トミージョン手術とは?手術成功で球速アップ!?失敗のリスクや日本人投手の手術例

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

野球に関するケガで特に肘の治療でよく話題になる「トミー・ジョン手術」について今回は記事を書きます。

最近では、現在、ドジャースのダルビッシュ有投手が手術を受け、話題にもなりました。

この手術を受けると再起不可能に近い肘の損傷をプレーできるまでに戻す可能性のある非常に重要な治療法となっています。

一説には球速が上がるなんて話もあり、アメリカでは本当にポピュラーな治療法の一つとなっています。

トミージョン手術についてこちらの記事でも解説しています。

関連記事:トミージョン手術日本の病院や費用はどうなの!?一般人の入院期間は?

今回はそんなトミー・ジョン手術とは一体どういった手術なのか?という事を見ていきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

トミー・ジョン手術とは何か?

トミー・ジョン手術は野球選手にとって選手生命を終わらせかねない悪夢のような怪我、肘の「内側側副靭帯断裂(うちがわそくふくじんたいだんれつ)」を治療するために1974年アメリカのフランク・ジョーブ整形外科医がトミー・ジョン投手に対して行った治療法の事です。

その治療法は断裂してしまった側副靭帯に自身の2本ある手首の腱や太もも、臀部の腱を移植するという術式で今まで再起が難しいとされていたこの怪我から復帰の可能性を大幅に上げた当時革新的な手術でした。

筋肉や骨は再生しますが、一度断裂してしまった腱が元に戻る事はほとんどないとされているのでこれで多くの投手が選手生命を伸ばせることとなったわけですね。

トミージョン手術を受けた日本人投手

スポンサーリンク

アメリカでは非常にポピュラーな術式で、高校生くらいの年代の選手でも受ける人がいます。

日本人選手もその多くがこの手術を受けていて、日米合わせてトミー・ジョン手術を受けた事がある人数は延べ800人を超えるそうです。

日本で有名になったのはかの「マサカリ投法」村田兆治さんがこの手術を受けたからでしょうか。

当時肘にメスを入れるなんて日本では考えられない事でしたが村田さんがトミージョン手術を受け、見事に復帰したことから広く日本球界にも知られる事となりました。

他にも桑田真澄さん、荒木大輔さん、松坂大輔選手、和田毅選手、ダルビッシュ有選手など様々な選手がこの手術を受けています。

トミージョン手術を受けた主な選手一覧

村田兆治、荒木大輔(2回)、桑田真澄、高須洋平、鈴木尚広、五十嵐亮太、大塚晶則、田澤純一、松坂大輔、林昌勇(2回)、和田毅、吉見一起、藤川球児、館山昌平、ダルビッシュ有

野手も何人か入っていますが、有名な選手もたくさん入っていますし、1度ではなく、2度3度手術をしている人もいて驚きました!

トミー・ジョン手術のリスクは?失敗の可能性は?

内側側副靭帯の断裂という絶望的な怪我から復帰できる可能性のあるトミー・ジョン手術ですが、大掛かりな術式のためもちろんリスクもあります。

成功率は9割ほど。

つまりおよそ1割の選手は復帰が叶わずそのまま引退を余儀なくされています。

または復帰しても再発、長く続けられないこともしばしば。

そもそも移植する腱の長さが短くても長くても肘はまともに機能しないので難易度も高い術式です。

しかし内側側副靭帯断裂というのは野球選手、特に投手にとっては一生に関わる怪我のため、そのリスクを負ってでも手術を受ける人は多いのです。

次ページ トミージョン手術で何が一番キツイかって言ったらリハビリな話
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする