野球背番号の意味や守備位置の番号は?中学高校野球編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ここまでがポジションと背番号の関連性でした。

これでポジションと背番号の意味が分かりましたね!

それでは今度はちょっと具体的に、ポジションと番号やどんな選手が適正か簡単ですがご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

野球の守備位置と背番号とポジションの適正について

「背番号1」の意味 注目が一番集まる!ピッチャー

高校野球の場合は背番号1がエースナンバーになります!
チームのエースに与えられる番号です!

「背番号2」の意味 女房役で現場の監督!キャッチャー

ポジションの中では1番頭を使うポジションでもあります!
盗塁をされないように肩の強さも必要です!

「背番号3」の意味 強打者が多い!ファースト

身長が高く大柄な子が適任です!
まさに清宮くんみたいな子ですよ!

「背番号4」の意味 守備の要セカンド

ファーストから1番近いポジションなので、肩に自信がなかったり小柄な子が守るには適任です!

「背番号5」の意味 ホットコーナー!サード

強い打球が1番飛んでくるポジションです!
もちろん肩の強さも必要ですが、横の動きも必要になってきます!

「背番号6」の意味 守備の華!ショート

わたしの中では華のポジションだと思っています!
肩の強さ・横の動き周りとの連携など色んな意味で頭の使うポジションでもあります!
守備範囲が広くないとダメです!

「背番号7」の意味 強肩強打のパワータイプ!レフト

昔からレフトを守る人は打力はあるが、守備がイマイチな人が守る傾向があります!

「背番号8」の意味 俊足強肩!センター

センターは外野の華です!
守備範囲や足の速さ・肩の強さが求められます!

「背番号9」の意味 強肩強打!ライト

ライトを守る人はなんと言っても肩の強さです!
それだけでどんだけ魅力的なライトか!

以上が一桁の番号が主にスタメンで出れる背番号になります!

そして10~18番はベンチになります!
ベンチメンバーの背番号にも意味はあります!

それでは次はベンチ入りの控えメンバーの背番号の意味についてご説明していきます。

ベンチ入りメンバーの背番号の意味は?

スポンサーリンク

野球のポジションは全部で9個しかありませんね。

ここで疑問に思うことが出てくるかと思いますが、ベンチには背番号10番以降の番号をつけた選手が居るけど、その選手たちがつけている背番号の意味は?

気になりますね。

では、ここで解説しますね。

背番号10番以降の選手がつけている番号の意味と守備位置について

背番号10番11番の意味

10番と11番は主にピッチャーがつけます!
エースが1番で次に期待のできるピッチャーが10番をつけます!

なので高校野球では18番がエースナンバーではありません!

背番号12番以降の意味は?

二桁の背番号の人は若い背番号からピッチャー・キャッチャー・内野手・外野手となることが多いみたいです!

ですので、10番11番は基本的に控えのピッチャー。

12番は控えのキャッチャー、それで控えの内野手、外野手となるパターンが多いですね。

そして、基本的に背番号は監督が決めます!

これはわたしの友達から聞いたんですが、普通なら監督が決めるはずの背番号を選手同士で決める高校もあるみたいです!

背番号は各大会ごとに変えます。
なので背番号をもらえなかった人が次の大会では一桁の番号をつけることもあります!

逆を言えばエースナンバーの1番をつけていたが大会前にケガや不調などにより、剥奪される可能性もあるわけです!

エースナンバーをつけてるからと言って油断はできません。

野球背番号の意味や守備位置の番号は?中学高校野球編まとめ

プロ野球選手と違い高校球児の場合は好きな背番号がもらえないってのが分かったと思います!

これはわたしの高校野球の楽しみ方の1つなんですが!
毎年夏に甲子園やりますよね!

そのときに、下級生で10番とか11番をつけているピッチャーの子や二桁の背番号をつけている野手の子をチェックしとくんです。

有名校や強豪校の子なら絶対にのちのちピックアップされます!
大谷選手・ダルビッシュ選手・田中選手なんかは1年生のときから注目されてましたよね!?

そういう球児を見つけとくんですよ!

仮にその子が1年生の時には10番をつけていたのが2年からはエースナンバーをつけていたりとか!

二桁の背番号をつけていた子が次みたらレギュラーになっていたとか!

それを意識しながら見るのがわたしの楽しみ方の1つなんですよね!

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする