巨人FA2018補強予想はこれ!FA大物獲得はあるか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2017年シーズンは10年ぶりのBクラスという成績に終わってしまった、ジャイアンツ。

来季は由伸監督3年目のシーズンとなり是が非でも優勝を勝ち取りたい所です。

そこで、2018年シーズンの為のチームの戦力と補強ポイントの検証をしていきましょう。

 

スポンサーリンク

2018年の巨人の戦力を分析する

補強ポイントを明確にする為に、先ずはチーム戦力の分析を行っていきましょう。

① 先発投手

今シーズンの3本柱である菅野、マイコラス、田口+終盤ローテーション入りの畠でローテーションの6人中4人は確定。と言いたい所であるが問題はメジャー復帰が噂されるマイコラスの契約次第ですが、とりあえず残留を前提としましょう。

今シーズン固定出来なかった残り2枠ですが、ここは2017年高卒ドラフトコンビの

大江、高田に期待大です。他にも中川、与那原、宮國、巽、池田と期待出来る若手が

いるので、補強ポイントとしての優先順位は低いでしょう。

関連記事:畠世周(巨人)注目の投手!手術を経て球速が上がった?成績や球種は?

② リリーフ投手

ここでも絶対的なセットアッパーであるマシソンの残留が絶対条件となりますので、

残留を前提としましょう。

先ずカミネロ、マシソンの右2枚は確定でしょう。

その他に候補となるのは、澤村、西村、田原、大竹、吉川、山口といった所でしょうか。

先発陣を若手で構成し、中堅ベテランでブルペンを担う布陣は中々いいバランスでは

ないでしょうか。強いて言えば左腕が欲しい所ですのでこちらはドラフトでの補強ポイントになりそうです。

関連記事:巨人篠原慎平はなぜ高校を中退?素行が悪く不祥事を起こした?真相は?

③ キャッチャー

今シーズンレギュラーであった小林とバッティングで頭角を現した宇佐見の台頭で

控えの實松を加えた3名で確定でしょう。

小林はバッティングでは課題が多いですが、キャッチャーとしての守備力は12球団でも屈指のものがあるので、宇佐見がどこまで小林を脅かすかに注目です。

④ 内野手

今や日本一のショートである坂本のレギュラーは確定でしょう。

またポジションは分かりませんがマギーも当確ですね。

その他は村田が自由契約となり、阿部も39歳となる年齢を考えると若手の台頭が

絶対条件となってきます。

候補は岡本、吉川を筆頭に山本、辻といった所になってきます。

阿部が代打に回るぐらいの活躍でレギュラーを奪って欲しいですね。

⑤ 外野手

長野、陽、亀井、石川、橋本、立岡、重信が候補ですが、長野、陽以外は未定といった

所でしょうか。個人的には橋本がレギュラーに定着してくれると、守備力を含め鉄壁の

外野陣となり、亀井を代打の切り札に回せるので大いに期待です。

と言うことで、ここまでは現在の戦力を確認しました。

次のページでは現在の巨人に必要な補強ポイントをかいてみました。

次ページ 巨人に本当に必要な戦力とは?
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする