トミージョン手術日本の病院や費用はどうなの!?一般人の入院期間は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

トミージョン手術、一般人の入院期間や日本の病院や費用はどうなの!?

プロ野球好きなら一度は聞いたことがあるトミージョン手術。

過去にはロッテオリオンズの村田兆治投手が選手生命をかけて渡米しジョーブ博士に執刀をお願いして完全復活しました。

現在はトミージョン手術をうける選手は増えています。

プロ野球選手ばかりが注目されていますが、一般人でも受けることは出来るのでしょうか?

そもそも、トミージョン手術とは何か?

この手術の成功率は?費用は?復帰までの時間は?手術の受けられる病院は?入院期間は?

詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

トミー・ジョン手術とは?

野球肘などが原因で損傷を起こした肘の内側側副靱帯を再建する手術です。

1974年にフランク・ジョーブ博士によって考案された手術方法です。

こちらの記事でもトーミージョン手術について解説しています。

関連記事:トミージョン手術とは?手術成功で球速アップ!?失敗のリスクや日本人投手の手術例

フランク・ジョーブ博士

初めてこの手術を受けたトミー・ジョン投手の名前にちなんでこの名前がつけられています。

トミージョン投手

損傷した肘の内側側副靱帯を切除し、患者の患部と反対の腕や下腿(膝から下部分)、臀部、膝のお皿の下などの正常な状態の腱を摘出し、それを損傷した肘の靭帯に移植する手術です。

移植した腱が患部に馴染むまでかなりの時間を要すと言われており、術後には長期リハビリを必要とし、戦列復帰にはかなりの時間を要します。

トミー・ジョン手術は肘のケガ

トミー・ジョン手術の適応となる、肘の内側側副靱帯損傷とは野球のピッチャーに多い、投球動作のオーバーユースによる怪我でいわゆる野球肘ともいわれる病態です。

投球動作でのコッキング期からアクセレレーション期にかけての動きで肘の内側にある靭帯が引き延ばされるストレスが繰り返しかかる事で発症します。

この瞬間、肘の外側が痛む

一番の原因は投げ過ぎによるオーバーユースによるものなので、ジュニア期から球数や試合数を制限する必要があると言われています。

トミー・ジョン手術のリハビリ・復帰までの期間は?

スポンサーリンク

トミー・ジョン手術を受けた場合、故障前と同じレベルに戻り復帰するには1年半前後と言われています。

これは投手に限ったデータであり、野手の場合はもう少し早くに復帰出来ると言われていますが、1シーズンはほぼ丸々棒に振るという事です。

再建した腱が馴染むまではかなりの時間がかかるため長期のリハビリが必要とされます。

最初は肘の可動域の制限が強く見られ、2ヶ月くらいかけて元の可動域に戻すリハビリを行います。可動域は元に戻っても筋力が著明に低下してしまっているため、日常生活にも支障をきたします。

最初は箸を持つ事すら困難であると言われています。軽いウエイトから徐々に始めていき、筋力を強化していきます。だいたい日常生活に支障のないレベルに達するまで少なくとも半年はかかると言われています。

ここまででは、トミージョン手術とはどんなものなのかと言うお話を中心にしていきました。

次のページでは、トミージョンのリハビリの過酷さや費用などをお話していきます。

次ページ トミージョン手術の費用や、日本の病院は?
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする