブ記録が抑え投手に独占されるようになってしまいます。

それを防ぐ為に、ホールドと言う記録が出来たと言われています。

抑え投手だけじゃなく、中継ぎ投手にもなんらかの記録を作ろう!

と言うことで、なんか記録として残しておけば、モチベーションも違いますからねー。

中継ぎ投手が直面している問題とは?

スポンサーリンク

先発ピッチャーと違って中継ぎ・抑え投手は毎日ベンチに入り試合に応じてブルペンで肩を作らないといけません。

去年ジャイアンツの田原投手は、ほぼ毎日肩を作っていたみたいです。

毎日肩を作ると言うのは、もちろん疲労も抜けにくいし、疲れも溜まり大変です。

さらに言えば、肩を作ったからといって試合で投げるとは限らないのです。

試合では常に状況が変わります。

いきなり何かあるかもしれませんし、突然ピッチャーが崩れることも考えられます。

いろんなストレスや疲労を溜め込んでしまいやすいポジションですね。

そうなると当然、中継ぎ投手は怪我をするリスクがたかくなってしまいます。

プロ野球選手としては、今のところ、短命なポジションという風潮すらもあります。

プロ野球界が今後見直すべき中継ぎ投手の起用の仕方

ホールド数が多いって事はその分登板しているということになります。

試合に向けて肩を作り、それ以外でものタイミングでも肩を作っている訳です!

試合前練習でのキャッチボールとか。

中継ぎ投手も最近は起用方法はだいぶ変わってきています。

中継ぎ投手の重要性と疲労度に理解のあるチームは中継ぎ投手も先発投手のようにローテーションにするなど、怪我防止の為に色々な工夫をしています。

ですが、もっとこの考え方を普及させるべきだともおもいます。

次ページ ホールドを記録する為の条件とは?
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする